クリスマスローズに魅せられた男の、汗と涙、笑いにあふれた日常です
http://siriusgarden.blog48.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
2017クリスマスローズ原生地ツアー その23
2018-04-01 Sun 01:36
4月になってしまいました・・・。
旅の準備もしないといけないけど、なんとかブログを終わらせたい!
ん~、次の旅の後はブログどうしよう・・・
SNSと違って、読んでいただけているのかどうか反応がわからないのは
結構苦痛だったりするけど、記録として残すためにも続けますか。


では、2017年4月8日(土)、ツアー8日目、原生地巡り7日目の続きです

20180122a.jpg
前の記事と同じく、サイトNo.1746。
道路沿いの林の切れ目になっているところに自生していました。

20180122b.jpg
林の際の所が特に密生していた感じがします。

20180122c.jpg
かなりの大株。
左側の株の葉っぱ、すごーく細いですね。銀葉っぽいし。

20180122d.jpg
以前に来た時にはピコティの花も見つけたのですが、今回は見つからず。

20180122e.jpg
銅葉というよりもこれはもう黒葉ですかねー。

20180122f.jpg
こちらは赤っぽい。
そのうち緑になっちゃうんだろうけど、この状態すごく魅力的ですね。

20180122g.jpg
こんもりわさわさのヘルツェゴと記念撮影~。
至福の時です(笑)

20180122h.jpg
花と銅葉のコントラストが素晴らしいです。
なんでこんな造形になったんでしょうね・・・。たまらないです。

20180122i.jpg
岩のくぼみに生えてる姿なんて、芸術作品みたいです。
こういう植栽やりたいなー。でもヘルツェゴ地植え怖いな・・・(笑)

20180122j.jpg
銅葉じゃなくても魅力的。
この分岐の仕方とボリューム、美しいです。

20180122k.jpg
ヘルツェゴの葉っぱが木に見えてきて、ミニチュアの森みたい。
それか、イソギンチャクが並ぶサンゴ礁?(笑)

20180122l.jpg
マクロレンズで下から見上げてみるとまた違った世界が垣間見えます。

20180122m.jpg
やっぱりいつまででも見続けていられる空間です・・・。
次はいつここに来ることができるのだろう?


時刻は12:00近く。
ここから国境まではそう遠くないので、国境を越えてボスニアへ入ってからランチしようということに。

ところが、国境近くまで行ってみるとなんと通行止めでした・・・。
どうやら舗装工事をやっているらしく、お昼休憩なんだかわからないけど、
しばらく通れないようでした。なんせガードマンなんかもいないからよくわからない。

なので、ちょっと戻ったところに見つけたレストランでランチをして様子を見ることに。
それでも通行止め解除にならなかったらかなり迂回していくことになってしまいます。

20180122n.jpg
"RESTORAN STAREVINA"
街道沿いでここくらいしか見つからなかったので、恐る恐る入ってみます。
眺めは最高の場所でした。

20180122o.jpg
シンプルに肉にしたんだけど、かなり美味しかった。
さらに自家製パンが美味しい。
外に薪のかまどがあって、それで調理しているそうです。

20180122p.jpg
ここは宿泊もできるみたいで、レストランの裏手に小さいバンガローがありました。

20180122q.jpg
中は本当にシンプル。
意外に綺麗だったけど、ドア締めたら圧迫感ありそう(笑)

20180122r.jpg
トイレとシャワーが共用。
寒い時期に泊まったらバンガローとの行き来だけで凍え死ぬな・・・。
かといって熱い時期だとバンガローの中が蒸し風呂になりそう(笑)

宿泊するかは置いといて、とても良いレストランでした。
へんぴなところだけどちゃんとWi-Fi入るし、店員さんもフレンドリーだったし。


結構のんびりしてしまって時刻は14:00.
さて、国境はどうなっているでしょうか…。
スポンサーサイト
別窓 | 原生地 | コメント:0 
<<2017クリスマスローズ原生地ツアー その24 | ☆シリウスガーデン奮闘記☆ | 2017クリスマスローズ原生地ツアー その22>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ☆シリウスガーデン奮闘記☆ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。