クリスマスローズに魅せられた男の、汗と涙、笑いにあふれた日常です
http://siriusgarden.blog48.fc2.com/
クリスマスローズ原生地ツアー2014 その13
2015-01-17 Sat 00:21
「今年はクリスマスローズの発芽遅いなぁ~」
と思ってホジホジしてみたら、種が腐っていたり、発根しててもまだ短かったり。
去年は暑さ対策でハウスのビニール外したために雨に当たったり、暮れの本業やら消防やらでの
バタバタの時に世話を怠ってしまったのが原因かと。

本当に今季は落胆と後悔と反省ばっかりです・・・。

落ち込むけれど、立ち止ってもいられません。
植物は待ってはくれないので。目の前にあることから片づけていきます。

前置き長くなりましたが、続きです。

ボスニアヘルツェゴビナ南東、モンテネグロ国境に近い町、Bileća(ビレチャ)にてランチ。
20150117a.jpg
この店、前回の旅の時も来たんだけど、正直味が微妙・・・でした。
なので今回は別の店がいいなぁ、と探してみたんだけど見つからず。
みんな嫌々ながらの入店でした(笑)

20150117b.jpg
天気がいいからテラス席へ。
前回は土砂降りの雨で、店の暗~い部屋へ通されたのでした。
そんなことも悪いイメージで残ってるでしょうね。
天気がいいってだけで気持ちも軽くなります。

Sašoが店の人と長々と話しながら注文していました。
それがちょっと不安だったりもする・・・。
20150117c.jpg
やっぱりまずはスープ。
さっぱりめのコンソメスープって感じかな。

20150117d.jpg
続いてサラダ。
前回は酢漬けのキャベツで結構きつかったんで、意外でした。

20150117e.jpg
そして肉のプレート~。
あれ?前とずいぶん違う・・・。
前は豚足みたいな茹でたような蒸したような肉の塊だったんですよ(汗)

前回は雨降りの日だったから仕込みやら仕入れやらしてなかったのかな?
今回はとてもおいしくいただきました~。

20150117f.jpg
最後はトルココーヒーで締め。
前回からハマってます。めっちゃ濃いんだけどおいしい~。
日本で飲めるとこ探したんだけど、気軽に行けるとこにはなかった・・・。

20150117g.jpg
ちょうど学校の下校時間で、お店の子が帰ってきて友達と遊んでました。
せっかくなので異文化コミュニケーション。
日本から持ってきたお菓子なんかを進呈しました。
一番左側の女の子、ここの娘さんでサンドラって名前らしいんだけど、中学生くらいなのに美人。
やっぱ日本人より大人っぽく見えちゃいますね。
うちの娘なんて中学上がっても小学校低学年に見えそうだ(笑)

それにしても、一度経験しただけでこうだと決めつけるのはよくないですね。
今回は料理はおいしかったし、店の人たちもとてもいい人たちでした。

ボスニアヘルツェゴビナ、最初訪れた時には暗い印象で人々も東洋人には距離を置く感じがして、
なんだか怖いなぁ、なんて感じてました。
でも今回は行く先々で人々と触れ合うこともできたし、天気も良かったから人々の日常の生活も
垣間見ることができたので、かなり印象は変わりました。
今年また訪問するのが楽しみです。


さていよいよこのたび5か国目、Montenegro入国です。
モンテネグロの人たちは自分の国を「Crna Gora」(黒い山)と呼ぶそうです。
日本人が「ニッポン」と言うのと一緒かな?

前回も通った国境を通過。
ここの国境が一番緊張しました。以前東日本大震災の後に訪れた際、一行が3時間カンヅメになった
という場所です。
今回はSašoが事務所に呼ばれてなんか聞かれたりもしていたけど、10分くらいで通過できました。
20150117h.jpg
さて、いよいよヘルツェゴビナス(H.multifidus hercegovinus)のサイトです。

前回は地主さんの家を訪問してその敷地内をみせていただきました。
しかし今回は訪問していたら時間がかかりすぎてホテル到着がすごく遅くなってしまいそうなので
その家はスルーして別のサイトを探すことに。

その地主さんの家の前を通ったら、前年よりも造成が進んでいて、ヘルツェゴビナスの数も激減していました。
残念なことですが、現地の人には雑草なので当然ですよね。

それで到着したのが写真の場所。
道路際に少し見えたので停まって探索してみました。
20150117i.jpg
おー、いいタイミング?
花は終わってるけども、「ヘルツェゴビナスは葉が命!」ですから(笑)
やはりこの存在感、最高です。

20150117j.jpg
もう子房がパンパン。
ここらへんは標高700mちょい。
そこそこの標高だけどアドリア海が比較的近いので地中海性気候に属してるのでしょうか。
ヘルツェゴビナス自体、花期が早いとも言えますが。

まぁとにかく葉が命。
ここから少し葉っぱを見てください~。

20150117k.jpg
光り輝くシルバーリーフ。
この細さと分岐の多さ、ボリューム。
もう言葉になりません。美しすぎる・・・。

20150117l.jpg
銅葉。
ボリュームが少ない分風情がありますね~。うっとりします。

20150117m.jpg
こんな黒いのもありました。
このサイト、大当たりだったんじゃないでしょうか。
・・・というか、この周辺は道路から入ればヘルツェゴだらけなんでしょうね(笑)

20150117n.jpg
サンゴだかイソギンチャクみたいな葉っぱ発見!
これすごいわ・・・。銅葉な上に先っぽがカールしてます。

20150117o.jpg
葉と茎の付け根の部分をアップ。
細かい繊毛がびっしり!!

20150117p.jpg
大株もいっぱいあります。
これなんか花火のスターマインみたい。

20150117q.jpg
とにかくここはパラダイスです。
いつまでもずーーっといたい。

「一生に一回の経験だから」
と前年やってきたわけですが、結局また来てしまいました。
原生地は一回では終わらない」
S店長の言葉は偉大です(笑)

20150117r.jpg
こいつらにまた会えるんだって思うと、まだまだがんばれます。
また会おう~。


20150117s.jpg
これにて本日のサイトめぐり終了。
これよりロングロングドライブ。一気にモンテネグロ横断し、kolašin(コラシン)へ。
3時間くらい走るのかな?Sašoには相当の負担となるはず。
給油して、飲物などを買っていきます。
ここらへんはガソリンスタンドにコンビニのようなお店がくっついているんで便利。
田舎町でも品ぞろえは結構豊富です。

20150117t.jpg
車から降りたら人懐っこいシェパードがやってきました。
でも足を怪我してる・・・。
ここで飼ってるのか、怪我してるから帰れないのかは謎。

20150117u.jpg
なんだか見慣れないコーラがあったから買ってみた。
こういう冒険すると大抵失敗するんですわぁ。日本でもコンビニでよくやる(笑)
なんか薬臭くてマズ~、って思ってたら、Sašoが
「それスロヴェニアのコーラだよ」
って教えてくれました。
Sašoの手前それ以上マズイと言えなくなっちゃった(笑)

20150117v.jpg
めちゃくちゃ古そうな車が給油しに来ました。
現役で走ってるんすなぁ。ボボボボーってすんごいエンジン音でした。

そういえば、このスタンドの裏にもヘルツェゴのサイトがあって、以前見せてもらったことがあるそうです。
この時は時間もなかったんでやめました。


この先は寝ちゃったのかあんまり記憶にない・・・。
Podgorica(ポドゴリッツァ)あたりでトイレ休憩した気はするけど・・・。
そんなこんなで?無事にKolašin到着。
ホテルは前回泊まって大満足だったBianca Resort & Spa。
安い割にめちゃめちゃ綺麗なホテル。食事も美味しい。

20150117w.jpg
到着したのが21時すぎかな。
次の日からガイドでついてくれるIvanが来てくれて、打ち合わせの後に夕食。

夕食はブッフェスタイル。
どれもおいしいんだけど、セサミチキンが特においしい~。
記事書いててお腹鳴ってしまった(笑)

20150117x.jpg
デザートは別腹~。

さあ次回からモンテネグロのセルビクスを中心としたレポートが始まります。
は-、ほんといつ終わるんだろ(笑)
スポンサーサイト
別窓 | 原生地 | コメント:0 
<<クリスマスローズ原生地ツアー2014 その14 | ☆シリウスガーデン奮闘記☆ | クリスマスローズ原生地ツアー2014 その12>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ☆シリウスガーデン奮闘記☆ |