クリスマスローズに魅せられた男の、汗と涙、笑いにあふれた日常です
http://siriusgarden.blog48.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
クリスマスローズの原生地を訪ねて その8
2013-11-11 Mon 23:36
モンテネグロ、plav(プラヴ)の旅の続き。

山の上のセルビクスを堪能した一行。
次なるポイントへと車で移動します。

20131111a.jpg
道路わきから民家の敷地へ。
ガイドさんが案内してくれるんですっごく安心。

20131111b.jpg
納屋みたいな建物の脇に発見~。
バイカラーですね。

「かわいい~」「欲しい~」
などとキャッキャしていると、先に上の方へ行った人たちから、早く来いとお声がかかります。

後ろ髪引かれながら息を切らせながら登って行くと・・・。



20131111c.jpg
なんじゃこりゃ~。

辺り一面のセルビクス!!!!!

もはや唖然としてしばらくぼーーーっっとしちゃいました。


20131111d.jpg
もうね、なんかね、パラダイス♪


しかし、この多種多様さはなんなんでしょうか。
隣り合う花でも全く表情が違う。
今までもそう感じてきたけど、ここは特に。

この土地のオーナーがハイブリッドのミックスの種でもばらまいてるんじゃ!?
って感じるほど。

もちろんそんな物好きはいないわけで。
モンテネグロでは、園芸と言えば「食べられるものを育てること」だそうです。
花を育てて愛でるということはほとんどしないとか。
ましてや、ヘレボルスなんて地味~ですしね。


20131111e.jpg

景色も最高でした。
前回の山と違い、湖や民家も見えてとてものどか。

みんな、夢中で花を見てるけど、とても見きれるもんじゃないです・・・。
写真撮ろうと膝をついたり横になると、他のセルビクスを踏んづけちゃうという(汗)
いや、踏まないで歩くの無理・・・。


20131111f.jpg
自分が見つけた一番かわいいと思った子。

まん丸で太いピコティが入って、なかなかでしょ?
すんごい丈夫そうに見えますよね。
やっぱ、「ここだから」なんでしょうかね。

この場所で標高1,000メートルくらいあるそうです。
確かに斜面登ると少し息切れしました。

東京で育てたら弱々しくなっちゃうのかな~。


20131111g.jpg
ぽかぽか陽気の中でピクニックしてる人たち(笑)
お菓子食べちゃったりしてました。
なんか一人寒冷地仕様な方がいますけどね・・・。


20131111h.jpg
6枚弁があったよ~と言われて急いで見に行きました。
やっぱ探すと変なの見つかるんですね~。


20131111i.jpg
大株。
自生地での姿は美しいです。
花、茎、葉、すべてが生き生きしています。


20131111j.jpg
ずーーーっっといたかったけど、そうもいかずランチタイム。
ランチといっても15時回っていましたが(笑)

Kula Damjanova Hotel というところ。
この日に宿泊するホテルでもあります。
湖畔に建っていてとてもいい雰囲気の外観。

20131111k.jpg
素朴~な感じの食事。
でもおいしい~。

ただ、左上に写ってるパプリカが激辛でキツかった~。この旅で唯一「ダメだ~」と思った料理でした。
肉とかポテトはめっちゃおいしかったんだけどなぁ。

「どの国行ってもポテトは裏切らないね!」
とは四国造園ハギさんの名言(笑)


20131111l.jpg
腹ごしらえをして、もう少しセルビクスの観察へ。
今度はアルバニア方面へ進路を取り、山の近くへ。

前方の山を越えるとアルバニアだそうです。

このもうちょっと先にポイントがあるらしいんだけど、雪で車が通れず断念。


20131111m.jpg
でも、この景色見られただけで堪能しました。
まわりをぐるっと雪山に囲まれ、アルペン気分。
パノラマ撮影できたらよかったんだけどなぁ。


20131111n.jpg
雪道の脇で発見!!

有刺鉄線の柵沿いに自生してました。


20131111o.jpg
柵の内側は放牧場なのかな?
やはりそういった少し開けた場所に自生していることが多いみたいです。


20131111p.jpg
ムルチフィダスっぽい、細かく分かれた葉っぱ。
これを見ると、ムルチの亜種っていう感じがしますね。


20131111q.jpg
激写するイヴァンを激写!!(笑)

この場所も車道のすぐ脇。斜面の上は民家です。
ここは↑のムルチっぽい個体が集中している場所でした。
ほぼグリーン一色で、香りのある個体もありました。


20131111r.jpg
この日はこの旅で珍しく雨に降られず快適な日でした。
雨男と呼ばれ続けて肩身が狭かったんで、ほっとしました(笑)


20131111s.jpg
また湖近くへ移動。
ここも放牧場みたいな広い場所にセルビクスがびっしりでした。

もう18時近く。
でもみんな精力的に写真撮ったりしてますね。
疲れて倒れているわけではないですよ(笑)

20131111t.jpg
足の踏み場がありませ~ん。


20131111u.jpg
かわいいピコティの子発見♪

ピコティの個体は探すと結構ありました。
ベインは見かけなかったですね。


20131111v.jpg
いろいろ見てくると、こういう風情の剣弁花が愛おしくなってきます。


セルビクス尽くしの一日は無事終了。

旅へ行く前は、セルビクスにはあまり興味がありませんでした。
ひとつの種として認められていないし、弱いイメージだし、みたいな。
なんか掴みどころがないヘレボルスだなぁ、と思っていました。

そして実際に見て・・・。
もっと掴み所がないことがわかりました(笑)
いや、だからこそ面白いんだな、と。

交雑しているんだろうけど、じゃあなにとなにが交雑しているのか~とか、
行ったメンバーで話をしているのもとても楽しかったです。


ホテルへ戻り、一泊~。
20131111w.jpg
やっぱりポテトは裏切らなかった(笑)
スポンサーサイト
別窓 | 原生地 | コメント:0 
<<クリスマスローズの原生地を訪ねて その9 | ☆シリウスガーデン奮闘記☆ | クリスマスローズの原生地を訪ねて その7>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ☆シリウスガーデン奮闘記☆ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。