クリスマスローズに魅せられた男の、汗と涙、笑いにあふれた日常です
http://siriusgarden.blog48.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
ぬか喜び
2008-11-29 Sat 22:41
夜間、ぐっと冷え込むようになってきて、そろそろ霜が降りるかな?という感じ。
そうなってくると、種を蒔いたポットの状態が気になってきます。
霜柱が立つようになると、種が浮いてきてしまうし、結構気を使うんです。

うちは、7月に蒔いて、そのあとは戸外の日陰に置いてます。
雑草よけの不織布をかけて、あとは水やりとたまの消毒、そしてほったらかし。
今年の記事はコチラ

そろそろ雑草出る心配もないかな?と、不織布を外してみたら・・・。ん???
発芽?1
うお、発芽か!?

そういや、今年は花芽の動きも早いし、もしかしたら年内の発芽もありうるのかなぁ、
なんて思ってしまいました。
んで、おそるおそるピンセットでつまんでみたら・・・。

発芽?2
あはは、ガッカリ・・・(笑)

どうやら、種が浮いてきてしまっていただけのようです。
種まきの時には1cmくらい覆土しているのに・・・。
ジェット水やりのせいか、大雨なんかで浮いてきてしまったのか・・・。
とにかくぬか喜びでした(笑)

いやいや、笑ってらんないよね。
この種は、また土の中へ埋め戻しておきました。

よく見ると、こんな風に土の表面に出ちゃったり、出かかってるものがあったりしたので、
それも埋め戻し。
発根してるから、あんまいじりたくないところだけど、仕方なし。
たぶん、このままの状態じゃ、霜や霜柱でやられちゃうから・・・。

しっかり埋め戻したあとは、表面に軽石の小粒を敷き詰めて、発芽にそなえます。
あと2か月くらいで、かわいい双葉が見れるかな~?


スポンサーサイト
別窓 | クリスマスローズ | コメント:6 
ホームページに「2008年版ギャラリー」を追加しました
2008-11-25 Tue 23:19
ようやく、2008年版のギャラリーをUPしました。
このクソ忙しい時期に、なんでまた更新作業を・・・と、
自分でもようわからない行動をとってしまいました(笑)

いまいちHP見づらいかな?とずっと思ってるんですが、
なにかいい解決法はないものか・・・。
素人にはここが限界かなぁ。

そうそう、2009年の展示会の情報も、トップページに載せましたので、
チェックしてくださいね。

イエロー3
別窓 | クリスマスローズ | コメント:6 
クリスマスローズの毒
2008-11-21 Fri 22:15
タイトルを読んで、「クリスマスローズに含まれる毒の成分についての記事」だと
思った方、ごめんなさい。
今回は、それ以外のクリスマスローズの中毒性、現在の日本のクリスマスローズを
取り巻く状態について、毒を吐いてみたいと思っています。
たぶん、いつもの記事とは違って辛口&偏った話になってしまうかもしれません。
気分を害される恐れのある方は、ここで読むのを止めてください。



自分は、クリスマスローズの栽培を始めてたかだか8年足らず。
それでも、ここ数年のブームというか、熱狂振りに驚いています。
黒花(シングル)の出現、ダブル、糸ピコティ、ダブルブラック・・・。
その年その年、流行の花、みんなが欲しがり高値で取引される花がありました。

そのせいか、多くの悪い話が耳に入ってくるようになりました。
盗難にあったとか、ナーセリーに行って強引に売ってもらうとか、オークションで
不当なやり方で儲けを狙うとか、自慢話、ねたみそねみ、誹謗中傷・・・。
正直、人間不信になりそうになる話ばかり。

結局、我々愛好家が熱狂的になればなるほど、それを利用しようとする人間が
出てくるのは当たり前なんですね。
儲かる、と思えば飛びついてくる人間がいる。
欲しい花があれば、盗んででも欲しくなる。

クリスマスローズが有名になれば、世の中に浸透すれば、とずっと願ってきました。
「クリスマスに咲くの?」
「バラなの?」
と聞かれ続けて幾年月。
有名になり、各地で展示会、販売があり、すんごい花がいっぱい出てくるのはいいけど、
このままじゃ、クリスマスローズは「胡散臭い花」になっちゃう気がしてなりません。

熱狂的になる気持ちは、痛いほどよくわかります。私だって熱狂的愛好家ですから(笑)
一時期は、ネットをくまなくまわって情報をかき集め、欲しい花目当てでナーセリー通い、
時間があれば園芸店めぐり、とそれこそ東奔西走しましたよ。
さすがに、おこづかいに限界があるんで、オークションは見るだけしかできなかったけど。
だから、人の花が素晴らしく見える、自分も欲しい!!ってよ~くわかります。

でも、少し頭を冷やさなければいけない、と思います。
自分がクリスマスローズとどうつきあっていくか、どういった花が欲しいのか、
そして、愛好家仲間とどう付き合っていくのか。
売る(出品する?)側も、やっぱただブームに乗っかってるだけじゃなくて、
「花」を扱ってるんだって意識を持ってもらいたいなぁ、と思います。
この花に触れて、心底癒されている人間がいるんです。

これから、本格的にゲットモード、販売モードに突入する今だから、
ちょっと言っちゃってみました。



さて、ブームの話をしたので、最近の動きで自分の感じていることを・・・。
ここのところ、クリスマスローズ界も「ブランド化」が進んでいる気がしませんか?
どこどこナーセリー産、だれだれ交配、などなど。
実際、そのナーセリー、育種家の花を並べてみると、確かに違うんですよね。
展示会の時に、販売株を見ているとすごくよくわかります。

ただ、最近は、名前だけが一人歩きしちゃってる感じがするんですよ・・・。
どこどこのだからいい花が咲くとか、どこどこのはダメだ、って。
今書いてて、「ああ、おれも言ってる気がするな・・・」と痛感しました(汗)

やっぱね、愛好家、マニアを自称するなら、審美眼を養わなきゃならんと思います。
いいもの悪いもの、いい人悪い人、いいこと悪いこと、を見抜く選択眼を養わなきゃ、と。
人に惑わされず、己の信ずる道をゆく、これができればいいなぁ。



すんません、徒然なるままに勝手なこと書いてしまいました。
まぁ、いつもクソ真面目なブログもどうか、と思ってたんで、見逃してください。
でも、書きたいことの半分も書けていないと思います(笑)
またたまにブラックなこと書いちゃうかもしれませんが、「ストレスたまってんだな」
って思ってやってください。

では!!
別窓 | クリスマスローズ | コメント:16 
軟腐病の株、その後
2008-11-18 Tue 21:21
9月6日に、軟腐病にかかった株の株分け処置を紹介しました。
http://siriusgarden.blog48.fc2.com/blog-entry-247.html

その後、再発することもなく、無事に現在に至っています。
軟腐病1
こちらは、11月14日の状態。

外見的にはあまり変わってませんが、どのくらい回復したか、
植替えがてら、チェックしてみます。


軟腐病2
ポットから抜いて、慎重に根洗いしました。
白く新しい根が伸びて、新芽もできています。

今期は花をつけてくれなそうな感じだけど、無事に復活したようで、ほっとしました。

今後は、普段どおりの用土に植えつけて、肥培していきます。

別窓 | クリスマスローズ栽培あれこれ | コメント:4 
HELLEBORUS倶楽部 オフ会
2008-11-16 Sun 20:58
昨日、日本橋でHELLEBORUS倶楽部のオフ会がありました。

ちょうど、嫁とコムスメが新宿の皮膚科へ行くので、朝早めに出て、
途中まで一緒に行くことにしました。

・・・ところが、中央線に乗ると、新宿駅の高架工事のため、全線終日各駅停車、
とのこと・・・(怒)余裕見て出て正解。

新宿で二人は降り、私が東京駅に着いたのが9時半くらい。
久しぶりの東京駅に、出口まで間違ってかなり焦りました(汗)

集合時間は11時だったから、スタバで時間つぶし。
オフ会に苗を提供しようと思い、段ボール箱に15ポット入れて持ち歩いていたので、
隣りの席のおばちゃん2人組に、「それ、何が入ってるの?」と聞かれちゃいました(笑)
「花の苗が入ってて・・・」
って話から、クリスマスローズのこと、展示会のこと、と話が弾んでしまいました。
行きの電車のテレビで、「今日のB型さんは社交的に~」みたいに言ってたんで、
(お!?占い当たってる???)
と内心思ってました(笑)

そのおばちゃんたちもクリスマスローズ好きだったらしく、だいぶ浸透してきてるんだなぁ、
と思う反面、「ローズ=バラ」、「クリスマスに咲く?」の2点がやはり引っかかりました。


さてさて、オフ会。
今回は、日本橋三越近くの「うすけぼー」さんで行われました。
約40人くらい集まりました。いつもより少し少ないかな?
でも、多すぎると誰が誰やら・・・ってなっちゃうし、ちょうどいいくらいかも。

まずはお楽しみの、食事(笑)
オフ会1
今回、ステーキのセット、漬けどんぶりのセット、カニクリームコロッケのセットから選ぶことに
なってて、私はカニクリームコロッケのセットにしました。
ドリンクがついて1500円。日本橋でこの価格はすごく安い。助かります(笑)

くりすさんの挨拶、展示会の告知など、今後のイベントの説明のあと、
みなさんお待ちかね、種、苗の交換会です。
事前にくじ引き&あみだで順番を決めましたが、みなさん真剣そのもの。
「あ~、最後のほうかぁ~」「しんさん早くていいね~」と、歓喜と失意、嫉妬の雨あられ。
でも今回は、苗も種も、かなりの数集まったので、満足するくらいいきわたったんじゃないかな?
オフ会2
すでに嵐が過ぎ去って、スッカラカンの状態。
自分も選ぶのに夢中になってて、写真撮るどころじゃなかったです(笑)

興奮さめやらぬうちに、1次会はお開きに。
2次会は、三越屋上、チェルシーガーデンさんの散策です。
この日は、オフ会に合わせてくれたのか、クリスマスローズの開花株の入荷があり、
見せていただくことができました。
オフ会3
正直、「え~?この時期に開花株?大した花じゃないんじゃないの?」
なんてなめてかかってたんですが、とんでもなかったです。
大森プランツの「ウィンターシンフォニーシリーズ=樋口交配」の開花株で、
糸ピコティ、アプリコット、イエロー、ダークパープルのダブル、ホワイトフラッシュ、
イエローフラッシュのシングルなど、トップシーズンと変わらないくらいの整った花が
ありました。

山上げして無理に咲かせた、というものではなく、たまたま早咲きだった個体を
出してもらった、という話です。
樋口さんのとこはすでにそんだけ寒い、ということなんでしょか?

しっかし、開花株をみた途端、みんなの目が輝いたのには驚きました。
獲物を狙う鷹か肉食獣のようでした(笑)
自分は、フトコロさみしいもんで、お買い上げはなし。


3次会は、三越近くの「東洋」さんでお茶。
この段階でも20人以上残ってて、とっても盛り上がりました。
ただ、あんまり話ができなかったり、ご挨拶もできなかった人がいたんで、ちと心残り。

そのあと、数人でさらにちとお茶してディープな話をして帰宅しました。

ん~、やっぱいいね♪
日ごろ、いろいろ抱えていたストレスを発散できました。
ひとりで考えてると、ああでもないこうでもないと悪い方へ考え、
なんだか無性に孤独感に襲われる時があります。
時々こうやって集まって、顔をつき合わせて開花すると、すごく安心します。
そして、またクリスマスローズと向き合う勇気をもらって帰ってきます。



今回の戦利品。
オフ会4
種。
Mikeさん&珍さんのとこと、ふくりんさんからいただきました~。
すでに発根している種も。主に原種系の種をいただきました。
今日早速蒔きましたよ♪

オフ会5
苗。
こちらは、気づけばMikeさん&珍さんの苗ばかり(笑)
マニアックな原種系の苗ばかりチョイスしてきました。

あと、左にあるのが「アリスチア・エックロニー」の苗。
こちらは、kyoroさんにいただきました。
別窓 | HELLEBORUS倶楽部の活動 | コメント:15 
ヴェシカリウスの植替え
2008-11-10 Mon 18:09
いよいよ冷え込みも厳しくなってきましたね~。
日が出ていないと、松の手入れをしながら鼻水ズルズル状態です(笑)

遅くなりましたが、ヴェシカリウスの話題。
昨年3月に購入した苗ですが・・・。(その時の記事はコチラ

10月25日の時点で、こんな感じ。
ヴェシ1
とりあえず夏越しはできたみたいです。


昨年3月に植替えて、約1年半植替えせずに来ました。
今回、根っこの状態の確認もかねて、植替えすることにしました。
ヴェシ2
ポットから抜いて古土を落とした状態。
去年の3月の状態あら、ほぼ変化ないみたい(汗)
むしろ、根の数が減ってるような気がします。
やはり、夏場の水管理のせいだったのかな???
ただ、下へ下へ根が伸びる、というのは間違いないみたいです。


今回、このロングポットはやめることにして、スリットポットに変更。
用土は鹿沼と軽石多め。腐葉土は使わず、少量のバーク堆肥とベラボンで
保水性をキープ。元肥にマグアンプも少~し入れてみることにしました。
ヴェシ3
なかなか「開花」の可能性が見えてきませんが、まぁ気長にいきますか・・・。


そして今日(11月10日)の状態。
ヴェシ4
ここにきて芽の動きが早くなった気がします。
とにかく今期は株の体力つけて、根の数を増やしてあげたいな。
バイオゴールドバイタルを活力剤として使ってみることにします。


別窓 | 原種 | コメント:4 
原種の植替え(リグリクス、ボッコネイ、WM9531)
2008-11-08 Sat 00:42
ガーデンハイブリッドの植替えが終わると、次は原種の植替え。
原種はハイブリッドに比べて動きだすのが少し遅いので、10月半ば過ぎから
植替えています。

現在、うちにある原種は、ニゲル、リビダス、フェチダス、アトロルーベンス、
トルカータス、デュメトルム、オドルス、クロアチカス、ムルチフィダス・イストリアクス、
リグリクス、ボッコネイ、WM9531、ヴェシカリウス。
植替えの方法は、基本的にハイブリッドと同じ。
用土も、ヴェシカリウス以外は特に変えてはいません。
ただ、根の状態のチェックは念入りにしています。

リグ1
まずはリグリクス。
今年の2月に購入したもの。その時の記事はコチラ

育てたこともないし、まわりで育ててる人も少ないので、弱いのか強いのかイマイチ
わからずに、ハイブリッドたちとほぼ同じような管理をしてきました。
一応、夏場の遮光と水管理だけは気をつけてはいましたが。

リグ2
根をほどくと、すごく良い状態でした。
地上部も、2月の状態から比べてかなり大きくなってます。
これを見る限り、リグリクスはかなり育てやすい原種であると思われます。
ただ、今シーズンの開花はちょっと無理かなぁ・・・?

新葉はまだ展開せず。動き出しが遅いのかな?


続いてボッコネイ。
ボッコネイ
これも、↑のリグリクスと同じ日に購入したもの。
すでに新葉がすくすくと展開しています。
根の状態も良好。
ただ、リグリクスのほうがよりボリュームがある感じでした。
それでも、やっぱり育てやすい原種の部類でしょうね。

こっちは開花してくれるかな?まだ微妙なとこでしょうか・・・。


そして、WM9531。
WM9531
地上部が葉っぱ2枚でとても貧相だったから、「ヤバイかな?」と
ドキドキしながら鉢から抜いたんだけど、意外や意外。
ただ、根毛が少なく、根の一本一本は細く切れやすい印象。

この株、去年の春にいただいたもので、そのシーズンは開花した模様。
(うちに来たときは花は終わったあとだったんで)
今年は残念ながら花を持たなかったので、来年咲いてくれるかな?
なかなか一筋縄ではいかない原種なんで、気長に待ってみようと思います。

ちなみに、去年蒔いて今年出たWM9531の苗、未だに双葉のままです(汗)


でも、原種はやっぱり面白い!!そして花が待ち遠しい。
今シーズンは、もっと他の原種も増やしたいと考えてます。


ヴェシカリウスはまた明日にでもUPしま~す。
別窓 | 原種 | コメント:3 
古葉取り 開花予定株(2年苗)編
2008-11-05 Wed 22:23
アメリカ大統領、オバマさんに決まりましたね~。Yes we can !!
これで当分、「デンジャラス」の仕事は安泰ですね(笑)
ノッチ、オバマさんと握手してたね~。すごい!!


さてさて、そろそろ気になってくる「古葉取り(古葉切り)」。
暮れに全部切る派、徐々に切る派、切らない派、様々だと思います。
今回は、「今シーズン初開花予定の株はどうする?」をテーマにします。

秋も深まり、クリスマスローズも生育期。
新葉も展開して、たぶんこんな状態になってると思います。
古葉取り1
13.5cmのロングポットが12ポット。トレーいっぱいです。
葉が絡んでるし、痛んでる葉っぱもありますね。

「苗の段階ではあまり切らない方が良い」
と言われたことがあります。
株が若いうちは、体力がないから?葉を切りすぎると代謝の変化に対応できないから?
理由はハッキリしませんが、先輩の教えには従うとしましょう。

どちらにせよ、↑の状態では、中が蒸れたり、陽が届かなかったりといいことがないので、
少しは切ることにします。

ちなみに、うちでは開花数年の大株は、暮れにバッサリと全部葉っぱ切っちゃいます。


用意する道具はコチラ。
古葉取り2
・ハサミを複数本
・切った後にゆすぐ水
・それをふき取る布
・ウイルスを不活性化させるための消毒液「ビストロン」
・念には念を、のガスバーナー


とにかく、クリスマスローズを育てる上で怖いウイルス性の病気(ブラックデス、
モザイク病)は、ハサミの使いまわしで感染することが一番多いと思われるので、
ここは徹底的に注意して臨みます。
バーナーでよ~く焼くなら、ビストロンは必要ないかもしれません。

ちなみに、ブラックデスを発症させるウイルスは「カーラウイルス」、
モザイク病を発症させるのは「キュウカンバンウイルス(キュウリモザイクウイルス)」、
と言われています。
ここらへん、調べると結構面白いので、いつか記事にできれば、と思います。


古葉取り3
まずは古い葉(この場合、春に出た葉)をメインに切っていきます。
特に、大きすぎて邪魔だったり、痛んでいたりするものを取り除きましょう。
新葉でも、痛みが激しいようなものは、病気を呼ぶ可能性が高いんで、
他にいい葉っぱが残れば、切ってしまったほうがいいと思います。


古葉取り4
んで、こんな感じに。
古葉のキレイで邪魔にならないものは一枚くらい残すようにしました。
これから木枯らしが厳しくなると、ヘタすると新葉がバリバリになるんで、
保険代わりに。

古葉取り5
これくらいスッキリさせました。陽も株元に射すようになり、いい感じ。
その分乾燥しやすくなるんで注意が必要ですが。


このあと、花芽の動きを見ながら、邪魔になるような葉っぱは随時落としていきます。






別窓 | クリスマスローズ栽培あれこれ | コメント:2 
12月上旬にクリスマスローズの本が出るそうです
2008-11-03 Mon 07:42
風邪をぶり返してしまったしんでございます(汗)
しかしそんなことは関係なく、いよいよ11月。
植木屋はここから年末まで、大忙しの時期になります・・・。
クリスマスローズの世話も今が大事なとき。休んでらんないっすね~。


さて、年末(12月上旬)に、クリスマスローズの本が発売されるそうです。
タイトルは、

『はじめてのクリスマスローズ』 エフジー武蔵刊 ガーデン&ガーデン別冊

監修は、有島薫さん。
言わずと知れたバラ界の超有名人の有島さんのことだから、バラとからめた
お話なんかもあるんじゃないでしょうか。

クリスマスローズを扱うショップやナーセリーについての記事もあるようなんで、
要チェックだと思いますよ~。


ほんのちょ~っとだけ、あるナーセリーさんの紹介にかかわったんで、発売が楽しみです。


ガーデン&ガーデンのHPはこちら。
http://www.gardenandgarden.com/
別窓 | クリスマスローズ | コメント:2 
| ☆シリウスガーデン奮闘記☆ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。