クリスマスローズに魅せられた男の、汗と涙、笑いにあふれた日常です
http://siriusgarden.blog48.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
種まき
2006-07-09 Sun 11:28
クリスマスローズの種は、「秋まで保存して蒔く」か、
「とりまきをする」か、最近流行り?の「早期発芽をする」か、
という選択肢があります。

私は今まで、秋まで保存の方法を実践してました。
この方法は、種を取り出す時期が遅くなると、発根してしまって
取り扱いに気を使わなきゃいけなくなるんです。

ちょうど、10月あたりって手入れの仕事が忙しくなる時期だし、
開花予定株の植え替えもあるから、大変になっちゃう。
なので、今年はとりまきにしてみました。
「乾かさないようにすれば発芽率も悪くならないよ」という、
友人のすすめに後押しされました(笑)

●用意するもの●
クリスマスローズ種子
ベンレート
7.5センチポリポット(サカタYポット)
赤玉土(小粒)
赤玉土(中粒)
ピンセット
たねまき2006a
まずは、種子をベンレートで殺菌消毒しておきます。
私は、1000倍に希釈した液に、半日ほど漬けてます。

たねまき2006b
ポットの底に赤玉の中粒を、その上に小粒を敷き、
スプレーなどを使って湿らせておきます。
蒔いた後にすぐ水くれできるなら、湿らさなくても大丈夫かも。

ピンセットを使い、種がくっつかないように並べていきます。
くっついちゃうと腐敗する原因となるので。

たねまき2006c
1cmほどの厚さに赤玉小粒をかけて、水をたっぷりとかけてあげましょう~。

その後は、とにかく乾かさないように管理。
夏場は日陰に置いちゃってOKです。
たねまき2006d
こんな風に、不織布をかぶせておいてあげると、
草の種の飛来を防いで、草取りの手間と草取りによる種へのダメージを
防げて安心ですよ。
水も通すし、半透明だから土の乾き具合も見えるし。
たねまき2006e
HCなんかでこんなの売ってます。
スポンサーサイト
別窓 | クリスマスローズ栽培あれこれ | コメント:2 | トラックバック:0 
<<消防操法の練習 | ☆シリウスガーデン奮闘記☆ | 梅ジュース完成♪>>
この記事のコメント
no.362:
しんさん、こんにちは!このところ暑いですね。クリロの前に私がヘタレ気味です。元気なのは子メイだけ。この暑いのに公園に行きたがるわ、行けば帰りたがらないわ・・・・。しんさんのお嬢様はどうですか?

さて。このシート、いいですね!「水も通すし」って事は、シートかけたまま水やりOKって事ですか?さっそく週末、HCのぞいてみます!
2006-07-12 Wed 14:58 | URL | メイ #-[ 内容変更]
no.363:メイさんへ
メイさんこんにちは~。
暑中お見舞い申し上げます(笑)

ほんと、夏本番を前にバテちゃいますね。
うちのコムスメも元気元気ですよ~。
暑い中をなしてそんなにハイテンションなの!?って
心配してしまいます。

不織布、いいかんじでしょ?
実は私もクリロ仲間から教えてもらったんですよ。
シートの上から水くれOKです。
2006-07-13 Thu 16:53 | URL | しん #knr25k1o[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ☆シリウスガーデン奮闘記☆ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。