クリスマスローズに魅せられた男の、汗と涙、笑いにあふれた日常です
http://siriusgarden.blog48.fc2.com/
ようやく葉切り
2014-01-04 Sat 19:39
みなさま、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

年末のダメージを引きずってしまい、どうもモチベーションが上がってきません。
クリスマスローズも、昨夏の暑さによるダメージを引きずって、花をつけないものが多いです。

それでも停滞はしていられない。
年末に出来なかった葉切りをしました。



ハサミとビストロンを準備。
葉を切ったら水洗いし、ビストロンに漬けて、また使うという感じ。



痛んだ葉からバシバシと切っていきます。



花芽が見えてる大株は全て切っちゃってます。
小さい株はバランスを見ながら残したりしてます。

葉切りしていて株元にカビを発見したので、明日しっかり消毒しようと思います。
スポンサーサイト
別窓 | クリスマスローズ栽培あれこれ | コメント:0 
念願のビニールハウス
2012-12-03 Mon 10:40
もう12月になってしまいました・・・。
一応生きています(笑)

TwitterやFacebookは結構書きこんでいるんですが、腰を据えてブログを書くのが
なかなかできずにいました。
クリスマスローズに対するモチベーションもなかなか維持できず。
それについてはまた別に書こうかな~と思います。

さて、今年は我が家のクリスマスローズ栽培にとって、特別なことが2つありました。
ひとつは、「山あげ」。
ふたつは、「ビニールハウス作成」。

山あげは、8月に富士山の近くの涼しい場所にうちの開花予定株を持って行き、
夏越ししたあと、10月に再び我が家へ持って帰りました。
これについてもまた記事にしたいと思います。


んで、今回はハウスの作成について書きたいと思います。

クリスマスローズを栽培するのにビニールハウスは不可欠、というわけではありません。
耐寒性の強い植物ですし、雨に当ててはいけないわけでもないし。

ただ、我が家では「展示会に向けての開花調整」や「生産、販売」という目的があります。
厳冬期に凍らないように管理したいし、長雨に当てて新葉を痛めたくないし・・・。
雨の日にハウ
ス内で作業できるのも魅力。
なので、数年前からずっとビニールハウスが欲しかったわけです。

20121203a.jpg
今年、ようやく区画整理で自宅の横が広がったので、整地しました。
ただ、井戸やら排水のために設置した土管やらが非常に邪魔・・・。
これを移設するのはえらく大変なので、これらを避けてハウスを建てます。
間口2.5間(約4.5メートル)、奥行き15メートルのハウスにします。

思えばこの整地作業が一番大変でした。作業開始が9がつ半ばでまだ暑かったし。
父とうちの職人さんにも手伝ってもらいました。

20121203c.jpg
聖地が終わって、材料の買いだし。
ジョイフル本田へ行って買ってきました。
くの字になってるのが、アーチになるパイプです。これは直径22㎜のものにしました。
そのほかの直管パイプは19㎜です。

20121203d.jpg
ハウス作成のいちばんキツイ作業はアーチパイプ立て。
グサグサ刺さるような地盤ならいいんだけど、うちは重機でがっちり踏んじゃってるんで、
かなり固い。
なので、ドリルで穴をあけていきました。
地面用のアースドリルじゃないんで、長さが足りず苦戦・・・。

20121203e.jpg
なので、穴を開けたあとにぶっとい鉄筋棒をハンマーで打ちこんで引っこ抜くという作業。

20121203b.jpg
こうして、まず両端のパイプを設置しました。
あとは、水平を出して、水糸を張って行きます。

20121203f.jpg
水糸を目印に、どんどんパイプを刺していきます。
この作業で腕と大胸筋がムッキムキになりました(笑)
1か月くらいしたら元に戻ったけどね~。

20121203g.jpg
全部刺し終わったところ。
仕事の合間とか、天気に振り回されたりで、結構日数かかりました。


20121203h.jpg
直管パイプを設置し、ビニペットをつけます。
ビニペットとは、波状のバネでビニールを固定するために必要なCの字になってる板のことです。
巻き上げ換気も設置する予定なので、そこにビニペットをつけるかをよく考えておく必要があります。

このあと、妻面(かまぼこの断面みたいなとこ。)の作成だったんだけど、写真を取り忘れました。
妻面は特にどうやれと決まったものはないらしく、どんな扉をつけるか、換気をどうするか、などで
自己流にアレンジできるみたいです。
自分も、余ったパイプやもらい物のサッシなどを使い、試行錯誤でやってみました。

20121203i.jpg
そしてビニール張り。
「ビニール」といっても、「農ビ」と「農ポリ」に分かれるそうです。
農ビは、農業用ビニール。安価で保温性は高いけど、耐久性に劣る。
農ポリはポリエチレンフィルムで、高価だけど耐久性に優れます。

頻繁に張り替えになるのは大変なので、うちでは農ポリを選びました。
さらに、ポリの厚さもなるべく厚めのものを選びました。

裾と妻面のポリはひとりで張ることができたんだけど、屋根と巻き上げのほうはコツがいるので
プロの農業やってる友達に手伝ってもらって張りました。


さて、ハウスの最大の課題点。
それは、「換気」。
とにかく夏場は蒸し風呂状態になります。遮光だけでは不十分。
なので、換気して涼しくする必要がある。
両端に扉をつけたのと、サイドを巻き上げ換気にしたんだけど、それでもまだ不十分らしいです。
熱は上にこもるので、屋根とか妻面の上に窓が欲しいところ。
通販などで見るとハウス用のアルミサッシの開閉窓が売られています。
でも高い・・・。
そこで、自作しました。

20121203j.jpg
木で枠を作り、塗装~。
防腐剤の塗料だけでいいのに、ちょっとレトロっぽく加工してみたり・・・(笑)

20121203k.jpg
木材用のステインの上から、「バターミルクペイント」で上塗り。
乾いたらサンドペーパーを少しかけるとレトロっぽくなります。

20121203l.jpg
ビニール張りでも良かったんだけど、どうせならカッコよくと、ポリカーボネイトの板を加工して
張りました。
ギリギリのサイズで作ったんで、妻面への設置にちょっと苦戦しました。

20121203m.jpg
なんやかやでようやく完成。
結局2か月くらいかかってしまいました~。
空いた時間に作ってたし、あれこれ考えながらだったから仕方ないですかね。

20121203n.jpg
道路側の扉は、軽トラックからのアクセスがいいように、大きめの引き戸にしました。

20121203o.jpg
巻き上げ換気もばっちり設置。

20121203p.jpg
ハウスの中は、防草シートを敷き、通路には人工芝を敷きました。
ちょっとグリーンが鮮やかすぎるかなぁ。

棚は、いつも通りブロックと言えの内装の骨材を使いました。
これだとデッドスペースが多くてもたいないですね・・・。
もっと丈夫でいっぱい置ける棚を作る予定だけど、今はムリ~。

20121203q.jpg
先日、骨董市で買ってきた年代物のストーブを置いてみました。
サビサビでいいカンジ。壊れるまでは使ってみます。

ただ、換気に注意しないと一酸化炭素にやられちゃいますね・・・。
花に囲まれて静かに昇天も悪くはないけど・・・(笑)


さて、これから寒さ本番。どうやって管理していくか。効果はいかほどか。
楽しみでも悩ましくもあるヘレボライフの始まりです。
別窓 | クリスマスローズ栽培あれこれ | コメント:6 
植え替え動画をUPしてみましたよ
2012-02-26 Sun 01:04
去年、ヘレ友さんに「ウインターシンフォニーのラベルの棒が植え替えに便利!」って教えてもらい、
みんなと盛り上がるうち、じわじわと浸透してきました。

ツイッターでも、「花つき植え替え棒」などとふざけたことを言ってるうちに、
「実際にどう使ってるのか見たい!!」という声があがりまして・・・。
ビデオを撮ってみました。

動画の圧縮、ほとんどやったことないんで、画質良くないですが、良かったら見てください。
ただ、ひとりで撮影してひとりで説明したから、テンション超低いです。
逆に、ハイテンションでやってても怖いですが(笑)

あくまでも、個人的に「イイ!!」と思って使っているだけで、絶対的に推奨するものではありません。
また、この方法はヘレ友さんから教えてもらったもので、私のオリジナルの方法でもないです。

[広告] VPS
別窓 | クリスマスローズ栽培あれこれ | コメント:8 
クリスマスローズのコア抜き
2012-01-24 Tue 23:26
いや~、積もりましたね。
我が家は東京とはいっても西の郊外なんで、都心より積もりました。

20120124a
クリスマスローズにもしっかり積もってます・・・。
ただ、日当たりの良い場所は昼過ぎにはかなり溶けてました。

20120124b
雨から湿気のあるボタ雪になり、その後急激に冷え込んだため、
つららができてました。
つらら見たのなんて子どもの時以来じゃないかな?

20120124c
庭木にも、ゆきじゃなく氷が張り付いてましたよ~。
キラキラしてなかなか綺麗でした。


当然こんな状態だと仕事に出られるわけもなく・・・。
寒いから午前中は部屋にこもり、午後植え替えをしました。

20120124d
うちに来て10年以上経った株。
以前、神代の展示会で最優秀賞をいただいた株です。
植え替えを3年サボってました・・・。

根っこもすごかったけど、問題はこのドーナツ状になった芽。
真ん中は木質化し、新しい芽は出てきません。
こうなると株分けしてリフレッシュ・・・なのですが。

ヘレ友さんで、この真ん中を繰りぬいて新しい土を入れ、芽を出させたという
話を聞いたので、自分もやってみましたよ。

20120124e
ヘレ友さんは、「コア抜き」と言われる、コンクリートを丸く繰りぬく機械を
使ったんだけど、うちにはないので、ノミを使って削っていきました。
気分は彫刻家・・・(笑)

20120124e
木質化したとこを取り除き、下まで貫通。根っこもほどけるだけほどきました。
ツイッターにこの写真流したら、「ウニみたい」と言われちゃった(笑)


201224g
直径38センチのロゼアポットに植え付け。
隣にある8号スリットケンガイがちっこく見えますね~。
ちゃんと真ん中の穴にも土を入れ、殺菌剤入りの水をたっぷりかけました。
今後はメネデールなんかの活力剤を与えて回復させていこうかな。
さてさて、真ん中に芽は出てくれるのかどうか・・・。

別窓 | クリスマスローズ栽培あれこれ | コメント:2 
葉切り!!
2012-01-20 Fri 23:59
東京冷たい雨が降ってます。

昼間は雪でした~。すっげ寒かった・・・。
積もることはなかったですけどね。
昔はいっぱい積もってくれ~って願ってたもんだけどなぁ。
んでもって結構積もったんすよね。かまくら作ったし。

そう考えると、うちの子ほとんど雪で遊んだことないんだよなぁ。
ただ今は、雪にどんだけ放射性物質が・・・?とか考えると、
手放しに遊ばせるわけにゃいかないのかもねぇ・・・。


さて、年が明けて最初のヘレボ作業は「葉切り」でした。
正月3日からやってましたよ。
本当は12月くらいにやっちゃえればいいんだけど、忙しかったしね。

20120120a
13.5センチポットに植わってる、今季初開花予定の株。
真ん中にぷっくりした芽が。こんだけ大きいと花芽だとはっきりわかります。

これから花茎が伸びてくるんで、邪魔になりそうな葉っぱを切っていきます。

20120120b
チョキっとね♪

もちろん、ハサミの消毒はきっちりやってますよ~。
うちでは「ビストロン」を使用しております。

20120120c
スッキリ♪
開花初年の株は、なんとなく葉っぱ一枚程度残してます。
花茎とのバランスとか、春に葉っぱが出ない場合の保険とか、いろいろ
考えてはいるんですが・・・。
でも、寒風に当たってパリパリになっちゃったりするんですよね・・・。


20120120d
今季初開花予定株はこんくらい×2くらいかなぁ。
ただ、「予定株」なので、花芽確認できないものもかなり・・・。
今季はかなり厳しい結果になるだろうと予測しています。


今季は開花が遅いです。
うちは山あげやら、ハウスでの加温などしてないんで、まだまだ。
販売はおろか、展示会も危ういです。
早く自分の交配結果見たいよ~。んで、ガレージセールやらネットショップやりたい。
よそに買いに行ってる場合じゃないんだよ~(笑)
別窓 | クリスマスローズ栽培あれこれ | コメント:2 
| ☆シリウスガーデン奮闘記☆ | NEXT