クリスマスローズに魅せられた男の、汗と涙、笑いにあふれた日常です
http://siriusgarden.blog48.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
クリスマスローズ「雪いちご」(Climb Star series)
2017-03-02 Thu 12:01
クリスマスローズの展示会やらオンラインショップやら、仕事やら確定申告やらで
時間を取られてしまい、ここで花の話をできませんでした。
さらにここでプロバイダも変更してしまい、まだメールの設定もままならないという(笑)

4月には原生地にも行くので、じっくりとお話するのは3月しかないのかな?
せっかくのブログ、Facebookとは違った形でお話しできたらな~と思います。

久々に「雪いちご」のご紹介をしたいと思います。
もう何年も前から販売はしてきたのですが、自分なりに満足できない部分もあり、
ちょっと改良してきています。
20170302a.jpg
この株は今のメインの親株。かなり理想的。
ほぼ加温しないうちのハウスでここまで花茎が立ち上がってくれる。
初期の雪いちごだと芽の分化は旺盛なんだけど葉ばかりになる確率も高かったです。

20170302b.jpg
花はこんな感じ。
地は白でグラデーションぽくピンクが入り、外側の弁はほぼピンク一色。
うなじ側にピコティが入る、リバースピコティ。
今は多弁のダブルも出回ってきたので見劣りするかもしれないけど、これくらいのも
スッキリしていていいのではないかと。

20170302c.jpg
小苞はシャープですっきり。
うなじ側から見ても美しいと思えるクリスマスローズが好きですね。

雪いちごに限らずリバーシブルの花はありふれてしまった感もあるけれど、表情があって好きなので、
今後も作っていこうと思います~。
スポンサーサイト
別窓 | ダブル | コメント:0 
日本人好みのヘレボを目指して
2009-03-16 Mon 22:03
昨日、倶楽部のお友だちが遊びに来てくれたんで、ちょっとおもてなし♪
好み1
ゴールドネクタリーも奮発して(笑)、眺めながらお茶しました。
実際は、子どもがドタバタ遊んでたから、優雅なティータイムとはいかなかったけど。


さて、我が家のヘレボたちも、そろそろ満開を過ぎ、終盤へさしかかってきました。
ここまで、あんまり自分ちの花をUPしてこなかったんですが、ぼちぼち
紹介していこうかなぁ、と思います。
「どう!?見て!!」とか、「うちのご自慢の・・・」みたいな紹介はどうも性に合わないし、
コメントもつけてもらえなそうなんで(笑)、どうUPすればいいか難しいとこなんですが。


とりあえず、今期注目してる花を。
好み2
なんとなく日本人が好みそうな花じゃないですか?
よく、サツキで、こういうふうにふわっと覆輪が入る花がありますよね。
この花は、剣弁でふわっとしてるんで、余計それに近い雰囲気があります。

好み3
うなじも結構かわいくて、白地に細~くピコティが入ります。

好み4
クリスマスローズの育種では、アシュードがぶっちぎりの第一線を走ってますが、
日本人は日本人らしい、繊細な花を選んでいきたいですね。


好み5
ちなみに、新葉もなかなか変わってます。






別窓 | ダブル | コメント:8 
いただいた種からの初開花ダブル3株
2009-01-17 Sat 10:03
暮れから年明けにかけての暖かさで、ぐぐっとつぼみがあがってきた初開花株。
その後の寒波により、しばらく足踏み状態。
一度凍結させてしまうと、動きが途端に鈍くなるようです。
できれば夜間凍結しないように、ハウスで育てたり屋内に取り込めばいいんだけど、
なかなかそうもいかず。
とりあえず気になる数株を土間に取り込むようにしてます。

今回は、2006年の春にいただいた種からの初開花株。
2006年は、オフ会などでいろんな方から種をいただきました。
自分の交配と違って、面白い花がポンポン出てきます。

いただき種1
ddアプリコットピコティ・・・かな?
「アプリコット」っていう色は、判断が難しいです。なのであんまり使わない(笑)

いただき種2
実はくっきりリバーシブル。
この花は正面よりも、ななめ横から見るほうが味があります。
裏は鮮やかな赤紫色。りんご?桃?
大地さんのブログで「りんご」の文字を目にしたんで、うちも「ddりんご」と
名づけてしまおうと思います(笑)


いただき種3
形悪いけど、糸ピコダブル。
「糸ピコ」という言葉を使うのも、実はあんまり好きじゃないだよね(笑)
ネーミングが秀逸すぎて畏れ多いというか・・・。
一時期、ピコティならなんでも「糸ピコ」ってつけられて高額で売りに出されてた時があって。
その時の嫌~なイメージをひきずってるんかな?

いただき種4
まぁまぁそんなことはともかく、この花、二番花以降どう変化していくのか・・・。
ピコがキレイだったからナンバリングしちゃったけど、もうちょっと整えばいいなぁ。


いただき種5
派手派手な花。中~大輪花。
ddピコ絞りバイカラー。

いただき種6
こちらもリバーシブルっぽくなってます。
じわっと入ってるグリーンが抜けるか残るかで、印象変わってきますね。
グリーンが抜けずにいたほうが面白いカンジになりそうだけど。

今日からまた少し暖かくなるようなんで、花の動きに期待。
そろそろガレージセールやらの計画も立てないとな~。
別窓 | ダブル | コメント:8 
dd小輪ダーク
2008-03-01 Sat 20:07
今期もう一回できるかな?と思ってたオープンガーデン&ガレージセールですが、
来週、3月8日(土)の10時からやることにしました。
ちょうど展示会に出していた株も戻ってくるんで、それも見ながらヘレボ談義
できればいいなぁ、と思ってます。
セールのほうは、シーズン後半ということで、期待しないでください(笑)

お近くの方で「行ってみるか」という方はお問い合わせください。


さて、本題。
最近は密かな小輪ブームのようで、小さい花でコンパクトな株、を探している方が
多いようです。
原種人気もそのせいなんでしょうか?

うちも、小輪のものを好んで残すようにしています。
先日UPした、ddデュメの交配なんかも、これから小輪の花の交配に楽しみな花ですね。

今日は、ダークな小輪のダブルを。
小輪ダーク1
No.100。栄えある100番です♪
黒、というにはちと惜しいかなぁ。どっちかというと、グレーに近い花です。

小輪ダーク2
開いた状態で500円玉くらいでしょうか。



小輪ダーク3
もうひとつ。こっちはNo.115。
こちらはブルーブラック、という感じかな?

小輪ダーク4
丸弁でカップ咲き・・・かな?
もうちょっとしたら平咲きでヨレが出るかもしれない。
微妙にエッジが白く抜けてる気もしますが・・・。気のせいかな?


実は、この2つの花、同じ交配なんです。
でも、こうも発色に違いが出るんですね。

そして問題は、「来年も小輪でいてくれるかどうか」。
今年は作落ちでたまたま小輪だった、なんてこともあるからね~。

小輪の形質を持った花として、今期は交配に使ってみます。
目指すは、dd小輪グレープバイカラー♪

別窓 | ダブル | コメント:11 
ddピコ系2種
2008-02-29 Fri 19:02
ほんの1、2年前までは「ピコティ」という名がつくだけで珍重された花も、
今年はだいぶ目にするようになりました。

昨日、横浜のほうの園芸店を回ってみたのですが、ピコティ、と言えそうな
シングル、ダブルもちらほらあり、黒系のダブルも置いてありました。
黒系のダブルに関しては、25000円と、お高めでしたが、去年は目にすることも
なかったんで、かなりの普及ぶりだと思います。

では、うちのピコティの花、2つご紹介です。

ピコ1
今年初開花の花。
なんでもかんでも「糸ピコティ」って付けて売っているところもあるようですが、
まぁこれくらいなら糸ピコティって呼べるんじゃないでしょうか。

フリルは人によって好き好きですが、この花のフリルの感じは結構好きです。
また、横向き~やや下向きに咲くので、写真撮るのがとってもラク♪(笑)

ピコ2
横顔がステキです。
ソバージュの髪が、風になびいているみたい。

ただ、個人的には「糸ピコティ」の花は大好き!というワケじゃありません(笑)
こうやってアップで見ると綺麗だけど、引いて見た時には、絞りや吹きかけの
ピコのほうが表情があってステキだと思うんですが。
オークションなどで高値がついてたのが、はなはだ疑問でした。


ピコ3
こちらも、正面から見ると糸ピコティ?こちらは、薄ピンク地にピコ、という感じかな。
そして、咲き進んでもフリルが入りません。
この方も横向き~やや下向き咲きですが、花が重くて下向くことがたまにあります(笑)

ピコ4
この写真ではよくわかんないけど、リバーシブルになってます。
裏側は濃いピンク色です。


好みがわかれそうな2種類の花ですが、どちらがお好きですか?

別窓 | ダブル | コメント:6 
| ☆シリウスガーデン奮闘記☆ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。