クリスマスローズに魅せられた男の、汗と涙、笑いにあふれた日常です
http://siriusgarden.blog48.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
クリスマスローズの原生地を訪ねて その9
2013-11-27 Wed 21:44
更新がなかなか進まずすみません。
いつの間にやら仕事は年末進行。
でも、年内には帰国まで書かなきゃ~。
うちのヘレボの近況や販売準備もしなきゃいけないですしね。



さてさて、plav(プラヴ)二日目。

泊まったホテルの部屋、めちゃ寒かった上に、お風呂のお湯が出なかった!!
後で聞いたら、何分も出しっぱなしにしてずーーっと待ってれば出たんだとか・・・。
そんなの知らなかったから、シャワーもできずに体を拭いてガタガタ震えながら寝ましたよ。
風邪引かなかったのは不幸中の幸い。

20131122a.jpg
朝、キーンと冷たい空気を感じながら外へ。
雪をかぶった山々と湖。寒々しい~。

不思議なもので、寒い寒いと感じると日本が恋しくなってきました。


20131122b.jpg
お日様を見ると、気持ちもググっっと上がってきます。

前の日に行ったセルビクスパラダイスが日に照らされてて幻想的♪
ほんの数分の奇跡でした。


20131122c.jpg
朝食~。

プラヴでは硬い肉料理が続き、ちょっと胃がもたれていました。
なので朝食は控えめに。
右に写ってるソースとチーズ、めちゃめちゃ美味しかった~。


20131122d.jpg
締めはトルココーヒー。
日本では全く飲んだことなかったけど、ハマりました。
日本で飲めるところあるのかな?


この日は、Kolašin(コラシン)へ戻る途中でヘレボルス観察。
セルビクスとオドルスが交わるゾーンがあるということで、新たなサイトを探します。

20131122e.jpg
車道沿いのサイトを観察していきます。

ここでビデオ撮影してたら、近くの高校?だかにいた若いやつらに「ふぁっきんめ~ん」とか言われた(笑)
ほんとに言うんだ~と思ったと同時に、ゴツイ体してる奴らにケンカ吹っかけられたら・・・と、
ゾッとしたんで林の中へすごすごと逃げました(笑)


20131122f.jpg
車道沿いの土手に咲く、バイカラーのセルビクス。
この一帯はバイカラーが多かったかな?
花もピーク過ぎたころか、葉っぱが展開し始めてました。


20131122g.jpg
車道を挟んで反対側の民家。

ここらへんではシベリアンハスキーやアラスカンマラミュートがメジャーだとか。
さすが寒い地方だけありますね。
左隅にちょこっと写ってるおばちゃんが、パンを一斤まるごと投げて与えてました(笑)


20131122h.jpg
「これぞセルビクス~」って感じの一枚。
原生地に行く前に頭に思い描いていたセルビクスはまさにこんな感じでした。

この葉っぱの細さと切れ込み、かわいいです~。



プラヴからコラシンへ向かう途中、幹線道路を離れて山道へ。
ここらへん、昨夜の寒さのせいか、暖かい車内でぼーっとしてたんで、よく憶えてません(笑)


20131122i.jpg
結構山を登ったかな?というところで停車。
この旅で初めてのスノードロップ。
「Galanthus nivalisだよ~」と、イヴァンが教えてくれました。

水滴がついた姿がかわいくて、マクロレンズで撮りまくり。


20131122j.jpg
近くにあったセダムも接写~。


20131122k.jpg
自分がマクロで遊んでいる間に、みなさんはヘレボルス探索。

ここらへんはオドルス単体のゾーンではないか、ということ。


20131122l.jpg
なんとなく黄色っぽい個体がありました。
・・・とはいっても、オドルス・パインみたいな黄色いものでもなく。

ここらへんは高度が高いので、平地で育てたら普通のグリーンになるのかもしれません。


20131122m.jpg
『激写してる人を激写する人を激写』(笑)

そろそろヘレボ探しに疲れてきていたころですね・・・。


20131122n.jpg
さきほどの場所からさらに移動。

花に変化が見られるようになりました。
オドルスとセルビクスの交雑帯に入ったのでしょうかね~。

交雑ゾーンは一株一株変化があって本当に楽しいです。


20131122o.jpg
車道から斜面を撮ってみました。

ちょうど谷のようになっていて、雪解けのころには沢のようになるのかもしれません。
この谷沿いにヘレボルスが自生していました。


20131122p.jpg
この一帯は他の花も豊富。

これはフキタンポポですかね~。


20131122q.jpg
手前の紫色のはシラーかな。

谷になっている場所は、種とか球根とかが流されて溜まるのかもしれないですね。


20131122r.jpg
渋~い個体。
これなんかはセルビクスの血が濃そうな気がしちゃいますね。


20131122s.jpg
幸せな添い寝(笑)

なんかだいぶ疲れた顔してますな・・・。


そして、沢をもっと登っていったところに、疲れを吹き飛ばす場所が・・・。



20131122t.jpg
スノードロップの大群生地!!!!!

これは本当に見事でした。
道路からは決して見ることはできない、山を登った者だけが見ることのできる楽園。


20131122u.jpg
このあたりは湿気もかなりあるのか、木の根元が苔むしていました。

自然が創りだしたアートな世界。
すっかり疲れや眠気が吹き飛び、大興奮でした。


さて次回。
いよいよこの旅のクライマックス!!??

「あれ」を発見した瞬間を書きたいと思います。
場所を特定できる書き方したくないから難しいですが・・・。
スポンサーサイト
別窓 | 原生地 | コメント:0 
<<クリスマスローズの原生地を訪ねて番外編 ダブル発見 | ☆シリウスガーデン奮闘記☆ | クリスマスローズの原生地を訪ねて その8>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ☆シリウスガーデン奮闘記☆ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。