クリスマスローズに魅せられた男の、汗と涙、笑いにあふれた日常です
http://siriusgarden.blog48.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
2017クリスマスローズ原生地ツアー その24
2018-04-01 Sun 10:32
お花見をする間もなく桜が散ってしまいそうです・・・。
今年は開花が早かったですね。
いつもは原生地から帰国してもまだ残っているのですが、今年は
行って帰ってきたら完全に葉桜になっていそうです。

では、2017年4月8日(土)、ツアー8日目、原生地巡り7日目の続きです。

通行止めになっていた、モンテネグロ~ボスニア・ヘルツェゴヴィナ国境。
ランチの後に向かうと通行止めは解除されていました。

20180123a.jpg
・・・が、喜んだのもつかの間、大渋滞・・・。
前方左が手に見えるのがボスニア出国ゲート。
右側にトラックが大行列していたので、左側をするするする~っと抜けていったら、
対向車とにらめっこ(笑)
「バックしろ」と言われるけど、後ろからも来てるから身動き取れず・・・。

抜かされたトラックの運転手がこっちに来てなにやら話してたし。
後から聞いたら、「殺すぞ!」って言われたらしい(笑)
Sašoは、「右側が工事車両で、一般車は左だと思った」って言ってやりすごしたみたい。
でも絶対、確信犯で抜かしていったんだと思う(笑)

結局、「日本人観光客を乗せたツアーだ」っていう説明をして、さらにこっそり『袖の下』を
渡したようで、お咎めもなく通過。
怖いというよりとにかく笑ってしまうトラブルでした。


国境越えに時間を取られてしまったので、次のサイトへ着いたのが16:00前。


20180123b.jpg
サイトNo.1748
H.odorus
標高930mくらい。

20180123c.jpg
オドルス平原」と呼んでいるサイトです。
ひたすらだだっ広い平原に点々とオドルスが自生しています。

20180123d.jpg
銅葉が綺麗な個体。
先日、モスタルからガツコへ抜けた時に見たオドルスのゾーンの南端と思われます。
なので花、葉っぱもそれと似た感じ。

20180123e.jpg
ただ、ここの銅葉は本当に綺麗でした。

20180123f.jpg
ちょっと自撮りで遊びすぎ?(笑)
これだけ開放的なサイトだと童心に帰っちゃいます。


オドルスのゾーンの南端を確認しつつ、南下していきます。
20180123g.jpg
サイトNo.1749

2015年にも訪れたサイトです。
2015年の記事

20180123h.jpg
H.multifidus subsp. hercegovinus/H.odorus ?
前回訪れた時、ヘルツェゴビナスとオドルスの交雑ではないかと判断した場所です。

20180123i.jpg
今回、このサイトで唯一かな?ピコティの花。

20180123j.jpg
蕾にも口紅のようなピコティ。

20180123k.jpg
葉が展開してきている個体を見つけました。
やっぱりヘルツェゴより太くてオドルスより細い気がしますね。

20180123l.jpg
この銅葉も中間っぽい。ややぽってりでかわいいです。

20180123m.jpg
ヘルツェゴヴィナスのサイトを見る前だったら、「これはヘルツェゴヴィナスですよ」
って言われたら信じちゃいますよね。
先ほど、ゾーンど真ん中のヘルツェゴを見てきたんで、これはやっぱり交雑かな?って
想像できますよね。

20180123n.jpg
交雑帯恒例の、葉っぱ比較。
いかにも、血が混ざり合ってる感じが見て取れますね。

20180123o.jpg
さきほどのヘルツェっぽい株とは逆に、これは「オドルスですよ」って言われたら
信じちゃいますよね・・・。

こういうのを見てくると、園芸店などで販売されている原種の品種名表示って
一体何なんだろう?とか思ってしまいます。
いや、そもそもヘレボルスという植物を品種分けする意味があるのかな?とまで
考えてしまいます。

なんか、「人間」というものと同じだなーとか考えてしまいました。
日本人だ、アメリカ人だ、という国で分けたりとか、~民族などで分けたり、宗教で分けたり。
そんなことをして分けても、中では複雑に混ざり合ってる。

そんなことを考えていると、原種の真贋についてとかどうでもよくなっちゃいました。
ちょっと前までは、原種ダブルの真贋論争とかもありましたよね。

とにかく、交雑帯は面白いです。
原生地探索の一番の醍醐味だと思います。
・・・だからやめられなくなっちゃったんですよね・・・。
原生地は一度では終わらない」
と言ったS店長。さすがです(笑)


ここで今回の原生地巡りは終わり・・・と思ったんだけど、サイト数が49だったので
キリよく50にするためもう一か所見ることに。

20180123p.jpg
サイトNo.1750
H.multifidus subsp. hercegovinus

さきほどの交雑と思われるサイトから車で30分ほど。
標高620mくらい。

20180123q.jpg
ここはヘルツェゴヴィナス単体のサイトと考えています。
ここよりも南へ行くと標高が下がり、途端にヘレボルスが見られなくなります。

20180123r.jpg
これにて、2017年の原生地探索は終了。

今回も有意義な調査旅行でした。
今回から、DNAによる研究という新たな一歩を踏み出すことができ、今後
どのような結果が出てくるのか楽しみです。
結果が出るのはかなり先になりそうですけどね。待ってます。

では、最終宿泊地ドゥブロヴニクへ向け出発。
20180123s.jpg
まずは、2015年に宿泊した街、Trebinje(トレビニェ)を通過します。
高台から見るとこじんまりして綺麗な街。
前回宿泊した時に朝の散歩しなかったことを後悔。

20180123t.jpg
トレビニェを抜け、ボスニアとクロアチアの国境を目指します。

20180123u.jpg
18:40、国境到着。
見づらいけど、右側がボスニアナンバーの車。左側がクロアチアナンバーの車。

20180123v.jpg
ここでも足止め・・・。
休憩の時間だか引き継ぎの時間だかで、それが終わるまでは通れないらしい。
国境越えは一筋縄ではいきませんなぁ(笑)

20180123w.jpg
15分ほどの足止めで済んで、クロアチア入国!
時刻は19:00ちょっと前。日が暮れかけてる・・・。

そして次回、夕暮れのドゥブロヴニクです。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 
2017クリスマスローズ原生地ツアー その23
2018-04-01 Sun 01:36
4月になってしまいました・・・。
旅の準備もしないといけないけど、なんとかブログを終わらせたい!
ん~、次の旅の後はブログどうしよう・・・
SNSと違って、読んでいただけているのかどうか反応がわからないのは
結構苦痛だったりするけど、記録として残すためにも続けますか。


では、2017年4月8日(土)、ツアー8日目、原生地巡り7日目の続きです

20180122a.jpg
前の記事と同じく、サイトNo.1746。
道路沿いの林の切れ目になっているところに自生していました。

20180122b.jpg
林の際の所が特に密生していた感じがします。

20180122c.jpg
かなりの大株。
左側の株の葉っぱ、すごーく細いですね。銀葉っぽいし。

20180122d.jpg
以前に来た時にはピコティの花も見つけたのですが、今回は見つからず。

20180122e.jpg
銅葉というよりもこれはもう黒葉ですかねー。

20180122f.jpg
こちらは赤っぽい。
そのうち緑になっちゃうんだろうけど、この状態すごく魅力的ですね。

20180122g.jpg
こんもりわさわさのヘルツェゴと記念撮影~。
至福の時です(笑)

20180122h.jpg
花と銅葉のコントラストが素晴らしいです。
なんでこんな造形になったんでしょうね・・・。たまらないです。

20180122i.jpg
岩のくぼみに生えてる姿なんて、芸術作品みたいです。
こういう植栽やりたいなー。でもヘルツェゴ地植え怖いな・・・(笑)

20180122j.jpg
銅葉じゃなくても魅力的。
この分岐の仕方とボリューム、美しいです。

20180122k.jpg
ヘルツェゴの葉っぱが木に見えてきて、ミニチュアの森みたい。
それか、イソギンチャクが並ぶサンゴ礁?(笑)

20180122l.jpg
マクロレンズで下から見上げてみるとまた違った世界が垣間見えます。

20180122m.jpg
やっぱりいつまででも見続けていられる空間です・・・。
次はいつここに来ることができるのだろう?


時刻は12:00近く。
ここから国境まではそう遠くないので、国境を越えてボスニアへ入ってからランチしようということに。

ところが、国境近くまで行ってみるとなんと通行止めでした・・・。
どうやら舗装工事をやっているらしく、お昼休憩なんだかわからないけど、
しばらく通れないようでした。なんせガードマンなんかもいないからよくわからない。

なので、ちょっと戻ったところに見つけたレストランでランチをして様子を見ることに。
それでも通行止め解除にならなかったらかなり迂回していくことになってしまいます。

20180122n.jpg
"RESTORAN STAREVINA"
街道沿いでここくらいしか見つからなかったので、恐る恐る入ってみます。
眺めは最高の場所でした。

20180122o.jpg
シンプルに肉にしたんだけど、かなり美味しかった。
さらに自家製パンが美味しい。
外に薪のかまどがあって、それで調理しているそうです。

20180122p.jpg
ここは宿泊もできるみたいで、レストランの裏手に小さいバンガローがありました。

20180122q.jpg
中は本当にシンプル。
意外に綺麗だったけど、ドア締めたら圧迫感ありそう(笑)

20180122r.jpg
トイレとシャワーが共用。
寒い時期に泊まったらバンガローとの行き来だけで凍え死ぬな・・・。
かといって熱い時期だとバンガローの中が蒸し風呂になりそう(笑)

宿泊するかは置いといて、とても良いレストランでした。
へんぴなところだけどちゃんとWi-Fi入るし、店員さんもフレンドリーだったし。


結構のんびりしてしまって時刻は14:00.
さて、国境はどうなっているでしょうか…。
別窓 | 原生地 | コメント:0 
2017クリスマスローズ原生地ツアー その22
2018-03-31 Sat 06:47
いよいよ3月も終わり。
なのにまだ2017年の記事書いてるって・・・。
昔から、夏休みの宿題は最終日に焦ってやる人間だったので、
40過ぎても変わらないてことですね…反省。

では、2017年4月8日(土)、ツアー8日目、原生地巡り7日目スタートです。

まずは朝の散歩しながらポケモンGOします(笑)
6:00からポドゴリツァの街をブラブラ。
20180121a.jpg
ポドゴリツァ駅。
首都の駅にしては簡素なつくりだなぁ、という印象。

20180121b.jpg
駅にポケモンジムがあったので、日本限定ポケモンのカモネギを置いてきました(笑)

1時間くらい散歩したけど、ヨーロッパ限定のバリヤードは出ませんでした。


20180121c.jpg
7:00過ぎ、ホテルへ戻って朝食です。
最上階のレストランからの眺め。
真下にあるのはでっかいショッピングモール。
その向こうにはマンションなどが立ち並んでます。

20180121d.jpg
朝食はビュッフェ。軽く済ませます。

20180121e.jpg
8:00にホテルを出発。
ホテル前に植栽されてたベニカナメモチの花が綺麗に咲いていました。

20180121f.jpg
ポドゴリツァの中心部を抜けて、ニクシッチ方面へ北上します。
Sašo、運転しながらGoProで撮影してるし(笑)

20180121g.jpg
車窓から。コラシン方面の山々を望みます。
モンテネグロは都市部を少し離れるだけで景色がとても美しいです。

20180121h.jpg
ニクシッチへ向かう途中、警察に止められました・・・。
どうやら検問をやってたらしく、少しやり取りしただけでした。

20180121i.jpg
Slano jezero(スラノ湖)
水力発電のために作られた人口湖だそうです。
3つの湖が繋がっているのだとか。

20180121j.jpg
撮影してる人を撮影してる人を撮影してる人を撮影(笑)
旅も終盤になるともうなんだかよくわかんないですね・・・。

20180121k.jpg
そして幹線道路から離れ、いよいよヘルツェゴヴィナスのサイトへ。
気分が高まってきます。

20180121l.jpg
サイトNo.1745
H.multifidus subsp. hercegovinus
標高880mくらい。

20180121m.jpg
展開する前の新葉。銅葉ですね~。

このサイトは群生というほどには生えていなかったので、確認だけで終了。
次のサイトへ向かいます。

20180121n.jpg
サイトNo1746
H.multifidus subsp. hercegovinus
先ほどのサイトから20分くらい車で移動した所。
標高は780mくらい。

20180121o.jpg
大群生してるんだけど、下に生えてる牧草みたいなのと混じってよくわかんないですね(笑)
テンション上がって記念撮影~。
ヘルツェ好きにはたまらない空間です。

20180121p.jpg
もうあとは言葉はいらないと思うので、このサイトの美しいヘルツェの
葉っぱたちをご堪能ください・・・(笑)

20180121q.jpg

20180121r.jpg

20180121s.jpg

20180121t.jpg

20180121u.jpg

20180121v.jpg

やはり自生しているものは迫力が違いますよね。
銅葉の発色が見事ですよね。うちの銅葉たちはすぐに緑色になっちゃうんだよなぁ。

このサイト、面白いので次回も続きます。
別窓 | 原生地 | コメント:0 
2017クリスマスローズ原生地ツアー その21
2018-03-29 Thu 23:38
急に暑くなりましたね・・・。今日は東京は25度くらいまで上がったようです。
仕事してて腕まくりしてました。
クリスマスローズも一気に咲き終わりそうです。
灰色カビ病などの病気も心配です。

さて、2017年の原生地の続きです。

2017年4月7日(金)、ツアー7日目、原生地巡り6日目の続きです。


先ほどのトルコ人のお墓サイトはプラヴでも東の方、アルバニアにより近い所でした。
そこからまた西へ戻り、湖近くまで戻ってきました。
20180120a.jpg
サイトNo.1743
馬が迎えてくれました~。なので「お馬さんサイト」と命名。

20180120b.jpg
H.serbicus(H.torquatus montenegro)

20180120c.jpg
グリーンの花、濃いバイカラーの花、さまざまな花が入り混じってます。

20180120d.jpg
びっしりと足の踏み場がないほど生えてます。
花のタイミングもちょうど良かったです。

20180120e.jpg
バイカラーかな?グラデーションかな?ややベインかな?
濃いベインの花は見つからなかったです。あってもこのくらい。

20180120f.jpg
バイカラーの剣弁花。
旅も終盤になってくると、丸弁カップ咲のいわゆる整形花を探すのが
つまらなくなって、変わったものばかり探してしまいます(笑)

20180120g.jpg
右側の花が6枚弁。
帯化みたいにくっついて咲いてました。

20180120h.jpg
オーレアっぽい花。
葉っぱもピコティが入ってて美しいです。
このオーレアっぽさはおそらく「蒸れ花」であろうと思います。
これを日本で咲かせたら普通の紫の花になっちゃうんだろうな・・・。

20180120i.jpg
Muscari armeniacum
ムスカリ・アルメニアカム

ムスカリも原生地のいたるところで見ることができます。
日本の園芸店で見かけるものとほぼ同じ見た目なんで、最初は
「誰かが植えたのかな?」と思ってました(笑)

20180120j.jpg
写真撮影に夢中になってると、馬に邪魔されます(笑)
繋がれたワイヤーにも注意しないといけませんでした。


先を急がないといけないので、残り1サイト。
湖を回り込みながら20分くらい移動します。
20180120k.jpg
サイトNo.1744
草原にちらほらと生えているという感じのサイト。
ただ、草の中だけでなく、林の中にもぽつぽつと生えています。

20180120l.jpg
やっぱり目につく剣弁花。

20180120m.jpg
実際、こういう花って見る角度によって表情が変わるから撮影してて楽しいです。

20180120n.jpg
こっちもやっぱり剣弁花。
咲き終わっているけどこれはこれで美しく見えちゃいます。

20180120o.jpg
「馬が来たから次は牛だね」なんて冗談言ってたら本当に登場(笑)
これによってこのサイト名は「牛さんサイト」に決定。


この時点で時億は16:30。
コラシンへ戻ってVincekさんにご挨拶してからポドゴリツァへ向かわなければならないので、
この日のヘレボルス探索は終了~。
まずはコラシンへ戻ります。

20180120p.jpg
途中、Andrijevica(アンドリィエヴィツァ)のホテルでトイレ休憩。
ここは泊まったことはなくていつもトイレ休憩で利用してます(笑)

20180120q.jpg
駐車場に停まっていた救急車。
DONATION FROM THE PEOPLE OF JAPAN
と書いてありました。
日本から寄贈された救急車がモンテネグロの奥地で活躍してるんですね。

20180120r.jpg
1時間半くらいで、Vincekさんのお宅に到着。
ご挨拶だけしてポドゴリツァへ向かいます。

また会う時までお元気で!!

Ivanと、パートナーのSanjaとも再開を誓って別れました。
初めてこの旅に参加した2013年には、まさかモンテネグロに友人ができるとは
思ってもいなかったです。
だからこそ、また会いに行かないとなぁ。


20180120s.jpg
18:45くらいにコラシンを出発、ポドゴリツァ到着が20:15くらい。
思ったよりはるかに早く到着できました。21時過ぎると思ってました。
休憩なしで運転してくれたSašoに感謝です。

ホテルは、2014年にも宿泊した"RAMADA PODGORICA"
荷物を置いて、最上階のレストランで夕食です。

20180120t.jpg
たまにはコーラじゃなく、オランジーナで乾杯(笑)

20180120u.jpg
スープは、ブロッコリーのポタージュ。
濃厚だけどさっぱりでおいしかった。

20180120v.jpg
リゾットミラネーゼ。
ミラノ風リゾットですね~。
サフランで黄色く色付けされたシンプルなリゾット。
結構上品な味付けでした。もう少し濃くてもいいなぁ。

20180120w.jpg
スープとリゾットで控えめにしたところで、締めにアイス頼みました。
そしたら、グラスにぎっちり詰まったパフェみたいのが来ました(笑)
美味しかったので完食しましたけどね~。


次回はポドゴリツァからニクシッチへ戻り、そこから西へ進んで再びボスニアへ。
そこからクロアチアへ入り、いよいよ最後の宿泊地、ドゥヴロブニクへ向かいます。
その途中はヘルツェゴヴィナスの自生地。素晴らしい楽園が待ってます。
別窓 | 原生地 | コメント:0 
2017クリスマスローズ原生地ツアー その19
2018-03-28 Wed 22:04
2017年4月7日(金)、ツアー7日目、原生地巡り6日目のスタートです。
原生地巡りもあと二日になりました。

モンテネグロ、Kolašin(コラシン)からPlav(プラヴ)へ向かい、引き返して
Podgorica(ポドゴリツァ)まで行くかなり長距離移動の一日です。
20180118a.jpg
朝6時にロビーに集合して、ホテルの周りのヘレボルスを見ます。

20180118b.jpg
H.serbicus(H.torquatus montenegro)
ホテルの裏手に体育館とグラウンドがあり、その周辺に自生しています。

20180118c.jpg
奥に見えるのがサッカーグラウンド。

20180118d.jpg
グリーンの個体。
バイカラーがあったり、グリーンがあったり、ここも色々なバリエーションがありました。

20180118e.jpg
バイカラーの大株。
林の向こう側は川になってます。護岸工事されて綺麗に整備されてました。

ざっと見た後にコラシンの街をふらっと散歩。
20180118f.jpg
朝早いからまだ人通りはほとんどないです。

20180118g.jpg
メインの通り。両脇の木はおそらくプラタナス。
ノコギリをもって「STOP」をかかげるオブジェにびっくりしました(笑)

20180118h.jpg
ラフティングのツアーの車?
コラシンは、冬はスキー、夏はトレッキングのリゾートだそうですが、
タラ川でのラフティングも盛んなのかな?
我々が泊まったホテルのほかにも、ここでシェラトンがホテルをオープンしたそうです。
コラシンが栄えてくれるのは嬉しいけど、ゴミゴミしてきたら嫌だなぁ。

7:00過ぎにホテルへ戻って朝食。
20180118i.jpg
朝食もビュッフェ形式ではなく、メニューから食べたいものを頼むシステム。
好きなもの好きなだけ頼んでいいみたいだけど、そんなに食べられない(笑)

20180118j.jpg
一品頼むと結構なボリュームの物が出てきちゃいます。

20180118k.jpg
フルーツサラダ頼んだら丼いっぱいに来た(笑)

20180118l.jpg
オーダーして出てくるシステムなので結構時間がかかってしまい、
部屋へ戻ったのが8:30前。急いで支度します。

20180118m.jpg
部屋の窓からの眺め。
黄色いのはレンタルバギーみたいです。
これでスキー場まで行くのかな?

20180118n.jpg
ホテルのロビー。
とてもいい雰囲気で落ち着いた感じで大好きな空間。

20180118o.jpg
自分たちが訪れる時期は宿泊客もあまりいないのですが、スキーシーズンなどは
かなり賑わうんでしょうね。


9:00ちょっと前にチェックアウト。
20180118p.jpg
コラシン駅。
初めて見たけど結構閑散とした感じ。
ここから山を越えてポドゴリツァへ行けるので、一度乗ってみたいですね~。


いつもは幹線道路を通って北側へぐるっと迂回してプラヴへ行くのですが、
今回はショートカットしてまっすぐ東へ向かうワイルドな山道を選択。
20180118q.jpg
標高1400mちょっと。
雪をかぶった2000m級の山が横に見えて来てちょっと焦ります(笑)

この道、以前通ったことがあって雪がすごかったらしく、Sašoは二度と
通りたくないと言っていたそうなんですが、今回はIvan同乗で、雪の心配はないと
聞いたようなんで、安心して通ります。

20180118r.jpg
でも道の端には雪が残っている場所も・・・。

20180118s.jpg
プラヴへ抜ける途中でヘレボルスを発見したので降りて確認します。

サイトNo.1741
H.serbicus(H.torquatus montenegro)
標高950mくらい。

20180118t.jpg
コラシンのものとそんなに差は感じないかな?

20180118u.jpg
結構な山の中だけど、民家が点々とありました。

ではでは、プラヴへと続きます~。
別窓 | 原生地 | コメント:0 
| ☆シリウスガーデン奮闘記☆ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。