FC2ブログ
クリスマスローズに魅せられた男の、汗と涙、笑いにあふれた日常です
http://siriusgarden.blog48.fc2.com/
2017クリスマスローズ原生地ツアー その12
2018-03-20 Tue 12:15
2017年4月5日(水)、ツアー5日目、原生地巡り4日目のスタートです。
ボスニアヘルツェゴヴィナのMostar(モスタル)から、
モンテネグロのNikšić(ニクシッチ)へ向かいます。

このルートはムルチフィダス、トルカータス、オドルスが複雑に交雑していると
思われるエリアを抜けます。過去も何度か通っていますがとても興味深い場所です。

なので写真の枚数が多いです。今回も25枚。
ただ、ヘレボルスの交雑ってどういうこと?っていうのを感じられると思うので、
極力端折らないで書いていきたいと思います。

20180109a.jpg
宿泊したホテル「MEDIUM」三ツ星ホテルです。
原生地の旅では大抵四ツ星以上のホテルに宿泊してます。
贅沢してるわけではなく、安全面など考慮してです。
四ツ星と言っても一泊朝食付きで6,000円から8,000円くらい。

ただ、今回のホテルは三ツ星だったけど、サービスも設備も朝食も十分でした。
旧市街から遠いのだけがネックでしたね~。朝の散歩はできませんでした。

20180109b.jpg
7:00に朝食。
朝食はシンプルなビュッフェ。
自分は朝はあんまり食べないので必要十分でした。

20180109c.jpg
部屋はこんな感じ。ツインルームをシングル利用だったので結構広かったです。
シャワーもトイレも十分な設備でした。

8:00に出発。モンテネグロ方面へ向け、東へ向かっていきます。
このルートは2013年、2014年、2015年に通っています。
毎回訪れるたびに違う表情を見せてくれます。
2013年の記事
2014年の記事
2015年の記事

20180109d.jpg
サイトNo.1721
お墓のすぐ隣にあるので「お墓サイト」と呼んでます(笑)

20180109e.jpg
H.m.multifidusと思われますが、H.m.multifidus/H.torquatusかも?

20180109f.jpg
新葉はかなり細かったです。
この葉の分岐はムルチっぽいかな?

20180109g.jpg
大株。わずかにピコティっぽい。

20180109h.jpg
ムルチっぽいような、トルカムルチっぽいような・・・。
見た目ではこれくらいの判断しかつきません。

20180109i.jpg
グラデーションぽくピコティの入る花。

20180109j.jpg
この葉っぱを見てしまうとムルチかなーと思ってしまうんですよね。

20180109k.jpg
意外にもこの旅ではあまり見ることのできない、発芽して間もない株。
単に時期的なものなのか、自然界では種がこぼれても発芽する個体は少ないのか。


20180109l.jpg
サイトNo.1722
先ほどのサイトから5分ほど車で移動したところ。
林の切れ目のくぼ地のようなところに群生しています。
ムルチの系統はくぼ地に群生していることが多い印象です。

20180109m.jpg
かなりはっきりしたグラデーションの花。
先ほどのサイトではここまで濃く出る花はなかった気がします。

20180109n.jpg
覗き込んでみるとややベインの模様が。
なんとなくトルカータスの血が感じられます。

20180109o.jpg
葉っぱを見ても、ちょっとムルチとは違うかな?でもトルカータスでもないかな?
という印象。
見れば見るほどわからなくなってきます(笑)
ここらへんはDNA解析で違いが出てきたら良いな~と思います。

20180109p.jpg
くっきりピコティの美花発見!

再び15分ほど移動。
20180109q.jpg
大体標高は1,000mくらい。
いつもは通り過ぎちゃうところなんだけど、ちょっと止まって見てみます。

20180109r.jpg
サイトNo.1723
H.m.multifidus/H.torquatus/H.odorus ?
ここら辺からオドルスが入ってきて、三種類の交雑になっているのではと思われます。

20180109s.jpg
それにしてもめちゃくちゃ好みの花(笑)

20180109t.jpg
葉っぱを見る限りではオドルスが混じっているという感じはわからないですね。
ただ、ムルチとトルカが混ざっているのはかなり感じます。

20180109u.jpg
うっすらピコティの花。
グリーン単体よりも、グリーン地にグラデーションなりピコティが入る花が多かった気がします。

20180109v.jpg
…何やら怪しげな花も見つけました。
ん~、ダブル?
でもたぶんこの花だけこうなってるんだろうな。
一番花だけ6枚弁とか7枚弁で二番花以降は普通、ていうのはそこそこ見かけます。

20180109w.jpg
くっきりピコティ。
やっぱりピコティの花って綺麗だな~と思います。

20180109x.jpg
バイカラーベイン、になるのかな。
花型むちゃくちゃだけど、それがかえって派手な印象の花。

20180109y.jpg
見つけづらい場所だったのでいつも素通りしてたけど、良いサイトでした。
何度も行くとこういう発見があって楽しいです。

次回は、オドルス単体へと変化していく様子をお届けします~。
スポンサーサイト
別窓 | 原生地 | コメント:0 
<<2017クリスマスローズ原生地ツアー その13 | ☆シリウスガーデン奮闘記☆ | 2017クリスマスローズ原生地ツアー その11>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ☆シリウスガーデン奮闘記☆ |