クリスマスローズに魅せられた男の、汗と涙、笑いにあふれた日常です
http://siriusgarden.blog48.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
富士登山 後編
2010-07-30 Fri 19:17
午前9時に登りはじめ、午後4時ちょい前に山頂へ到着。
富士館さんへのチェックイン前に、少しだけ散策しました。
富士登山17
富士館の裏へまわると、火口はすぐそこ。
「本当に富士山の上に立ってるんだ・・・」
と感動が一気に押し寄せてきました。
スケールの大きさにただただ圧倒されるばかりでした。

富士登山18
「剣が峰」をのぞむ。
富士山山頂に着いたとはいえ、まだ日本で一番高い場所に
立ったわけではありません。
この剣が峰の頂上に立ってこそ、登頂を果たしたと言えます。
この日はみんな疲れてたし、時間も時間だったので、
剣が峰登頂は翌日のお楽しみにしました。
・・・体調が良かったら、ね(笑)

浅間大社奥宮にお参りをし、富士館さんにチェックインです。
夕食、朝食付き1泊7000円。土曜日は1000円増しだそうです。
この日は日曜日から月曜日にかけて宿泊したので、お客さんは少なく、
30人程度だったみたい。多い時は百数十人も泊るそうなんで、
かなり余裕を持って場所を確保できました。
混雑時はひとつの布団に2人で寝ることになるようです(汗)

山小屋は、もちろんお風呂なんてないので、大き目のウエットティッシュ
なんかで体を拭くことをお勧めします。
ただ、体が冷え切ってる場合はやめたほうがいいかも。
よりによってメントール入りのもの持っていくと、えらい目にあいます。

富士登山19
夕食はカレー♪定番ですね。
フツーのカレーだけど死ぬほどうまい。
んで、玉子スープがつくんだけど、温かい飲み物が
スーッと体にしみていくありがたさを味わえました。

消灯は午後7時なんだけど、疲れていた仲間はその前に寝ちゃってました。
自分はいまだテンションが下がらず、小屋の外ウロウロしたり、
荷物整理したり。
急に天候が変わり、雷が鳴り響き、雨が降って来たりも体験しました。
雷が鳴ると、小屋の発電機、電気機器に影響があると大変なんで、
発電機を止めてしまいます。
するととたんに小屋の中は真っ暗。
その夜は、消灯前に発電機を止めたまま、結局早めの消灯。

起床時間は午前4時なんだけど、ほとんど眠れなかった・・・。
興奮してるのか、過度の疲れからなのか、環境の違いからか。
他の宿泊者も、グーグー寝てる人もいれば、寝られずに寝がえり
ばっかの人、高山病で苦しそうにしてる子どもなど、さまざま。

睡眠中は呼吸が浅くなるんで、高山病が重くなる場合があるそうです。
自分も頭が痛くなってきたから、頭痛薬を飲んで深呼吸を多く
するように心がけてました。

※本当は薬飲むのはあんまりいいことじゃないようです。
 急な体調の変化を感じ取りにくくなるそうです。

午前3時すぎに灯りがつき、みんながにわかに動き始めます。
荷造りをして、朝食の合図とともに荷物を持って食堂へ。
富士登山20
朝食はお弁当。温かいご飯にふりかけ。マグロとチーズのおつまみ?
温かいお吸い物。
たったこれだけなんだけど、すごくおいしく感じるのはなんでだろ?
食欲のない友人の分を半分もらって、がっつり食べました♪

・・・それにしても、顔思いっきりむくんでますな・・・。
気圧の差だけなのか、水分結構採ったからなのか。


朝食が終わると、身支度していよいよ外へ出ます。
念願のご来光。果たして見ることができるのか・・・。
富士登山21
なんともいえない神秘的な世界でした。
雲海、その切れ目から見える町。
深い青の世界から、だんだんと紫、オレンジへと染まっていきます。

小屋の外はすでに人がいっぱいでした。
夜のうちに登ってきた人が、ご来光見るために陣取ってます。
みんな頭にヘッドライト。
あとで夜登ってきた人に話を聞いたけど、夜間登山はすごく
怖いらしいです。
そりゃそうだよな~。昼間だって足元ふらつくんだもん。

富士登山22
太陽が出るまでじっと待つんだけど、これが寒い!!!
なんとこの日は、夜に雹(ひょう)が降り、うっすらと積もってました。
寒いはずだよ・・・。

太陽が昇るあたりの雲がなかなか取れないので、人だかりが
だんだんとはけていきます。みんなあきらめたのか?
日の出の時間ちょっとすぎちゃったんで、うちらもとりあえず
剣が峰のほうへ歩くことにしました。

富士登山23
昨日なかったはずのところに池が・・・。
「このしろ池」と呼ばれる、幻の池だそうです。
春、雪解けとともに出現し、夏には姿を消すらしいんだけど、
前日の雨と雹のせいで、再び姿を現しました。
池と言うにはどうか・・・とも思うけど(笑)
この下は永久凍土になっているそうですよ。

富士登山24
剣が峰へむかっていると、視界が赤く染まっていきます。
やっと太陽が顔を出してくれました。

すごい・・・。感動です。
一気に世界が明るく、温かくなっていく。
お日様ってこんなにありがたいもんなんだ、って体をもって
体験しました。

富士登山25
目指す剣が峰が赤く染まる・・・。


最後の難所、「馬の背」と呼ばれる難所を登って、日本最高峰へ
たどり着きます。
馬の背は、砂や砂利が多い急斜面で、滑りやすい。
凍結してると本当に怖いです。

富士登山26
なんとか全員で登り切りました。
この時の達成感は最高でした。
「日本で一番高い山のてっぺんにいる!!」
そう思っただけでなんともいえない満足感です。

富士登山27
ここは富士山の測候所があった場所で、建物はまだそのまま
残ってます。
その一角に展望台があります。
最高地点よりちょっと高いところにあるんで、
ここに立てば文字通り、「日本で一番高いところに立っている」
気分が味わえます。

思いっきり寄りかかってるけど、この下は「大沢崩れ」。
急な斜面で、今でも少しずつ崩れていってるそうです。
自分は高所恐怖症だと自覚してるけど、なんかハイテンションに
押されて感覚がマヒしてたみたい(笑)
遠くの山々が低く見えます。あの山にも行ってみたいな~、と
思考もとんでもないことになってました・・・。

富士登山28
剣が峰から火口、そして富士館をのぞむ。
さっきまでいた場所がすごくちいさく見えます。
昨日やっとのことで登りきった!!と思った場所があそこ。
向こうの雲を見ると、やっぱとんでもないところに来てしまった、
と再認識します。
こんな場所で2か月も働く友人に脱帽です。

富士登山29
馬の背を下っている途中、「影富士」を見ることに成功。
太陽に照らされた富士山が、下界に影を落とします。

登る前から見てみたいと思ってたんだけど、どの時間に
どの場所でみられるのかわかんなかったので、
あきらめてました。
ちょうど通りかかったガイドさんが説明してるの聞いて、
気づくことができました。


剣が峰を下り、もう一度富士館さんへ。
このあと「お鉢めぐり」といって、火口を一周するコースへ
行きたかったんだけど、雹のため、半分はちょっと危険と判断。
また、体調がすぐれない仲間がいたので、行けるものだけで
吉田口、須走口のある賑やかな土産物屋のとこまで行くことに。

・・・結局、テンション高い自分だけで行くことに(笑)

富士登山30
行程はそんなにアップダウンはなく、とても気持ちいいトレッキング。
見る角度が変わってくるんで、景色もどんどん変わる。

眼下に河口湖が見えます。ご来光を見て下山していく人も多数。
雲間からの光が、この世のものとは思えない美しさ。

富士登山31
吉田口、須走口までは、富士館から20分くらいでした。
こっちは人も多く、山小屋、おみやげ屋さんも多い。
どこからともなく豚汁の匂いがしてきたり・・・・。

富士登山35
自分用におみやげ買いました。ピンバッジ。
その場で裏に日付を入れてくれます。
今後、他にも山へ行ってみたいんで、その山ごとに
ピンバッジ買えればいいな~と思ってます。

富士登山32
こっちには自販機もありました。
便利だけど気分壊れるな~(笑)

少し見た後は、ここで富士館さんへ引き返しました。
次回はぜひとも一周お鉢めぐりしたいと思います。

下りは、一気に、とはいかなかったけど、やっぱり登りと違って
サクサク下りていけました。
ただ、やっぱり膝への負担は大きい。
おまけに、登りに使う筋肉は普段結構使ってるもののようで、
登ったあとはそんなにダメージなかったのに、下った後は
ガクっと筋が痛くなりました。

富士登山33
高度が下がってくると、少しずつ緑が。
これが結構うれしいです。

途中、仲間の一人が膝に違和感をおぼえ、ペースががくっと
落ちましたが、みんな怪我なく下山。
午前7時15分に下山をはじめ、下山完了が午後12時すぎ。
約5時間でした~。

下山後は、「花の湯」という日帰り温泉にいき、汗と疲れを
流しました~。
汗もそうだけど、塗ってた日焼け止めを早く落としたかった。
普段日焼け止めなんて塗らないけど、やっぱり富士山の
紫外線はキツイです。
今回は雲が多かったけど、それでも日焼け止め塗っても
焼けました。
友人はかなりヒリヒリが残ったようでした。

富士登山34
締めは富士宮やきそば。
これ食べないと富士宮来た気がしません(笑)

お風呂入ると、どっと疲れがきました。
ハイテンションも終息・・・。
マッサージ機に座りながら寝てしまいました・・・。

帰りは友人の運転で、午後7時くらいに帰宅。
行きも帰りも運転してもらっちゃって、申し訳なかったです。

帰宅後は、軽く反省会。
うちの嫁の手料理(ありあわせだけど)食べて、少し息ついて
解散しました。
こっち帰ってきても雷がすごくてびっくり。

急にみんなで家上がることにして、嫁には迷惑かけました・・・。


さぁ、もう来年の富士登山が楽しみになってきました~。
今回参加できなかった友人、うちの嫁を誘って、今度は吉田口から
登ってみようかと思います~。





スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:6 
<<同窓会 | ☆シリウスガーデン奮闘記☆ | 富士登山 前編>>
この記事のコメント
no.1984:ご無沙汰してます!
貴重な体験ですね!!
日本人なら一度は登ってみたいなぁ!

写真がたくさんで楽しく読ませてもらいました~
雲海がとてもステキですね。


あ、私事ですがただいま妊娠中です。
女の子だそうです!!
しんさんに『うちも女の子欲しい~』って話してたのが通じたのかな(笑)

娘ちゃんとはちょっと歳が離れちゃいますが、いつか遊んでもらえたらなあ、なんて妄想してます♪
2010-08-02 Mon 16:18 | URL | 苔 #DrIDRG1I[ 内容変更]
no.1985:
写真つきの記事を見て、こんな凄い場所を息子が登ったんだな~と感慨深くなりました(主人もですが・・・汗)
たくさんのお写真を見せて下さって感謝します♪

しんさんのお友達、2ヶ月過ごされるんですね
入浴もままならない場所で多い時で百数十人のお世話、凄いですね、そして、皆の息抜きの場としても凄い存在ですね

火口はかなり深いのですか?
未だに活火山と小学校の時に聞いた時は怖い!と思いました
自然の大きさは怖くもあり、偉大ですよね

息子たちも富士山の翌年も他の山に登りました
学校の先生も登山が大好きで、かなりの数を登ったそうなのですが富士山より本当は難しいと言って私はまだ登った事がないんですって聞いた山があったのですが、詳しくないので忘れてしまいました
日本一と呼ばれる富士山より危険って言っていたのですが・・・
その先生も仰っていましたが、一度富士山に登るとしんさん仰るとおり山の虜になるそうですね^▽^

来年から山男かもしれませんね~
2010-08-02 Mon 21:36 | URL | 花梨 #eC5WH6i6[ 内容変更]
no.1986:管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-08-20 Fri 17:39 | | #[ 内容変更]
no.1987:苔さんへ
苔さん、ご無沙汰してます~。
コメントにお返事してなくてすみません。

ご懐妊なんですね~。
おめでとうございます!!
前のオフ会でお顔が見えないから、どうしたのかな?
って心配してました。
しばらく妊娠出産子育てで忙しくなりますね。
ヘレボライフはゆっくりのんびり、また余裕ができたら
遊びましょうね~。
うちの娘もそのころにはあかちゃんと遊べるくらい
お姉さんになってるかなぁ?
2010-10-03 Sun 14:51 | URL | しん #knr25k1o[ 内容変更]
no.1988:花梨さんへ
花梨さん、こんにちは~。
コメントが大変遅くなってしまいました・・・。

火口は、200数十メートルあるらしいですね。
落ちたら・・・って思うとぞっとするけど、
柵とかなんもないんですよね・・・。

富士山はきちんと整備されてるんで、登りやすい山
らしいですよ。
低い山でも、高低差とか、登山道が険しいとかなり
きついみたいです。
いろいろ登りたいけど、時間や勇気やらなくて、
なかなか行けずにいます~。
2010-10-03 Sun 14:55 | URL | しん #knr25k1o[ 内容変更]
no.1989:匿名さんへ
ご無沙汰しております。

お会いしない間に大変だったんですね・・・。
またゆっくりとメールしますね。

またお会いできることを楽しみにしてますよ~。
2010-10-03 Sun 14:58 | URL | しん #knr25k1o[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ☆シリウスガーデン奮闘記☆ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。