クリスマスローズに魅せられた男の、汗と涙、笑いにあふれた日常です
http://siriusgarden.blog48.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
富士登山 前編
2010-07-27 Tue 23:42
25、26日にかけて、富士山へ行ってきました~。
ケータイからリアルタイムで更新してみたけど、
写真とかむちゃくちゃになっちゃったんで、
まとめ&備忘録として書きたいと思います。

まず、行く前の準備と装備について。
年間20~30万人も訪れる富士山。
五合目までは車であっさり行けちゃうんで、
カンタンに登れちゃうんじゃ?って錯覚してしまいます。
自分も、登ろうって決めた今年3月には、
服装とか装備なんてありあわせでいいべ?くらいに
考えてました。

今回登ってみて感じたのは・・・。
軽装備で十分登れる。サンダル(クロックス)で
登ってるとんでもない人もいる(笑)
ただそれは、天候に恵まれればの話。
今回、午前~午後早い時間まではとても快適だったけど、
夕方から夜にかけては雨、風、雷が激しく、雹まで
降る場面もありました。
そんな状況で軽装備だったら、死も覚悟でしょう。
実際、落雷、滑落なんかで亡くなってる方も毎年いるそうです。

さて、今回の自分の装備。
富士登山1
ザックは30ℓのもの。今回頂上の山小屋1泊だったんで、
これでちょうど良い感じでした。
防寒着をがっちり持っていくならさらに大きいほうがいいかも。

ダブルのストック。登山口や山小屋で「金剛杖」なる木の杖も
売ってるけど、できれば軽めのストックがあるといいかな。
今回は本当にストックに助けられました。
事前に使い方歩き方を確認しといたほうがいいと思います。

ウエストポーチ。カメラやお菓子などの行動食、小銭など、
さくっと出して使いたいものはこっちへ。重宝しました。
途中で水分補給する時、ザック下ろしてってのが面倒だったんで、
ボトルをさすことができる大きめのタイプもいいかも。

レインウェア。モンベルのゴアテックス素材のもの。
もっと安くて簡単なものでもいいかと思ってたんだけど、
今後も使う可能性あるし、アウトレットで安くなってたんで
思い切って購入。雨以外にも風を防げるんで、防寒対策にも
なります。

バンダナ。「BUFF」っていう、筒状になってるバンダナ。
吸汗、速乾に優れてて、筒状でいろんな使い方できるんで便利。
帽子代わりにしたり、首通してネックウォーマーにしたり。

富士登山2
衣類はこんな感じ。
綿素材は汗を吸うと乾きにくく、体を冷やすんで、
化繊で速乾の素材を。主にユニクロです(笑)
万一の遭難や、仲間とはぐれた時のため、ちょっと派手目な
ものにしました。平地だと浮くけど、山に行くと結構
しっくりきちゃいます。

あとはこまごましたもの。
山小屋は夜真っ暗になるから、トイレ行く時用に小さいライト。
夜間行動するならヘッドライトは必要でしょうね。
酸素のボンベをもってる人多かったですが、自分は「食べる酸素」
っていう、タブレット状のものを持って行きました。
気休めかもしれないけど、思い高山病にならずにすみました。
山小屋泊は当然シャワーとかないから、体拭くウエットティッシュ
とかあるといいですよ。登りはかなり汗かきます。

逆に持っていかなくてもよかったもの。
トイレットペーパー。トイレはみんな紙があったし、
他に使う場面がなかった。
アメ、カロリーメイト。めちゃくちゃのどが渇く。
行動食は、チョコやゼリー飲料とかがベストでした。
富士登山3


前フリだけでえらい長くなっちゃいました・・・。


さて、東京を25日午前4時半に出発。
富士宮口に着いたのが午前8時ちょっと前。
「五合目の駐車場がいっぱいなので、途中の車道に停めて
歩いて行ってくれ」
と、交通整理の人に言われ、登山口から4キロ下に駐車し、
歩き始めました。
・・・んが、なんと途中で、
「午前8時に規制解除するんで、五合目まで車で行って、
下山者が車を出せば駐車できる」
と聞いてしまい・・・。
また車へ戻って五合目へ向かうことに・・・。
初っ端からキツイトラブルでした。

うまいこと下山する人に遭遇することができ、駐車完了!!
気持ちをあらためて出発します。
富士登山4
五合目からの眺め。雲海が見えます。
これだけでもすごくいい眺め。山頂まで行ったらどんな眺めに
なるのか、期待が膨らみます。

富士登山5
飲み物はこの時点ですでに高い(笑)

五合目から六合目までは20分くらいかな。
ゆるやかな登りだったけど、すでに「やめたほうが良かったかな」
と不安になる・・・。

富士登山6
六合目からは、宝永山(宝永大噴火によってできた山)への
ハイキングコースもあります。
こっちは気軽に行けるコースみたい。

富士登山7
新七合目からの眺め。
ご来光を見てから下山する人が多くいます。
富士宮口は登山道と下山道が一緒なんで、すれ違いが大変。
ただ、「こんにちは!」「がんばって!!」「ありがとう!!」
みたいな声掛けでの触れ合いがあり、テンションが上がります。
登ってるときは挨拶すんの死ぬほどつらいけど(笑)

新七合目の次は、「元祖七合目」!!??
そこまで1時間かかる・・・。
長いしキツイし、進んでも「七」だし、ここが一番心折れそうに
なりました。

富士登山8
八合目にて、嫁手作りのバナナケーキをいただきます。
作って持たせてくれました。
「手作り」って思うと、なんとなくやる気が出てきます。
八合目あたりからは、前へ進む気力勝負になってくるんで、
こういう気分転換はすごく助かりました。

登ってるときはとにかく立ち止まったら一口給水。
チョコなんかを一口。んで一口給水。
マーブルチョコみたいなコーティングしてあって、ケースに
入ってるのが溶けないし便利でした。

富士登山9
途中にお地蔵様が。
ちっちゃくてかわいいので撮っちゃいました。

富士登山10
八合目から九合目あたりで、植物はほぼ見られなくなりました。
ポツンとこの草?だけ生えてました。

富士登山11
突然現れた謎の柱。
登山道の両側に立ってるんだけど、コインがいっぱい刺さってる。
なんか意味あるんか???曲がってるコインもあるけど、
どんだけ力こめて刺してんだか。その分体力温存しろよと(笑)

富士登山12
九合目到着。頂上がはっきりと見えます。
「萬年雪山荘」の名の通り、雪が見えてます。

富士登山13
ここで食事。山菜うどんを食べました♪
正直食欲あんまなかったけど、ここでのあったかいうどんは
死ぬほどうまかった・・・。
ここらまで来ると、登ってると汗かくんだけど、休憩すると
一気に体が冷えるので。

富士登山13
冷えるの当たり前。こんなに雪があるんだからね・・・。
八合目あたりから呼吸もかなり苦しいです。
登るとき深い呼吸を意識しないと、苦しくて前に進めない。
立ち止まった時には深呼吸。んで、水分補給も忘れずに。
ここで水分採らないと高山病になりやすいみたいです。

富士登山14
九合五勺。
そう、九合の次は頂上じゃない(笑)
しかし、ここからの登りはかなりハード。岩ばっか。
んでもって息苦しいし、頭も結構痛い。
でもなんでかテンションはマックスに近く、高揚してました。
途中、感動して涙出てくるし・・・。まだ登りきってないのに。


富士登山15
そして山頂!!!
「頂上富士館」の館長が出迎えてくれました~。
こやつとは高校一年からの長い付き合い。
思えば、高校入って一番最初に話したのがこの人でした(笑)
東京から富士宮の「宮崎ふとん店」さんのお嬢さんのところに
婿入りし、夏はそのふとん店さんが経営する富士館さんに
常駐しています。
http://fujikan.eshizuoka.jp/
富士館さんのブログ。25日の記事に載せてもらいました♪

http://miyazaki-jp.net/
「宮崎蒲団店」さん。

富士登山16
パックのうなぎを差し入れしました。
ちょうど次の日の26日は土用の丑の日だったし、
山頂だと決まった食事しかできないのかな?
と思ったんで。かさばらなかったし。

このあと、浅間大社奥宮へお参りして、山小屋チェックイン。
後編へ続きます~。


とにかく、登りきれると思ってなかったので、達成感は
ハンパなかったです。
高山病も、テンションでふっ飛ばしました(笑)
「登れるかな?高山病にならないかな?」っていうマイナスの
状態だと、余計にひどくなるような気がしました。
とにかく、風を感じたり、苦しいけど挨拶したり、「楽しい!!」
っていう気持ちを常に持ち続けるのがいいと感じました。
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:2 
<<富士登山 後編 | ☆シリウスガーデン奮闘記☆ | 無事登頂!>>
この記事のコメント
no.1982:
お久しぶりです
富士山の登山、凄い良い思い出に残るそうですね
私も憧れますが、自分の体力にも気力にも自信がないので一緒に行けませんでした
息子と主人は息子が小3位の時に行ってきました
主人は高山病の症状で山頂で気が緩んだ途端にオボロロロ・・・だったそうです
息子は全く平気だったようです

トイレの不便さや食料の困難さを聞いていたので、その場所で管理をする事はとても大変な事でしょうね
差し入れなどとてもありがたいのだろうと思いました
2010-07-29 Thu 14:31 | URL | 花梨 #eC5WH6i6[ 内容変更]
no.1983:花梨さんへ
花梨さん、ご無沙汰してます~。

富士登山は、体力もそうだけど、結局は気力の勝負
な気がしました。
とにかく、楽しいと思えなければ、ただただツライ思いを
するだけなので。

だんなさん高山病大変でしたね。
自分は今回ひどくはならなかったけど、体調によって
どうなるかわからない怖さを感じました。
小さい子が頭痛いって苦しんでる様子見るのは
こっちも辛かった・・・。
いずれうちの子とも登ってみたいけど、無理はしちゃいけないですね。
2010-07-30 Fri 19:21 | URL | しん #knr25k1o[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ☆シリウスガーデン奮闘記☆ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。