クリスマスローズに魅せられた男の、汗と涙、笑いにあふれた日常です
http://siriusgarden.blog48.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
真夏の施肥
2006-08-15 Tue 23:52
クリスマスローズは、夏の間は休眠期のため、肥料を与えることは
ご法度といわれています。

まぁ、条件がよければ(風通しよく、涼しい場所に置くなど)、
少しずつでも成長するのは、ひとつ前の記事でも書いたとおり。
チビ苗だけじゃなく、開花数年の株でも、すでに新芽や花芽を確認
できるものがあります。

じゃあ、肥料あげてもいいんじゃない?
って、思いますよね。
私は植物について詳しく勉強したことないんで、単純にそう思いました。
でも、大切な株。肥料あげて枯らしちゃったら怖いから、
今までは実行に移すことはしませんでした。

しかし、今年いろんな方から、「チッソ分を含まない肥料ならあげてもOK」
という、こころ強いアドバイス。
そこで選んだのがこれ。
真夏の施肥1
ハイポネックス・ハイグレード「開花促進」。
葉っぱばっかりのヘレボに、開花促進かよ!!と突っ込みたくなるとこですが(笑)

真夏の施肥2
確かにチッソ分ないでしょ?

これを、1000倍に希釈して、噴霧器で葉っぱと株元に散布します。
効くのかどうか?最大のギモンではありますが・・・。
「この時期にヘレボになにもしない」
というストレスからは開放されるんで、自分の精神衛生上いいかも(笑)

以前の記事で書いた「トップドレッシング」を与えることも
考えたんだけど、「天然動物質有機エキス」なので、有機質はちょっと
この時期はヤバイんじゃ?と思い、やめました。
9月入ったら徐々に与えていこうかな?
スポンサーサイト
別窓 | クリスマスローズ栽培あれこれ | コメント:0 | トラックバック:0 
<<総合防災訓練 | ☆シリウスガーデン奮闘記☆ | チビ苗の新芽>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ☆シリウスガーデン奮闘記☆ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。