クリスマスローズに魅せられた男の、汗と涙、笑いにあふれた日常です
http://siriusgarden.blog48.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
感動~ 涙~
2008-08-21 Thu 22:02
すいません、コメにレスできずにずるずるきちゃいました(汗)

今、オリンピックのソフトボール見終わったとこで、ちと書いてます。

めちゃくちゃ感動しました・・・。涙が止まりません。

オリンピック見ててそうそう泣くこたぁないだろうと思ってたけど、

やっぱ、上野選手のあのがんばり見てきたら、感情移入しちゃいました(笑)

もうちょっと余韻にひたりたいと思います~。表彰式見るぞぉ。





それにしても、野球のほう、しっかりして欲しいよね。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:4 
クリスマスローズ小苗の植替え
2008-08-15 Fri 09:53
暑い、暑い!!
言いたくないけどそれしか口をついて出てこないっす・・・。

うちらの部屋は3階にあるんですが、屋根に近いからか特に暑いです。
夜も、風は抜けるんだけど、家自体が暑くなっちゃってるみたい。
それでもなるべくクーラーは使わないようにしてるんで、そんな状態で
PCを使うと必ず熱暴走して電源が切れます(汗)データヤバイっすね。

カラダもバテバテです・・・。正直、こうやってPCの前にいるのキツイ。
やっとここで4日間夏休み。
でもでも、休むどころか、ここでクリスマスローズの植替え作業が待ってます。


ここからは、個人的な考えを踏まえての栽培作業の紹介をします。
真夏の植替えは、リスクを伴いますんで、自己責任で行ってくださいね。

私は、8月のお盆を過ぎると、小苗(今年通常発芽したもの)の鉢増しを行うようにしてます。
具体的に言うと、2月に7.5cmポットにポット上げしたものを10.5cmポットに植替えます。

一般的に、クリスマスローズは夏の間は半休眠しているといわれます。
「半休眠」であって、「休眠」でないのがポイント。
夏の間も、少しずつ根は生長してると思われます。
そして、秋になり気温が下がると、一気に葉を展開し、活発に生長します。

・・・なので、秋になる手前で鉢増しをし、根を張るスペースを確保することで、
生長を促進しよう、というのが狙いです。

ちなみに開花予定株、開花数年株については、私は9月半ばになってから植え替えてます。
これは、花芽の形成期が初夏~盛夏であろう、という推測によるものです。
花芽ができる前に植替えをすると、花芽になるはずの芽が、葉芽となってしまい、
花数が少なくなったり、花をつけなかったりする、と思われるからです。

前置き長いですね・・・(汗)
では、今の小苗の状態を。
小苗植替え1
うちで中程度の生長具合のもの。No.48×No。75。
種親がNo.48なので、生長は遅いほうだと思われます。
この株は、この真夏でも新芽を出しています。
置き場所は、家の西側。南と西から太陽がガンガン当たりますが、50%の遮光を
してあります。

小苗植替え2地上部はまだまだ小さいかな?と思ってても、よ~く見て見ると、
根が張ってポットがパンパンです。
クリスマスローズの生長は、まず根をしっかり張り、その後地上部、という過程を踏むことが
よくわかる例だと思います。

小苗植替え3抜いて見るとやはり、根が回ってきてます。ガチガチになる一歩手前というとこでしょうか。
まだ先端から白い根は出てきてませんね。もうちょっと涼しくなってきてからでしょうか。
この状態で根っこにダメージを与えるのはマズイので、古土はなるべく落とさず、
根を切らないように植替えをしてあげます。

小苗植替え4完成。
本当は、乾いた土じゃなく、やや湿った土で植替えするのがベストなんでしょうが、
手間の関係で、乾いた土で行っています。
植え替えたら、すぐに水くれをし、日陰で1週間くらい養生し、元の置き場に戻します。


この時期の植替え、人間にもかなり過酷ですので、熱中症に注意してくださいね。






別窓 | クリスマスローズ栽培あれこれ | コメント:2 
| ☆シリウスガーデン奮闘記☆ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。