クリスマスローズに魅せられた男の、汗と涙、笑いにあふれた日常です
http://siriusgarden.blog48.fc2.com/
2015クリスマスローズ原生地探訪 その27
2016-03-24 Thu 11:20
クリスマスローズの原生地ツアー8日目、2015年4月8日、
原生地巡り7日目の続きです。

ボスニアヘルツェゴヴィナ、トレビニェ(Trebinje)からサラエボ(Sarajevo)へ向かう途中、
ガツコ(Gacko)の手前あたりです。

20160324b.jpg
11時半頃、サイトに到着。
高台の丘にずーーーっと広がる大草原。
点々と自生しています。

20160324c.jpg
オドルス(H.odorus)と思われます。
ヘルツェゴヴィナス(H.multifidus hercegovinus)のゾーンからはかなり離れています。

20160324d.jpg
苞葉、花の感じ、どれをとってもオドルスっぽいです。
それにしても素晴らしい株姿です。

20160324e.jpg
雄大な景色の前にただただ茫然。

20160324f.jpg
どこまでも続く草原。
点在するオドルス。
オドルスは東ヨーロッパの各地かなり広い範囲に自生しています。
トルカータス(H.torquatus)、セルビクス(H.serbicus)、デュメトラム(H.dumetorum)などと
交雑しているとも思われます。

実際、各地でオドルスを見てきましたが、ここまで素晴らしい景色のサイトを
見たことがありませんでした。

20160324g.jpg
座り込んで、ただぼーっと眺める。
数分だけど、最高に幸せな時間です。

20160324h.jpg
セルフタイマーで記念撮影~。
三度目の旅となると、こういう遊び方も覚えました(笑)

20160324a.jpg
道路を挟んで反対側の丘へ登ってみました。
みんなはまだ向こう側の丘でオドルスを見ています。

川で靴底を洗っている人も(笑)
ところどころに家畜のフンが落ちていたり、ぐちゃぐちゃにぬかるんでいるところも
あるので油断できません。

20160324i.jpg
ここでもセルフタイマーで記念撮影~。
決してヘレボを見るのに飽きたわけではありません(笑)

ちなみに、こちら側の丘の斜面にはオドルスはほとんど生えてませんでした。
どこへ行ってもそうですが、北向きの斜面にはヘレボはほとんどありません。
大概、南向きの日当たりのいい場所に多く自生しています。

40分くらい滞在してしまったので、先を急ぎます。
ガツコ(Gacko)の町を過ぎ、山の方へ入っていきます。
何度か紹介した「オドルス山」とは違う方向です。
20160324j.jpg
標高1200mになる場所。
かなり雪が残っていました。

20160324k.jpg
花が咲いてから雪が降ったのでしょうね。
蒸れて傷んでいました。

20160324l.jpg
オドルスは広範囲に分布しているので、地域ごとに微妙な差があるのでは、
と思われます。
今回も違いが何かわかるかなーとこっちのルートを選んだのですが、
ちょっとこの状態じゃわからないですね・・・。


20160324m.jpg
ここらへんでランチタイム。
湖沿いに見つけたレストランに入ってみます。
山の中のさびれたところにあるレストラン。危険な香りがします(笑)

20160324q.jpg
でもなかなか良い雰囲気。
しかも結構お客さんが入っていました。不思議だ・・・。

20160324n.jpg
こんなとこでもコーラ!と言いたいとこだけどファンタにしました(笑)

20160324o.jpg
キュウリとパプリカのピクルスと・・・

20160324p.jpg
肉のプレート!!
注文した後に厨房から、ガン!ガン!という音がしてきて嫌な予感してたんだけど
出てきたのは普通のものでした(笑)ちょっと硬い部分もあったけど。

この店、実はめっちゃ綺麗なウエイトレスさんがいて、男性陣メロメロでした(笑)
食後に記念写真を撮りまくったんだけど、ここでは自粛しときます・・・。
デレデレな顔してるんで(笑)

20160324r.jpg
店の外にはおとなしくて人懐こいわんこ。
ほんとにこっちでは放し飼いは当たり前なんですね。

20160324s.jpg
こちらもめっちゃ人懐こいにゃんこ。
わんこともめっちゃ仲良し♪
我々が帰ろうとすると車までついてきてくれました。

さて目指すは最終目的地サラエボです。
スポンサーサイト
別窓 | 原生地 | コメント:0 
2015クリスマスローズ原生地探訪 その26
2016-03-23 Wed 00:04
まず初めに・・・。
今季のクリスマスローズ開花株の販売を終了しました。
ありがとうございました。
今季も直売ができず申し訳ありませんでした。
来季は何かしらイベントをやってみたいと考えています。
今後ともよろしくお願いいたします。


さて、原生地の続きいきます~。なんとか今月中に終わらせたいです・・・。
ツアー8日目、2015年4月8日、原生地巡り7日目の続きです。
ボスニアヘルツェゴヴィナのヘルツェゴヴィナス(H.multifidus hercegovinus)の
サイトの続きです。

ベインの素晴らしい花を見つけ、周囲をくまなく探索。
ベインやピコティの花を発見しましたが、さらに観察することで、あることに
気づいてきます。

20160322a.jpg
見事な大株。
苞葉が細く、いかにもヘルツェゴヴィナスといった風情です。

20160322b.jpg
この株はまだ新葉が出ていないので、周囲の枯葉を観察。
細い・・・けど、極細という感じではないです。
ムルチムルチ(H.multifidus multifidus)くらいの細さかな?

20160322c.jpg
他の株。
これは新葉が出てきています。
結構細いですね~。

20160322d.jpg
ん~。
今まで見てきたヘルツェゴヴィナスの新葉と何か違う気がします。

なんかモヤモヤとしてきたところで、道路を挟んだ逆側を探索していた
メンバーが、見てほしいと言った個体がこれ。
20160322e.jpg
これを見てみんなが確信しました。
ここはヘルツェゴヴィナスとオドルスの交雑サイトである、と。

この新葉はもう明らかにヘルツェゴヴィナスでも、ムルチムルチ
でもないです。いかにもオドルスな感じの葉っぱ。

20160322f.jpg
苞葉を見てもオドルスっぽい。

ボスニア側でのヘルツェゴヴィナスの確認から、交雑サイトの発見。
この旅で一番の収穫だったと思います。

今までは、「この場所に行くと何々が見れる」という情報をもとに
その場所へ行って確認、という作業を繰り返し、どこ原種、交雑種が
どのゾーンに属しているかを見てきましたが、その点と点の中間を
確認していく、という作業は時間的に厳しいのであまりできませんでした。

今後はそういった、「点と点を結んだ線の途中の確認作業」が必要に
なってきそうです。
そうなると、訪れる国や範囲をある程度絞らないといけなくなりますが。

20160322g.jpg
このサイトを象徴するような個体。
花、苞葉はオドルスに似て、新葉はヘルツェゴヴィナスに似ている。

めちゃめちゃ興奮しました(笑)
こういう発見がこの旅の醍醐味ですからね~。
これ味わっちゃうとやっぱりまた行きたくなってしまいます。


名残惜しいですがこのサイトを後にし、北上していきます。
20分くらい走って、別のサイトへ。

20160322h.jpg
標高があがったため、雪が残ってます。
かなり寒かった覚えがあります。

20160322i.jpg
交雑かどうか確認したかったのですが、寒いからかまだ葉っぱは出てません。

20160322j.jpg
苞葉を見ると、ほぼオドルスに近い感じ。

20160322k.jpg
枯れた葉っぱを見ると、かなり幅広。

この個体だけじゃわからないので、周囲を探索です。
でも寒くてなかなかはかどらない(笑)

20160322l.jpg
この個体、全体的な雰囲気を見るとややシャープな感じ。
花のヨレ具合がなんとなくヘルツェゴヴィナスっぽく感じます。

20160322n.jpg
こちらは苞葉も花もいかにもオドルスっぽい。

なんとなくまだヘルツェゴヴィナスの血が混じっていそうな感じがします。
こういうのをキチッと数値化して証明できればいいんでしょうがね・・・。

20160322o.jpg
最後に気になったのはこの個体。
苞葉はややシャープ。花は丸弁。
ん~、交雑っぽい?

20160322p.jpg
バランスがとても良くて美しい花です。
ほんのり縁に色が乗ってますね。

20160322q.jpg
ほんの~りピコティ。
ヘルツェゴヴィナスのサイトではあまり見なかったピコティです。

20160322r.jpg
蕾もいい感じの色。

やはりここは交雑なんでしょうかね~。

こうやって交雑を見てくると、原種ってなんなんだろうな~って益々
わからなくなってきます。
そこらへんを書き始めちゃうとキリがないのでこのへんにしておきます~。
別窓 | 原生地 | コメント:2 
2015クリスマスローズ原生地探訪 その25
2016-03-15 Tue 00:50
クリスマスローズの原生地を巡る旅もいよいよ先が見えてきました。
ツアー8日目、2015年4月8日、原生地巡り7日目です。

20160314w.jpg
ボスニア・ヘルツェゴヴィナ(Bosnia and Hercegovina)の
トレビニェ(Trebinje)からサラエボ(Sarajevo)を目指します。

20160314a.jpg
まずは朝ごはん~。
ビュッフェ形式でした。
宿泊客がすごく多かったのでごちゃごちゃしてて大変でした・・・。

20160314b.jpg
8:00ちょっと過ぎにチェックアウト。
チェックアウトも人多すぎで大変。
トルコからの団体さんが入っていたみたいです。
大型バスが何台か乗り付けていました。

20160314c.jpg
ホテルの外観。
可もなく不可もなく…かな。
予定変更して急きょ泊まったホテルなんで、十分でした。

この日の予定としては、ヘルツェゴヴィナスを見てから北上して
オドルスを見て、サラエボへ入る、という感じ。

20160314d.jpg
8:30頃、最初のサイトに到着。
幹線道路の脇の空き地みたいな場所。

20160314e.jpg
H.multifidus hercegovinus
花だけだとなかなか判断付きませんが…。

20160314f.jpg
株元の新葉を見て確信。
先日に引き続き、ボスニアヘルツェゴヴィナでヘルツェゴヴィナスを
見ることができました。

20160314g.jpg
グリーンの花茎と銅葉のコントラストが素晴らしい~。

20160314h.jpg
このサイト、ムスカリも自生していました。

20160314i.jpg
ムスカリとヘルツェゴヴィナスのコラボ~。

20160314k.jpg
こちらも。
ありそうでなかったシチュエーションです。
他の花が入るとこれまた画になりますね。

20160314l.jpg
スミレも咲いてました。
残念ながら一緒のフレームに収められなかったですが。

20160314m.jpg
ここにもやっぱりゴミが捨てられてる・・・。

20160314n.jpg
林の中にひっそりと。

20160314o.jpg
岩の間から。
周りの草と見分けつかないくらい細い葉っぱですよね。

30分くらい滞在して次のサイトへ。
車の中からヘルツェゴヴィナスが咲いていないか確認しながら
進んでいきます。

20160314p.jpg
「あったーーー」
の声で停車。

林の中にチラホラ見えたので、周囲をチェック。
すでにピコティの個体くらいじゃ驚かず(笑)

20160314v.jpg
斜面を降りていくと、ちょっとした窪地に出ました。
黄緑色に見えているのがヘレボルス。

「すげーーーー」
の声を聞き、飛んでいくと・・・。

20160314q.jpg
なんじゃこりゃーーーーーっっ!!!!

20160314r.jpg
すんごいベイン!!!

この株の周囲を見回してみても、ベインの入る個体はこれだけ。
本当に不思議。

みんな、こんなすごいの見ちゃったので、散り散りになって探索。
それだけ衝撃的でした。

20160314s.jpg
斜面の林の中で、なんとか変わった個体を発見。

20160314t.jpg
薄いけど・・・ベイン。
先ほどの花と比べたらインパクトないけど。

20160314u.jpg
うなじ側にはピコティが入ってます。

かなりしらみつぶしに探してみたけど、濃いベインの物は見つからず。

ただ、じっくり探索したことで新たな発見があったのでした・・・つづく
別窓 | 原生地 | コメント:0 
3月12日(土)22時に商品upいたします!
2016-03-11 Fri 23:38
今日は寒かった~。
結局雨もほぼ一日降っていたし。
家で過ごしながら5年前のあの日を思い出していました。
今生きている我々はしっかりと前を向いていかないといけないです。
震災以来、園芸業界も打撃を受けていると言われています。
踏ん張っていきましょう。

3月12日(土)22時に商品upいたします

今回は15株。
ダーク系を中心に、リバーシブルなど。
ちょっと風変わりな花もお見せしようと思います~。
お時間あったら覗いてみてください。

1659b.jpg
1665c.jpg
別窓 | ショップ | コメント:0 
2015クリスマスローズ原生地探訪 その24
2016-03-10 Thu 23:58
ここ数日、寒暖の差が激しいですね・・・。
今夜は日付が変わるくらいで雪が降るかも、とか言ってます。
クリスマスローズ好きにとってはそれだけ花がもってくれるのでありがたいですけど。

ではでは、ツアー7日目、2015年4月7日、原生地巡り6日目の続きです。
ヘルツェゴヴィナス(H.multifidus hercegovinus)のサイトの続きです。
時間はもう18:00になろうとしています。

20160310a.jpg
大株。
それにしても茎が太いですね。
日本では華奢な印象のあるヘルツェゴヴィナスですが、自生地ではこんなに
逞しく成長します。

20160310b.jpg
茎は太いが葉っぱは細い~。
なんでこの亜種だけここまで細かくなるのか本当に不思議。
雨が少ないから空気中の水分を蓄えるために細葉になった、とも
聞くけど、どうなんでしょうね。

20160310c.jpg
新葉が出てくる姿がすごく愛らしいです。
イソギンチャクにも見えちゃうけど(笑)

20160310d.jpg
茎と葉裏に繊毛が生えています。

20160310e.jpg
新葉が銅葉の個体。

20160310f.jpg
同じ細葉でも、微妙に表情が違います。
シルバーがかっていてウェーブがかかる葉っぱ。
柔らかい印象です。

20160310g.jpg
葉の先がくるんとカールするタイプ。
個人的に「メデューサ」と呼んでます。

20160310h.jpg
メデューサの頭っぽく見えませんか?

20160310i.jpg
黒くて、ふわ~っと展開する葉っぱ。これも美しい。
本当に、ヘルツェゴヴィナスのサイトはいつまでいても飽きないです。

20160310j.jpg
弁先に色が乗る花と銅葉で細葉の個体。

20160310k.jpg
ただただ、ため息が出てしまいます・・・。

20160310l.jpg
サイトの一部の遠景。ほんの一部です。
この一帯すべてが自生地。延々と続いてます。

林と草原の境目あたりに一番多く見られました。
夏場は適度に日陰になり、冬場は日当たりがいい、ということでしょうね。

20160310m.jpg
道路の造成工事で出た土砂が道路脇に積まれています。
ほとんどがこんな感じの石灰岩。
一見肥沃に見える場所ですが、落ち葉などが堆積した土の下は完全に岩場なんでしょうね。

日も傾いてきたので本日の調査は終了。
ここから国境へ行き、ボスニアヘルツェゴビナへ入ります。

国境を通過したのが18:20頃。
トレビニェ(Trebinje)へ着いたのが19:15頃。
ガイドブックにも載っていないような街ですが、歴史ある街のようです。
人口の大半をセルビア人が占めています。
運転手のSašoはあまりセルビア人を良く思ってないらしく、「クレイジーだ」
などと言ったりします(笑)

ホテルへ着いて荷物を置いたら外に出てレストランへ。
20160310n.jpg
昼はファストフードだったんで、夜はしっかりと食べられるお店へ。

20160310o.jpg
まずはスープ。
濃厚なトマトスープ♪

20160310p.jpg
そして出ました肉のプレート。

20160310q.jpg
そして魚のプレート。

もうこれくらいの量じゃ驚きません(笑)
塩コショウのシンプルな味付けなんだけど、どれも美味しい。
付け合わせのポテトがこれまた美味しい。
ポテトはどこへ行っても裏切らない(笑)

20160310r.jpg
締めはボスニアのスイーツ、トゥファヒーヤ(Tufahija)。
甘く煮たリンゴの中にナッツが入ってて、クリームが乗ってます。
甘すぎずになかなか美味しいです。

さて、原生地巡りも残り一日です~。
2015クリスマスローズ原生地探訪 その24…の続きを読む
別窓 | 原生地 | コメント:0 
3月9日(水)22時に商品upいたします!
2016-03-08 Tue 23:59

今日は熱いくらいの陽気でしたね。
湿度も高かったので、灰色カビ病なども気を付けないといけませんね。
アブラムシも出始めたようです。

さてさて、商品upのお知らせです。
まだまだ咲いてきてますよ。ソメイヨシノが咲くくらいまでは頑張れるか!?

3月9日(水)22時に商品upいたします!!

今回は10株ご用意します。
黒ダブル、ふるむらさき、セミダブルリバーシブルなど。
よろしくお願いします~。
http://siriusgarden.cart.fc2.com/

1647b.jpg
1653b.jpg
1648b.jpg
別窓 | ショップ | コメント:0 
2015クリスマスローズ原生地探訪 その23
2016-03-08 Tue 10:52

ツアー7日目、2015年4月7日、原生地巡り6日目の続きです。

11:00前にコラシン(Kolašin)発。
ポドゴリッツァ(Podgorica)、ニクシッチ(Nikšić)を経由してトレビニエ(Trebinje)ヘ
向かいます。
20160308u.jpg
前日に通った道をほぼ引き返す感じ。
ドライバーの立場になったら嫌になるなこりゃ。

ヘルツェゴヴィナスのサイト周辺では横道に入ったりして新たなサイトを
探すつもりです。

ポドゴリッツァでランチにしようかと言ってたんだけど、幹線道路沿いには
良さそうな店が見当たらず。中心部へ行くと時間のロスになるので、
ポドゴリッツァは素通りして幹線道路沿いの店を探すことに。
20160308a.jpg
ファストフードの店を見つけたんでここにします。
Sašoはちゃんとしたレストランを見つけようとしてくれるんだけど、ランチは
軽めでいいので問題なし!

20160308b.jpg
でかいハンバーガー。こういうのもたまにはいいよね。

20160308c.jpg
15:30頃、サイトに到着。
ここは2010年に来たことがあるサイトだそうです。

20160308d.jpg
H. multifidus hercegovinus
いきなりピコティの個体を発見~。テンション上がります。

20160308e.jpg
かなりクッキリ入ってます。

20160308f.jpg
これは別の個体。
さきほどのものよりは薄いかな。
どちらも外側にピコが入って、内側にはあまり入らないようです。

30分くらい滞在して次のサイトへ。
大きい道路から横道に入り、新たなサイトを探します。

20160308g.jpg
こんなワイルドな道を車で行きます。
車窓から咲いているのを確認しても車を停められるところがないので、
離れたところに駐車し、少し歩いて確認しに向かいます。

20160308h.jpg
岩がゴツゴツしたところなんだけど、平地になってて林の際の枯葉などが
堆積したあたりに自生してました。
土自体はかなり肥えています。

20160308i.jpg
ヨレてるけど、ここでもやっぱりピコティの個体を発見。
これもやっぱり外側にしかピコティが入ってないですね。

少し移動。
今度は土がかなりある、畑のような場所でした。
20160308j.jpg
うすーいピコティの個体発見。
苞葉が素晴らしく美しいです。

20160308k.jpg
たまらんです・・・。

なんかここらへん写真少ないなーと思ったら、山道砂利道続きで
かなり酔ってたみたいです・・・。

ピコティの個体ばかり載せましたが、決してその個体数が多いわけではないです。
探せばなんとか見つかるかな、レベルです。
今までは、ヘルツェゴヴィナスの花はヨレたグリーン単体の花しかない、
というイメージでした。
実際は丸弁もあるし、ピコティもベインもあります。

魔の砂利道を脱出し、大きい道路へ。
たくさん生えていそうな場所を見つけ、探索です。
ここで時間は17:00くらい。
本日最後のサイトとなります。
20160308l.jpg
右側に緑色のが見えると思いますが、それがヘルツェゴヴィナス。
これを普通に走る車の中から探すの、結構大変なんですよ。
そんなことやってるから酔うんですわ・・・。

20160308m.jpg
ここでも発見、ピコティ個体!
ここまでくると、調査隊の皆さんもピコティじゃ驚きもしなくなります(笑)
マヒしちゃうんですよね・・・。

20160308n.jpg
ピコというよりグラデーションぽいですね。

20160308o.jpg
ピコの花で、葉っぱが展開しつつある個体を発見。
この葉っぱは確かにヘルツェゴヴィナス。

20160308p.jpg
かなり濃いピコティです。

20160308q.jpg
ヘルツェゴヴィナスはヨレた花が多いのですが、こういう丸弁カップのものも
たまにはあります。

20160308r.jpg
そして気になるこんな花。
ネクタリーがなんかおかしい・・・。

20160308s.jpg
その横にはこんな花。

20160308t.jpg
…ダブルになりかけ?
なんだかすごーく気になります。

ここはまた行って確認してみたいなぁ。

さて、ヘルツェゴの写真はもうちょっと続きます。
やっぱり葉が命!次回は葉っぱの写真中心にお届けします~。
別窓 | 原生地 | コメント:0 
2015クリスマスローズ原生地探訪 その22
2016-03-07 Mon 15:59

ショップの対応やら、Jリーグの開幕やらで原生地ツアーの更新が遅れてしまいました。
すみません。
クリスマスローズシーズンも佳境ですね。
ジンチョウゲの香りが漂ってくると、そろそろシーズン終わりかなぁと寂しくなってきます。
でも、これから咲く花もあったり、まだまだこれからです!

では続き行きます!

ツアー7日目、2015年4月7日、原生地巡り6日目です。

まずはホテルの部屋の写真。
20160227a.jpg
今までツアーで泊まったホテルの中でここが一番好き。
落ち着いた雰囲気なんだけどすごくきれいです。


不安もあってか、朝5時に起きちゃいました。
起きて外を見たらまだ雪が降ってる。
そして結構積もっていました。
さすがに散歩も行けないので、バスタブにお湯張って朝風呂にゆっくり浸かりました。
20160227b.jpg
部屋ではWi-Fi繋がらないんでロビーへ。
暖炉があるんでゆったりのんびりとネットやってました。

20160227c.jpg
7時になったので朝食へ。
朝食はビュッフェスタイル~。

20160227d.jpg
朝食を終えて、出発の準備をしてから再びロビーへ。
行けるのであればプラヴ(Plav)へ行こうという感じでした。

そしてここでガイドのイヴァン(Ivan)が登場。
昨日より状況は悪くなって、プラヴも雪に埋まってしまったということ。
そこへ向かう道も雪に覆われ、チェーン規制がかかっているとのこと。
我々の車はノーマルタイヤだったし、行ってもヘレボが見れないなら仕方ない、
ということで断念。

20160227e.jpg
もう開き直って記念撮影。完全に雪国・・・。

荷物をまとめ、コラシンのボタニカルガーデンのオーナー、ヴィンチェク(Vincek)さんの家へ
ご挨拶に行ってから、雪のない場所まで移動してヘレボルス調査を続けよう、
ということになりました。
20160227f.jpg
雪に阻まれ、途中で車を降りて歩いてVincekさん宅へ。雪中行軍です(笑)
何故かわんこが2匹ずっとついてくる・・・。

20160227g.jpg
ふと横に目をやると、すごく長いつららが!
こんな長いの久しぶりに見たなぁ。

20160227h.jpg
無事にVincekさんの家に到着~。
2014年にはテレビの撮影なんかもあって、えらい目に遭いました(笑)
この様子はこちら
http://siriusgarden.blog48.fc2.com/blog-entry-538.html

20160227i.jpg
Vincekさんからご挨拶。
英語でしゃべってくれるんだけど、めっちゃ渋い声と独特のなまりで、あんま聞き取れない・・・。
その上、微妙なジョークをぶっこんでくるという(笑)
とにかく、お元気で良かった!

20160227j.jpg
ママもお元気でした~。
そしてやっぱり出てくる・・・

20160227k.jpg
ラキヤ(rakija)!!!!

飲むと頭がぐるんぐるんします(笑)
アルコール苦手だけどここはがんばって一気飲み~。
喉から食道が痛くて熱い感覚。
そして頭がぼーーーっとして、体が熱くなります。
自分はビール飲むと頭痛くなるんだけど、そういう感覚はなし。
ひとしきりボーっとした後はスーッと抜けていきます。
でも、2杯3杯は無理(笑)

20160227l.jpg
体が温まったところで、お庭を拝見~。
埋もれてるけど・・・。

20160227m.jpg
Ivanの彼女のサーニャ(Sanja)が来てくれたんで記念撮影~。
Facebookでは繋がっていたんで、やっと会えた!って感じ。
Ivanとは終始ベタベタでした~。

20160227n.jpg
ママさんが庭のセルビクス(H.serbicus)を掘り起こして見せてくれました。

20160227o.jpg
本当なら花を見るいいタイミングだったのにな~。
まさかこんなに雪が積もるとは・・・。現地の人も驚いたみたいです。

20160227p.jpg
再び家の中へ。
熱い→寒い→暖かい、で完全に眠くなってます(笑)

奥の右のモニターは防犯カメラみたいです。

20160227q.jpg
植物の通販カタログ。
TAKIIとかSAKATAの文字が見えますね。
日本企業、モンテネグロでもしっかりと仕事してるんですね。

20160227r.jpg
ママさんからおみやげもらっちゃいました~。
手作りなのかな?でもしっかりとボタニカルガーデンのラベルが付いてました。

20160227s.jpg
おみやげの帽子かぶって記念撮影~。
これで、もう親子♪(笑)

20160227t.jpg
今回は不本意な結果に終わったので、またリベンジしに来たいですね。
IvanやSanjaとももっと話したかったし、モンテネグロに家族もできたし♪

20160227u.jpg
再び雪中行軍し、車の元へ。
ずっとついてきたわんこともお別れ。

これにてコラシンをあとにします。
残念な結果だったけど、そこはただでは終わらない調査隊。
引き返して再びヘルツェゴヴィナス(H,multifidus hercegovinus)を見ます!!
別窓 | 原生地 | コメント:0 
本日(3月5日)22時に商品upいたします
2016-03-05 Sat 19:13
こんばんは。
日に日に暖かくなってきましたね。
クリスマスローズ好きとしてはシーズン終盤のにおいがしてさみしいです。
でも、まだシーズンは終わってませんよ~。
インフルにも負けず、花粉にも負けず、しつこく商品upしていきますよ。

本日は「22時」にupします。
お間違えないように~。

ようやく咲いてきたダーク系のダブル、ふるむらさきを中心に13株です。
よろしくお願いします♪

1634b.jpg
1637b.jpg
別窓 | ショップ | コメント:0 
| ☆シリウスガーデン奮闘記☆ |