クリスマスローズに魅せられた男の、汗と涙、笑いにあふれた日常です
http://siriusgarden.blog48.fc2.com/
2015クリスマスローズ原生地探訪 その20
2016-02-24 Wed 22:39
今週土曜日(27日)にまた商品upいたします。
よろしくお願いします。

さて、今回はどっぷりとヘルツェゴヴィナスです。
ツアー6日目、2015年4月6日(月)、原生地巡り5日目の続きです。

時間はちょうど12:00。
さきほどのサイトから10分も離れていないサイトへ。
幹線道路から林道みたいな砂利道を入っていったところです。
20160224a.jpg
こちらは山の中。雪も残っています。
幹線道路からチラホラと見えたので、奥にもあるんじゃないかと探索しています。

20160224b.jpg
こんな感じに、雪と一緒の写真が取れました。
先ほどの民家近くの場所よりも砂利っぽくて、肥えた土という感じはしません。
石とか砂利などに木の葉や草が腐って堆積した感じ。

20160224c.jpg
カタクリとヘルツェゴヴィナス。

雪があることから分かるように結構寒いので、まだ葉っぱは展開してませんでした。

20160224d.jpg
枯れた切り株に寄り添うように咲くヘルツェゴ。
雪も手伝って、非常に絵になる風景。


30分くらい滞在し、次のサイトへ。
2014年に発見した、葉のバリエーションが見事だったサイトへ行ってみます。
2014年は暖かくて、花はほとんど終わってしまってました。
今回はもしかしたら開花が遅くて、花を見るのにちょうどいいかも、と期待。

2014年の記事はこちら
http://siriusgarden.blog48.fc2.com/blog-entry-530.html

20160224e.jpg
結構咲き進んではいるものの、まだオシベが残っているものもある。
葉っぱも展開し始めたところ。
結構いいタイミングかもしれませんね~。

20160224f.jpg
ため息が出るほど素晴らしい、繊細な株。
出会えて良かった~とただただうれしくなっちゃいます。

20160224g.jpg
花が咲いてる、と言ってもついつい葉っぱに目が行ってしまいます(笑)

20160224h.jpg
この株も見事。
ふんわり優しい感じですね~。

20160224i.jpg
その株の根元を見ると、わしゃわしゃ~っと新葉が。
この芽だしの具合、たまらんです・・・。


幸せ気分に浸ってると、遠くから呼ぶ声が???
なになに!?と走って駆けつけます。
20160224j.jpg
ん???

20160224k.jpg
おお!!??

ピコティの個体、発見~。
しかもくっきりピコ!!

ヘルツェゴヴィナスの変異個体は、2013年にここから2キロほど離れたところで2株見つけただけ。
その時はピコティとベインの個体を1株ずつでした。

これは他にも見つかるかも?と探索モードオン!!

20160224l.jpg
そして見つけたこの株。

20160224m.jpg
アップにしてみると・・・。

先ほどの物よりは薄いけど、ピコティ。
こちらは丸弁カップ咲きなので、また違った印象を受けますね。

20160224n.jpg
ピコティ個体の出現で動揺してしまいましたが、写真撮影続行。
なんせ、ここから今日の宿泊地まではかなり遠いので、おそらく見ることのできるサイトはここが最後。
なので、心ゆくまで堪能しますよ~。

20160224o.jpg
ヘレボルスを知らない人が見たら、この花とこの葉っぱが同じ植物だとはわからないかもしれませんね。

20160224p.jpg
ただただ、この地へ再び来ることができたことに感謝です。

20160224q.jpg
日本で鉢植えで育てて大株にしたって、地植えにしたって、この雰囲気は出ないですよね。
眺めていると、園芸だ~なんだ~って日本でせこせこやってるのが馬鹿らしくなってきたり・・・。
・・・でもやめられなかったり・・・(笑)

あとは言葉はいらないと思うので、写真をご堪能ください~。

20160224r.jpg


20160224s.jpg


20160224t.jpg


20160224u.jpg


20160224v.jpg

ここで時間は14時前。
名残惜しいですが、ヘルツェゴヴィナスに別れを告げ、出発します。
スポンサーサイト
別窓 | 原生地 | コメント:0 
<<2015クリスマスローズ原生地探訪 その21 | ☆シリウスガーデン奮闘記☆ | 2015クリスマスローズ原生地探訪 その19>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ☆シリウスガーデン奮闘記☆ |