FC2ブログ
クリスマスローズに魅せられた男の、汗と涙、笑いにあふれた日常です
http://siriusgarden.blog48.fc2.com/
2017クリスマスローズ原生地ツアー その21
2018-03-29 Thu 23:38
急に暑くなりましたね・・・。今日は東京は25度くらいまで上がったようです。
仕事してて腕まくりしてました。
クリスマスローズも一気に咲き終わりそうです。
灰色カビ病などの病気も心配です。

さて、2017年の原生地の続きです。

2017年4月7日(金)、ツアー7日目、原生地巡り6日目の続きです。


先ほどのトルコ人のお墓サイトはプラヴでも東の方、アルバニアにより近い所でした。
そこからまた西へ戻り、湖近くまで戻ってきました。
20180120a.jpg
サイトNo.1743
馬が迎えてくれました~。なので「お馬さんサイト」と命名。

20180120b.jpg
H.serbicus(H.torquatus montenegro)

20180120c.jpg
グリーンの花、濃いバイカラーの花、さまざまな花が入り混じってます。

20180120d.jpg
びっしりと足の踏み場がないほど生えてます。
花のタイミングもちょうど良かったです。

20180120e.jpg
バイカラーかな?グラデーションかな?ややベインかな?
濃いベインの花は見つからなかったです。あってもこのくらい。

20180120f.jpg
バイカラーの剣弁花。
旅も終盤になってくると、丸弁カップ咲のいわゆる整形花を探すのが
つまらなくなって、変わったものばかり探してしまいます(笑)

20180120g.jpg
右側の花が6枚弁。
帯化みたいにくっついて咲いてました。

20180120h.jpg
オーレアっぽい花。
葉っぱもピコティが入ってて美しいです。
このオーレアっぽさはおそらく「蒸れ花」であろうと思います。
これを日本で咲かせたら普通の紫の花になっちゃうんだろうな・・・。

20180120i.jpg
Muscari armeniacum
ムスカリ・アルメニアカム

ムスカリも原生地のいたるところで見ることができます。
日本の園芸店で見かけるものとほぼ同じ見た目なんで、最初は
「誰かが植えたのかな?」と思ってました(笑)

20180120j.jpg
写真撮影に夢中になってると、馬に邪魔されます(笑)
繋がれたワイヤーにも注意しないといけませんでした。


先を急がないといけないので、残り1サイト。
湖を回り込みながら20分くらい移動します。
20180120k.jpg
サイトNo.1744
草原にちらほらと生えているという感じのサイト。
ただ、草の中だけでなく、林の中にもぽつぽつと生えています。

20180120l.jpg
やっぱり目につく剣弁花。

20180120m.jpg
実際、こういう花って見る角度によって表情が変わるから撮影してて楽しいです。

20180120n.jpg
こっちもやっぱり剣弁花。
咲き終わっているけどこれはこれで美しく見えちゃいます。

20180120o.jpg
「馬が来たから次は牛だね」なんて冗談言ってたら本当に登場(笑)
これによってこのサイト名は「牛さんサイト」に決定。


この時点で時億は16:30。
コラシンへ戻ってVincekさんにご挨拶してからポドゴリツァへ向かわなければならないので、
この日のヘレボルス探索は終了~。
まずはコラシンへ戻ります。

20180120p.jpg
途中、Andrijevica(アンドリィエヴィツァ)のホテルでトイレ休憩。
ここは泊まったことはなくていつもトイレ休憩で利用してます(笑)

20180120q.jpg
駐車場に停まっていた救急車。
DONATION FROM THE PEOPLE OF JAPAN
と書いてありました。
日本から寄贈された救急車がモンテネグロの奥地で活躍してるんですね。

20180120r.jpg
1時間半くらいで、Vincekさんのお宅に到着。
ご挨拶だけしてポドゴリツァへ向かいます。

また会う時までお元気で!!

Ivanと、パートナーのSanjaとも再開を誓って別れました。
初めてこの旅に参加した2013年には、まさかモンテネグロに友人ができるとは
思ってもいなかったです。
だからこそ、また会いに行かないとなぁ。


20180120s.jpg
18:45くらいにコラシンを出発、ポドゴリツァ到着が20:15くらい。
思ったよりはるかに早く到着できました。21時過ぎると思ってました。
休憩なしで運転してくれたSašoに感謝です。

ホテルは、2014年にも宿泊した"RAMADA PODGORICA"
荷物を置いて、最上階のレストランで夕食です。

20180120t.jpg
たまにはコーラじゃなく、オランジーナで乾杯(笑)

20180120u.jpg
スープは、ブロッコリーのポタージュ。
濃厚だけどさっぱりでおいしかった。

20180120v.jpg
リゾットミラネーゼ。
ミラノ風リゾットですね~。
サフランで黄色く色付けされたシンプルなリゾット。
結構上品な味付けでした。もう少し濃くてもいいなぁ。

20180120w.jpg
スープとリゾットで控えめにしたところで、締めにアイス頼みました。
そしたら、グラスにぎっちり詰まったパフェみたいのが来ました(笑)
美味しかったので完食しましたけどね~。


次回はポドゴリツァからニクシッチへ戻り、そこから西へ進んで再びボスニアへ。
そこからクロアチアへ入り、いよいよ最後の宿泊地、ドゥヴロブニクへ向かいます。
その途中はヘルツェゴヴィナスの自生地。素晴らしい楽園が待ってます。
スポンサーサイト
別窓 | 原生地 | コメント:0 
<<2017クリスマスローズ原生地ツアー その22 | ☆シリウスガーデン奮闘記☆ | 2017クリスマスローズ原生地ツアー その20>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ☆シリウスガーデン奮闘記☆ |