クリスマスローズに魅せられた男の、汗と涙、笑いにあふれた日常です
http://siriusgarden.blog48.fc2.com/
原生地へ行ってきます!
2017-04-01 Sat 05:21
原生地へ行ってきます!…の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 原生地 | コメント:0 
2015クリスマスローズ原生地探訪 その29
2016-04-01 Fri 16:59
2015年クリスマスローズ原生地ツアー、9日目です。
4月9日(木)、いよいよ帰国となります。

20160401a.jpg
5:00起床。
荷物整理などしていて、寝たのは2:00過ぎでした・・・。
スーパーでおみやげ買いすぎて、飛行機の受託荷物の重量をオーバーしたので
必死で調整してました。
結局ビール数本をSašoに引き取ってもらいました(笑)
ポータブルのラゲッジチェッカーは必需品ですね。

20160401b.jpg
このホテル、めちゃくちゃ広くて、キッチンもついてました。
長期滞在する人もいるのかな?

20160401c.jpg
寝室も広かったです。広すぎて寒かった・・・(笑)
家族三人で泊まる用の部屋だったのかな?

20160401d.jpg
5:30チェックアウト。
まだ閑散としてます。
宿泊は素泊まりで25ユーロ。3000円くらいでした。

20160401e.jpg
ホテルの前。郊外のビジネスホテルっていう感じのさっぱりした外観でした。

ここからサラエボ空港まで10分ほど。
Sašoの車に乗るのもこれが最後です。
3年連続で経験してきたけど、この瞬間がとても切ないです。

20160401f.jpg
5:40過ぎ、サラエボ空港到着。
ここでSašoとお別れです。
長時間長距離の運転、いろんなわがままに対応してくれ、本当にいいヤツです。
自分は次にいつ来れるかわからないから、別れがすごく辛かった。

20160401g.jpg
空港はそんなに大きくはないけど結構キレイでした。
日本への直行便はないので、まずはここからウィーンへ向かいます。

20160401h.jpg
7:05発なのでしばし待機。おみやげを買ったり、コーヒー飲んで時間つぶします。
ところが、館内放送が流れ、メンバーの中の2人が呼び出されました。
どうやら荷物検査が引っかかったみたいです。中身のチェックをされただけで
無事に戻ってきました。

逆に呼ばれなかった自分は変にドキドキ。もちろん変なもの入れてるわけじゃないけど、
出発直前に呼び出されたら一人だけ帰国できないんじゃ・・・と怖くなりました。

20160401i.jpg
呼び出されることもなく、無事に搭乗です。
今回は行きも帰りもヤキモキさせられました。

20160401j.jpg
安心したのもつかの間。
なんと自分が座るはずの席にわんこが!!!

この子、サービスドッグで、これからウィーンへ行くのだとか。
一緒にいるおじさんの介助をしているという感じではなかったので
すごくリラックスしてました。

わんこに座席を取られちゃったので、全員が座席についたところで
空いてるところに座りました。

20160401k.jpg
いよいよ離陸。
バイバイ、ボスニア~。また来たいです!!

20160401l.jpg
かなり揺れてビクビクしたけど、雲の上に出たら収まりました。
前の席にいるわんこもかなり怖がってました。

20160401m.jpg
落ち着いたところで機内サービス。
デニッシュと飲物。
コーラ頼んだらでかい缶ごと置いてってくれました(笑)

20160401n.jpg
1時間くらいでオーストリア上空へ。
田園風景と建物が見えます。
やっぱりバルカンとは雰囲気が違います。

20160401o.jpg
8:40頃、オーストリア、ウィーン空港到着。

20160401p.jpg
成田行きの飛行機は12:35発。
4時間くらいあるので、ゆっくりと買い物をしたり食事をしたりしました。

20160401q.jpg
帰りはオーストリア航空で。
行きはルフトハンザでえらい目に遭ったので、ちょっと安心。

ここまでくると、成田行きに乗る日本人の方が多くなります。
周りからメンバー以外の日本語が聞こえてくると、なんだか変な感じ。
そして日本に帰りたくなくなってくるという・・・(笑)

20160401r.jpg
12:50搭乗~。
あとは泣いても笑っても日本へ帰るばかり。

20160401s.jpg
離陸してしばらくウトウトしてしまいました。
14:00過ぎに機内食が出ました~。

ここから8時間、iPadで延々と原生地の動画作成してました(笑)

20160401t.jpg
23:00前、日本時間で6:00前に機内食。
朝食ですね~。これを「食べたらいよいよ到着準備です。

20160401u.jpg
機内はこんな感じ。
背の高いお二人は足元ゆったりな席に座ってます。
自分の席は隣はいないものの寝転がるまではできなかったです。

20160401v.jpg
7:15成田空港到着~。

20160401w.jpg
おなじみの「おかえりなさい」の文字。
久々の日本語看板。

20160401x.jpg
これは前の年にはなかった気がする~。
オリンピック向けに新しく設置されたのかな?

このあとはバタバタ。
荷物を受け取り、解散式(?)
入国したらルフトハンザのカウンターへ行き、行きの便の遅延証明を出してもらう。
それを持って、海外旅行保険のカウンターへ行き、申請方法を聞く。

結論から言うと、初日に宿泊するはずだったホテルのキャンセル料と
初日のホテル代を出してもらえました。
海外旅行保険は入っておいた方がいいですね。身を持って体験しました。

20160401y.jpg
帰りはリムジンバスで立川まで帰ります。

20160401z.jpg
出たところがすぐにバス乗り場なので楽ちんです。

立川までは嫁が車で迎えに来てくれて、無事に帰宅となりました。

今回の旅、行きから帰りまでハプニング続きでしたが、何とか乗り越えて
全員無事に帰ってくることができました。
ハプニングの中でも新しい発見があり、観光もでき、とても充実した旅でした。

行くたびに見たいところが増えていきます。
もっと東、アルバニアやマケドニアのヘレボルスも見てみたい。
ハンガリーのデュメトルムも見たい。クロアチカスも!!
やっぱりまた行きたい~。

長きにわたってお読みくださりありがとうございました。
結局ヘレボシーズンをまたいでしまいました・・・。

もうちょっと、番外編もありますのでおつきあいください~。
別窓 | 原生地 | コメント:0 
2015クリスマスローズ原生地探訪 その26
2016-03-23 Wed 00:04
まず初めに・・・。
今季のクリスマスローズ開花株の販売を終了しました。
ありがとうございました。
今季も直売ができず申し訳ありませんでした。
来季は何かしらイベントをやってみたいと考えています。
今後ともよろしくお願いいたします。


さて、原生地の続きいきます~。なんとか今月中に終わらせたいです・・・。
ツアー8日目、2015年4月8日、原生地巡り7日目の続きです。
ボスニアヘルツェゴヴィナのヘルツェゴヴィナス(H.multifidus hercegovinus)の
サイトの続きです。

ベインの素晴らしい花を見つけ、周囲をくまなく探索。
ベインやピコティの花を発見しましたが、さらに観察することで、あることに
気づいてきます。

20160322a.jpg
見事な大株。
苞葉が細く、いかにもヘルツェゴヴィナスといった風情です。

20160322b.jpg
この株はまだ新葉が出ていないので、周囲の枯葉を観察。
細い・・・けど、極細という感じではないです。
ムルチムルチ(H.multifidus multifidus)くらいの細さかな?

20160322c.jpg
他の株。
これは新葉が出てきています。
結構細いですね~。

20160322d.jpg
ん~。
今まで見てきたヘルツェゴヴィナスの新葉と何か違う気がします。

なんかモヤモヤとしてきたところで、道路を挟んだ逆側を探索していた
メンバーが、見てほしいと言った個体がこれ。
20160322e.jpg
これを見てみんなが確信しました。
ここはヘルツェゴヴィナスとオドルスの交雑サイトである、と。

この新葉はもう明らかにヘルツェゴヴィナスでも、ムルチムルチ
でもないです。いかにもオドルスな感じの葉っぱ。

20160322f.jpg
苞葉を見てもオドルスっぽい。

ボスニア側でのヘルツェゴヴィナスの確認から、交雑サイトの発見。
この旅で一番の収穫だったと思います。

今までは、「この場所に行くと何々が見れる」という情報をもとに
その場所へ行って確認、という作業を繰り返し、どこ原種、交雑種が
どのゾーンに属しているかを見てきましたが、その点と点の中間を
確認していく、という作業は時間的に厳しいのであまりできませんでした。

今後はそういった、「点と点を結んだ線の途中の確認作業」が必要に
なってきそうです。
そうなると、訪れる国や範囲をある程度絞らないといけなくなりますが。

20160322g.jpg
このサイトを象徴するような個体。
花、苞葉はオドルスに似て、新葉はヘルツェゴヴィナスに似ている。

めちゃめちゃ興奮しました(笑)
こういう発見がこの旅の醍醐味ですからね~。
これ味わっちゃうとやっぱりまた行きたくなってしまいます。


名残惜しいですがこのサイトを後にし、北上していきます。
20分くらい走って、別のサイトへ。

20160322h.jpg
標高があがったため、雪が残ってます。
かなり寒かった覚えがあります。

20160322i.jpg
交雑かどうか確認したかったのですが、寒いからかまだ葉っぱは出てません。

20160322j.jpg
苞葉を見ると、ほぼオドルスに近い感じ。

20160322k.jpg
枯れた葉っぱを見ると、かなり幅広。

この個体だけじゃわからないので、周囲を探索です。
でも寒くてなかなかはかどらない(笑)

20160322l.jpg
この個体、全体的な雰囲気を見るとややシャープな感じ。
花のヨレ具合がなんとなくヘルツェゴヴィナスっぽく感じます。

20160322n.jpg
こちらは苞葉も花もいかにもオドルスっぽい。

なんとなくまだヘルツェゴヴィナスの血が混じっていそうな感じがします。
こういうのをキチッと数値化して証明できればいいんでしょうがね・・・。

20160322o.jpg
最後に気になったのはこの個体。
苞葉はややシャープ。花は丸弁。
ん~、交雑っぽい?

20160322p.jpg
バランスがとても良くて美しい花です。
ほんのり縁に色が乗ってますね。

20160322q.jpg
ほんの~りピコティ。
ヘルツェゴヴィナスのサイトではあまり見なかったピコティです。

20160322r.jpg
蕾もいい感じの色。

やはりここは交雑なんでしょうかね~。

こうやって交雑を見てくると、原種ってなんなんだろうな~って益々
わからなくなってきます。
そこらへんを書き始めちゃうとキリがないのでこのへんにしておきます~。
別窓 | 原生地 | コメント:2 
2015クリスマスローズ原生地探訪 その22
2016-03-07 Mon 15:59

ショップの対応やら、Jリーグの開幕やらで原生地ツアーの更新が遅れてしまいました。
すみません。
クリスマスローズシーズンも佳境ですね。
ジンチョウゲの香りが漂ってくると、そろそろシーズン終わりかなぁと寂しくなってきます。
でも、これから咲く花もあったり、まだまだこれからです!

では続き行きます!

ツアー7日目、2015年4月7日、原生地巡り6日目です。

まずはホテルの部屋の写真。
20160227a.jpg
今までツアーで泊まったホテルの中でここが一番好き。
落ち着いた雰囲気なんだけどすごくきれいです。


不安もあってか、朝5時に起きちゃいました。
起きて外を見たらまだ雪が降ってる。
そして結構積もっていました。
さすがに散歩も行けないので、バスタブにお湯張って朝風呂にゆっくり浸かりました。
20160227b.jpg
部屋ではWi-Fi繋がらないんでロビーへ。
暖炉があるんでゆったりのんびりとネットやってました。

20160227c.jpg
7時になったので朝食へ。
朝食はビュッフェスタイル~。

20160227d.jpg
朝食を終えて、出発の準備をしてから再びロビーへ。
行けるのであればプラヴ(Plav)へ行こうという感じでした。

そしてここでガイドのイヴァン(Ivan)が登場。
昨日より状況は悪くなって、プラヴも雪に埋まってしまったということ。
そこへ向かう道も雪に覆われ、チェーン規制がかかっているとのこと。
我々の車はノーマルタイヤだったし、行ってもヘレボが見れないなら仕方ない、
ということで断念。

20160227e.jpg
もう開き直って記念撮影。完全に雪国・・・。

荷物をまとめ、コラシンのボタニカルガーデンのオーナー、ヴィンチェク(Vincek)さんの家へ
ご挨拶に行ってから、雪のない場所まで移動してヘレボルス調査を続けよう、
ということになりました。
20160227f.jpg
雪に阻まれ、途中で車を降りて歩いてVincekさん宅へ。雪中行軍です(笑)
何故かわんこが2匹ずっとついてくる・・・。

20160227g.jpg
ふと横に目をやると、すごく長いつららが!
こんな長いの久しぶりに見たなぁ。

20160227h.jpg
無事にVincekさんの家に到着~。
2014年にはテレビの撮影なんかもあって、えらい目に遭いました(笑)
この様子はこちら
http://siriusgarden.blog48.fc2.com/blog-entry-538.html

20160227i.jpg
Vincekさんからご挨拶。
英語でしゃべってくれるんだけど、めっちゃ渋い声と独特のなまりで、あんま聞き取れない・・・。
その上、微妙なジョークをぶっこんでくるという(笑)
とにかく、お元気で良かった!

20160227j.jpg
ママもお元気でした~。
そしてやっぱり出てくる・・・

20160227k.jpg
ラキヤ(rakija)!!!!

飲むと頭がぐるんぐるんします(笑)
アルコール苦手だけどここはがんばって一気飲み~。
喉から食道が痛くて熱い感覚。
そして頭がぼーーーっとして、体が熱くなります。
自分はビール飲むと頭痛くなるんだけど、そういう感覚はなし。
ひとしきりボーっとした後はスーッと抜けていきます。
でも、2杯3杯は無理(笑)

20160227l.jpg
体が温まったところで、お庭を拝見~。
埋もれてるけど・・・。

20160227m.jpg
Ivanの彼女のサーニャ(Sanja)が来てくれたんで記念撮影~。
Facebookでは繋がっていたんで、やっと会えた!って感じ。
Ivanとは終始ベタベタでした~。

20160227n.jpg
ママさんが庭のセルビクス(H.serbicus)を掘り起こして見せてくれました。

20160227o.jpg
本当なら花を見るいいタイミングだったのにな~。
まさかこんなに雪が積もるとは・・・。現地の人も驚いたみたいです。

20160227p.jpg
再び家の中へ。
熱い→寒い→暖かい、で完全に眠くなってます(笑)

奥の右のモニターは防犯カメラみたいです。

20160227q.jpg
植物の通販カタログ。
TAKIIとかSAKATAの文字が見えますね。
日本企業、モンテネグロでもしっかりと仕事してるんですね。

20160227r.jpg
ママさんからおみやげもらっちゃいました~。
手作りなのかな?でもしっかりとボタニカルガーデンのラベルが付いてました。

20160227s.jpg
おみやげの帽子かぶって記念撮影~。
これで、もう親子♪(笑)

20160227t.jpg
今回は不本意な結果に終わったので、またリベンジしに来たいですね。
IvanやSanjaとももっと話したかったし、モンテネグロに家族もできたし♪

20160227u.jpg
再び雪中行軍し、車の元へ。
ずっとついてきたわんこともお別れ。

これにてコラシンをあとにします。
残念な結果だったけど、そこはただでは終わらない調査隊。
引き返して再びヘルツェゴヴィナス(H,multifidus hercegovinus)を見ます!!
別窓 | 原生地 | コメント:0 
2015クリスマスローズ原生地探訪 その21
2016-02-26 Fri 00:52
今週土曜日(27日)にまた商品upいたします。
よろしくお願いします。

ヘルツェゴヴィヌス(H.multifidus hercegovinus)の余韻に浸りながら、いざコラシン(Kolašin)へ。

途中、ものすごく長めのいい場所で撮影タイム。
20160225a.jpg
Slansko jezero(スランスコ湖)。
これから向かうニクシチ(Nikšić)方面を見ています。
2013年、2014年もここを通っているんですが、夕方すぎだったので素通りしていました。

20160225b.jpg
どこからともなくわんこが登場~。
めちゃくちゃ人懐こい。遊んでポーズしてますね(笑)
近くに飼い主の姿は見えません。近くの民家の飼い犬なのかな?

20160225c.jpg
なんかシュールな写真(笑)
この旅、放し飼いの犬と遭遇するのは珍しいことでもないのでもう動じません。
日本じゃ考えられないですよね~。

20160225d.jpg
山道を抜けてニクシチへ。
時間はもう15時前。ここでランチにします。

この町は、モンテネグロで二番目に人口の多い町なんだとか。一番目はポドゴリッツア。
でも、産業の町なのでホテルとかレストランはあんまり観光向けの場所はないみたいです。

ピッツェリアを見つけたのでそこに入ります。
地元の若者がいっぱいいて、東洋人の来店は珍しいのかジロジロ見られちゃいました・・・。
すごくきれいな娘がいたからこっちもジロジロみちゃったけど・・・(笑)
20160225e.jpg
まぁ、そんなこんなでもコーラは世界共通。裏切りません!

20160225f.jpg
そしてピザ登場~。
で、で、でかい!!!
これを8人で3枚。

がんばったけど残しちゃいました・・・。

・・・ところが!!食事も終わり、というところで、これよりちょっと小さいサイズのピザが3枚追加されてきました。
「え?え?」
と全員が戸惑う。
Sašoが、頼んでない、みたいなことを必死で店員に言ってるけど、店員は認めようとしない。
自分らは何言ってるかさっぱりわかんないので、黙って見守るだけ。
周りにいた客も何事かとジロジロ見てくるし、生きた心地しなかったです。
ケンカにでもなっても、絶対に勝てないし(笑)
結局そのピザはテイクアウトに。Sašoは怒っちゃって自腹で代金出して、タバコ吸い始めちゃいました。

Sašoはスロベニア人。スロベニアとモンテネグロでは言語は似てるんだけど微妙に違うらしい。
その方言みたいなのをある程度理解しつつ話してるらしいんですが、微妙なニュアンスが伝わらないことが
あるんだとか。

まぁ、変なトラブルにならなくてよかった。
気を取り直し、コラシンへ向け出発。

ピザを食べすぎたからか、この後眠気が襲ってきて爆睡・・・。
気づいた時にはポドゴリッツァを過ぎてました・・・(笑)

そして、コラシン到着!!
20160225g.jpg
はい、雪です(笑)ちょっと吹雪いてますね・・・。

ホテルへ到着し、荷物を置いてから、ホテル周辺のH.serbicus(セルビクス)を見に行ってみることに。
2014年にホテル周辺を探索した記事はこちら。
http://siriusgarden.blog48.fc2.com/blog-entry-531.html

20160225h.jpg
ブッシュ周りになんとか確認。

前日ドゥブロヴニク観光をしていた時にコラシンのガイドと連絡を取った時には、雪は降ってないと言ってました。
なので、一気に降って積もってしまったようです。

20160225i.jpg
もしかしたらセルビクス見れるのここだけかも・・・と思いながら必死で写真撮ります。

20160225j.jpg
奥に見えるのはサッカー場のフェンス。

20160225k.jpg
時間はもう19時を過ぎていたので結構暗くなってきてます。

20160225l.jpg
大株発見~。
雪とセルビクス。これはこれで貴重ですが、勘弁して~。

20160225m.jpg
「寒いですが、こんにちは~。なんとかお会いできましたね。」
とご挨拶(笑)

20160225n.jpg
この花なんてもっと明るい時間に見たかったな~。
コラシン周辺のセルビクスは結構色の濃い個体が多かったりします。
これがプラヴ(Plav)方面へ行くにつれ、色の薄い個体が増えていきます。

20160225o.jpg
新雪の積もった感じが美しい・・・。

20160225p.jpg
「せっかく咲いたのに、勘弁してよ~」
と、花も言ってるみたいな気がします。

ここでタイムオーバー。暗くなってきたんで、ホテルへ戻ってディナーに。
20160225q.jpg
ディナーはビュッフェスタイル。
右側にあるセサミチキンがめっちゃおいしいのです。

雪はまだ降り続いています。
明日はここを出て、北東をぐるりと回ってプラヴへ行く予定。
そしてその日のうちにまたコラシンのこのホテルに戻ってくる予定です。
プラヴのヘレボルス研究家の話だと、そちらはまだ花を見れる感じだとか。
なので、道路状況が大丈夫なら行こう、ということに。

自分はこの雪の中宿泊することすら不安で仕方ありませんでした。
2014年の2月の大雪で、山梨県で帰れなくなった経験があったので。

不安なまま続く・・・。
別窓 | 原生地 | コメント:0 
| ☆シリウスガーデン奮闘記☆ | NEXT