クリスマスローズに魅せられた男の、汗と涙、笑いにあふれた日常です
http://siriusgarden.blog48.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
アトロダブル、クロアチダブル
2012-02-25 Sat 21:39
今日は、音ノ葉さんへ行ってきました。

写真家の今井さんの講習会を受講してきましたよ。
今まで倶楽部の展示会に合わせ、毎回講座を開いてくださっていたのですが、
毎回タイミングが合わずに残念な思いをしていました。

なので、念願がやっと叶った感じ。
今井さんが撮影されているところは何度も見かけていたので、どういった方法で
撮影しているのか、なんとなくわかっていたのですが、ちゃんと講義を受けると、
「なるほど~」と思うこと多数。
ちょっとした工夫で全く趣きの異なった写真になるんですね。

そこらへんの成果は追々出てくるといいなぁ・・・ということで。
詳しく知りたい!って言う方は、ぜひ次回今井さんの講演会へ参加してみてください。


さて、音ノ葉さんは今週も新規入荷のヘレボがいっぱい♪
なんと100株以上新たに仕入れたとのこと!!いや、大丈夫か店長!?(笑)
そしてそして、今日明日限定で怒涛の「クリスマスローズ3割引」!!!
今日入荷したものも3割引で購入できましたよ・・・。ほんと、大丈夫か店長!!??

咲き進みで投げ売り、というものでもないです。
セールで売って、また仕入れに行く、というスタンスなんで、売り場を空けたいんだとか。
3月に入っても中旬までは仕入れに行くと、熱く語ってくれました。


・・・なので、この週末はシリウスガーデンでは販売を見合わせ・・・。勢いに負けた(笑)
というか、写真を撮るタイミングを逃したのと、来週のガレージセールへ行くよ!!っていう方が
思いのほか多く、商品を確保しとかなきゃならんという事情・・・。

もちろん、遠方で行けないんだよ!!っていう方のため、咲いてきて「お!?」ってモノは
なるべくネットで販売しようかと思います。
明日展示会が終了するんで、そしたら販売に専念(いや、本業は!?)できるんで、
がんばりますよ♪


なんかいろいろ前置きが長くなってしまった・・・。
タイトルに書いたとおり、今日は禁断の!?クロアチダブルとアトロダブルについて書きます。

今季は、アトロルーベンス、クロアチカス、デュメトラムのダブルの開花株を見かける機会が
多いです。
私が見たのは、四国造園さん、音ノ葉さん、サンシャインの「クリスマスローズの世界展」の初日と二日目。
さすがに開店即完売、みたいな形でしたが、かなりの数が出回ったみたいですね。
世界展の二日目は、開場してしばらくは普通に選べました。
なので、自分も予期せず?買えてしまったわけですが・・・。
いや、やっぱお値段は結構しますからね~。


では、購入したクロアチとアトロを貼ります~。デュメは今季、苗を買ったからパスしました。


20120225a
ddクロアチカス。
グリーン・パープルバイカラーの花です。

うろ覚えですが、こういうバイカラーのものと、両面パープルの二種類あったような。


20120225b
花粉が吹いてもあまりヨレが出ていない個体を選んでみました。
大きさは、極小輪というよりは、いわゆる小輪、くらいでした。直径3センチくらいかな。


20120225c
うなじ。

クロアチカスと判断する基準のひとつ、繊毛ですが、かすかにあるかな、程度。
もっとびしーーっと入っててくれると安心?なんですが。


20120225d
切れ込みの大きい苞葉。

はたしてこれがクロアチの形質であるのかどうかはわかりません。
んが、好みだしかわいいし、それでいいかな~という感じ。
今年の交配一軍選手ですね~。



いろいろ言う前に、もひとつ。アトロルーベンスのダブル。

20120225e
こちらもバイカラーですが、表は暗めのグリーン。


20120225f
アトロのダブルは、8年くらい前にある所で見せてもらったことがあり、それ以来ずーーっと
頭にこびりついていた花でした。
ちいさくて、渋~い色で、カッチリとしていて・・・。茫然と眺めた記憶。
この花がそれに近いか!?と聞かれると自信はないですが・・・。
でも、手元に来たっていう喜びは隠せません。


20120225g
うなじ。

アトロって、赤みを帯びた紫っていうのかな?独特な色をしてますよね。
なんか、原生地に行くとグリーンのアトロっていうのもあるらしいけど、自分の中のアトロって
こんな色だな~って思う。


20120225h
こっちは10円玉と比較してみました。
こう見ると極小輪、ですかね。

10年近く夢にまで見ていた花をゲットできて、自分の欲が昇華してしまった感があります。
ただ、手元に来てしまうと、それがはたして「本物のアトロなのか!?」って疑問が湧いてきますね。

原種って、なにをもって原種なんでしょうね?
原生地に咲いているモノのみが原種なんでしょうか?その種から育てたものはOK?
ナーセリーで種を採ったものは、人の手が入ってしまったからハイブリッドだ!っていう人もいる。

・・・なんか話がややこしくなってきますね・・・。
我々のような、原生地へ行って掘ってくるなんてことできない消費者は、種を買うか、ナーセリーから
苗や開花株を買うしかない。それにつけられている原種名を信用するしかないですよね。

ナーセリーや販売店でラベル取り違えすることも考えられる。
我々が見て明らかに「違うだろ~」って時はいいとして、アトロとクロアチとか、繊毛のあるなし
くらいしか見分けることできないですよねぇ。

原生地に行くと、繊毛のあるアトロもあるという。グリーンのアトロもあるとか。
それこそ、ゴールドネクタリーのトルカータスやらオドルスやら。ダブル、セミダブルやら。
交雑だってザラだというし・・・。

純粋な原種を求めるなら、現地へ行き、確実にその原種のあるサイトへ行き、種を採る。
これしかないんだろうなぁ。
掘って持ってくるのは、いろいろ問題がありそうだからパス。
ただ、私有地に生えてる場合もあるから、地主さんがOKと言えば掘れちゃうんですよね・・・。
造成が進んで道路になっちゃった場所もあるくらいだというし、ある意味保護のために
そういう手段で学者さんやプロの方が保存するのも必要かも。

保存て言っても、現地では雑草扱いなんだよね~。日本でいうタンポポとかみたいに。
空き地のタンポポ保存せにゃ!とか、掘るな!とかいう日本人てあんまいないですよね。

ごちゃごちゃになったけど、結局消費者は多少の見る目、同定する目を養いつつも、
表記されてる原種名を受け入れつつ、楽しむしかないと思っています。

結局、「かわいい」「かっこいい」って思えればなんでもいいと思うんだなぁ~。
私は、この2株がうちに来てくれて本当に幸せだと思ってます♪やっぱちっこくてかわいいもん。

あ~、でも原生地行ってみたい~。
スポンサーサイト
別窓 | 原種 | コメント:2 
<<植え替え動画をUPしてみましたよ | ☆シリウスガーデン奮闘記☆ | 第10回クリスマスローズの世界展 振り返って>>
この記事のコメント
no.2249:
噂のクロアチとアトロですかぁ(^-^)/
しんさんのワクワク感が伝わってきますよ!

原種の定義って難しいですね~
自分で原生地行って種採取すれば
確実なんだろうけどね~
交雑の可能性もありますからね(´Д` )

でも何より

手元にある事実!
これ程嬉しいことはないでしょうから(笑)

また新たなシリウス交配が誕生する日を心待ちにしておりますぞ(^-^)/
2012-02-26 Sun 07:26 | URL | くま☆やん #P7OJXwBg[ 内容変更]
no.2253:くまやんさんへ
くまやんさん、ばんは~。

そう、原種の定義とか見分けって難しい!!
今日も野々口さんと話したりしたけども、原生地へ行くと
交雑してないゾーンのほうが珍しかったり、
アトロならアトロ!!ってサイトでも、その中の花は
やっぱひとつひとつ違ったりするんだって。

なので、神経質にならず、その花自体の美しさ、風情を
楽しむのがいちばんなのかもな~と思いました。
そして、やっぱ一度原生地行って見てきたい!!と
思いましたよ~。
2012-02-26 Sun 23:37 | URL | しん #knr25k1o[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ☆シリウスガーデン奮闘記☆ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。