クリスマスローズに魅せられた男の、汗と涙、笑いにあふれた日常です
http://siriusgarden.blog48.fc2.com/
2015クリスマスローズ原生地探訪 その3
2015-05-08 Fri 19:00
ゴールデンウィーク、いかがでしたか?
うちは連休前に仕事の車が故障しまして、連休明けに修理に出したため、未だ休業中です(汗)
なんだか体調もすぐれないのでちょうどいいとも言えますが。
40過ぎたら無理が本当に効かなくなってきました…。

さて、原生地の続きです。
前回に引き続き、H.multifidus multifidusのサイト。

20150429a.jpg
サイトはこんな感じ。
道路の向こう側にも自生していました。

20150429b.jpg
ここのサイトの花はバリエーション豊かで見ていて飽きません。

20150429c.jpg
グリーンの花でも、エッジが白く抜けていると印象が違いますね。

20150429d.jpg
控えめスポットの花。
こじんまりとしていてとても好みの花でした。

20150429e.jpg
バイカラー?グラデーション?の個体も。
これ見ちゃうとやっぱりトルカータスの血が入っていそうに感じるのですが・・・。
ゾーンで考えるとここはムルチムルチのど真ん中なんですよね。

20150429f.jpg
ますますトルカータスっぽい個体。
交雑に関してはゾーンだけの判断ではダメな気がしますね。
この点は遺伝子レベルの話になっちゃうのでしょう。

20150429g.jpg
こんな花も。
「ゴールド!?」
と思っちゃうけど、花が咲いてから雪が被って黄色くなったムレ花でしょうね。

あと、今まで載せてきた花は丸弁だったり形が整ったりしてましたが、実際はこの花みたいに
剣弁ヒラヒラが多いです。

20150429h.jpg
剣弁でもグリーン単体でも、自生している姿は本当にかわいいです。
この光景を見ることができるだけで幸せです。


次のサイトへ行く途中でスーパーへ寄りました。
20150429i.jpg
KONZUM。
この先も行く先々でお目にかかったスーパーです。超大型チェーン店みたいです。

20150429j.jpg
小さい町でしたが結構きれいで、かわいい教会もありましたよ。
観光では回らないような街に行けるのがこの旅の醍醐味です。

20150429k.jpg
さらに南下していきます。ゴスピッチ(Gospić)の方面へ。
クロアチアがユーゴスラビアから独立した際に紛争があった地域ですね。
虐殺もあったということです。

20150429l.jpg
サンシュユが咲いています。
日本のサンシュユとは種類が違うようで、「セイヨウサンシュユ」になるようです。

20150429m.jpg
このサイトもH.multifidus multifidus。
ただ先ほどのサイトと違ってスポットの個体はありませんでした。
スポットのあるサイトからは50キロくらい離れています。

20150429n.jpg
岩とヘレボは本当に絵になりますね~。
こんな隙間みたいなところで大株に育つ生命力、素晴らしいです。

20150429o.jpg
バイカラーの個体がありました。
でもやっぱりベインとかスポットは見つかりません。

20150429p.jpg
弁先が白く抜ける個体。
去年までは白抜けの花ってあまり意識していなかったんだけど、今年は注意して探しました。
後に紹介しますが、トルカータスでも発見できました。


次のサイトへ。
数年前にお墓の周辺で見たという情報を頼りに探索します。
20150429q.jpg
こちらは土葬なんですよね。きれいに管理されています。

20150429r.jpg
ヘレボ発見~。
個体数少なく、変異のあるものはあまりなかったです。

ここに限らずお墓の周りに自生していることが多いんですよね。
土葬だから肥やしが効いてる・・・んでしょうね。
自生しているあたりに掘った土が捨てられていたりしました。

20150429s.jpg
花、苞葉を見ると、なんとなーくムルチムルチというよりもトルカータスが入っていそうな・・・印象。

こういうことの繰り返しなんで、交雑かどうかっていう判断は段々どうでもよくなってきます。
そもそもムルチムルチの基準のサイト、基準の花っていうのが決められていないからどうしようもないんですよね。
そこらへんは神経質になった方が負け、と割り切ってます。

この日は盛りだくさん。
次はランチから後半スタートです。
スポンサーサイト
別窓 | 原生地 | コメント:0 
| ☆シリウスガーデン奮闘記☆ |