クリスマスローズに魅せられた男の、汗と涙、笑いにあふれた日常です
http://siriusgarden.blog48.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
2017クリスマスローズ原生地ツアー その24
2018-04-01 Sun 10:32
お花見をする間もなく桜が散ってしまいそうです・・・。
今年は開花が早かったですね。
いつもは原生地から帰国してもまだ残っているのですが、今年は
行って帰ってきたら完全に葉桜になっていそうです。

では、2017年4月8日(土)、ツアー8日目、原生地巡り7日目の続きです。

通行止めになっていた、モンテネグロ~ボスニア・ヘルツェゴヴィナ国境。
ランチの後に向かうと通行止めは解除されていました。

20180123a.jpg
・・・が、喜んだのもつかの間、大渋滞・・・。
前方左が手に見えるのがボスニア出国ゲート。
右側にトラックが大行列していたので、左側をするするする~っと抜けていったら、
対向車とにらめっこ(笑)
「バックしろ」と言われるけど、後ろからも来てるから身動き取れず・・・。

抜かされたトラックの運転手がこっちに来てなにやら話してたし。
後から聞いたら、「殺すぞ!」って言われたらしい(笑)
Sašoは、「右側が工事車両で、一般車は左だと思った」って言ってやりすごしたみたい。
でも絶対、確信犯で抜かしていったんだと思う(笑)

結局、「日本人観光客を乗せたツアーだ」っていう説明をして、さらにこっそり『袖の下』を
渡したようで、お咎めもなく通過。
怖いというよりとにかく笑ってしまうトラブルでした。


国境越えに時間を取られてしまったので、次のサイトへ着いたのが16:00前。


20180123b.jpg
サイトNo.1748
H.odorus
標高930mくらい。

20180123c.jpg
オドルス平原」と呼んでいるサイトです。
ひたすらだだっ広い平原に点々とオドルスが自生しています。

20180123d.jpg
銅葉が綺麗な個体。
先日、モスタルからガツコへ抜けた時に見たオドルスのゾーンの南端と思われます。
なので花、葉っぱもそれと似た感じ。

20180123e.jpg
ただ、ここの銅葉は本当に綺麗でした。

20180123f.jpg
ちょっと自撮りで遊びすぎ?(笑)
これだけ開放的なサイトだと童心に帰っちゃいます。


オドルスのゾーンの南端を確認しつつ、南下していきます。
20180123g.jpg
サイトNo.1749

2015年にも訪れたサイトです。
2015年の記事

20180123h.jpg
H.multifidus subsp. hercegovinus/H.odorus ?
前回訪れた時、ヘルツェゴビナスとオドルスの交雑ではないかと判断した場所です。

20180123i.jpg
今回、このサイトで唯一かな?ピコティの花。

20180123j.jpg
蕾にも口紅のようなピコティ。

20180123k.jpg
葉が展開してきている個体を見つけました。
やっぱりヘルツェゴより太くてオドルスより細い気がしますね。

20180123l.jpg
この銅葉も中間っぽい。ややぽってりでかわいいです。

20180123m.jpg
ヘルツェゴヴィナスのサイトを見る前だったら、「これはヘルツェゴヴィナスですよ」
って言われたら信じちゃいますよね。
先ほど、ゾーンど真ん中のヘルツェゴを見てきたんで、これはやっぱり交雑かな?って
想像できますよね。

20180123n.jpg
交雑帯恒例の、葉っぱ比較。
いかにも、血が混ざり合ってる感じが見て取れますね。

20180123o.jpg
さきほどのヘルツェっぽい株とは逆に、これは「オドルスですよ」って言われたら
信じちゃいますよね・・・。

こういうのを見てくると、園芸店などで販売されている原種の品種名表示って
一体何なんだろう?とか思ってしまいます。
いや、そもそもヘレボルスという植物を品種分けする意味があるのかな?とまで
考えてしまいます。

なんか、「人間」というものと同じだなーとか考えてしまいました。
日本人だ、アメリカ人だ、という国で分けたりとか、~民族などで分けたり、宗教で分けたり。
そんなことをして分けても、中では複雑に混ざり合ってる。

そんなことを考えていると、原種の真贋についてとかどうでもよくなっちゃいました。
ちょっと前までは、原種ダブルの真贋論争とかもありましたよね。

とにかく、交雑帯は面白いです。
原生地探索の一番の醍醐味だと思います。
・・・だからやめられなくなっちゃったんですよね・・・。
原生地は一度では終わらない」
と言ったS店長。さすがです(笑)


ここで今回の原生地巡りは終わり・・・と思ったんだけど、サイト数が49だったので
キリよく50にするためもう一か所見ることに。

20180123p.jpg
サイトNo.1750
H.multifidus subsp. hercegovinus

さきほどの交雑と思われるサイトから車で30分ほど。
標高620mくらい。

20180123q.jpg
ここはヘルツェゴヴィナス単体のサイトと考えています。
ここよりも南へ行くと標高が下がり、途端にヘレボルスが見られなくなります。

20180123r.jpg
これにて、2017年の原生地探索は終了。

今回も有意義な調査旅行でした。
今回から、DNAによる研究という新たな一歩を踏み出すことができ、今後
どのような結果が出てくるのか楽しみです。
結果が出るのはかなり先になりそうですけどね。待ってます。

では、最終宿泊地ドゥブロヴニクへ向け出発。
20180123s.jpg
まずは、2015年に宿泊した街、Trebinje(トレビニェ)を通過します。
高台から見るとこじんまりして綺麗な街。
前回宿泊した時に朝の散歩しなかったことを後悔。

20180123t.jpg
トレビニェを抜け、ボスニアとクロアチアの国境を目指します。

20180123u.jpg
18:40、国境到着。
見づらいけど、右側がボスニアナンバーの車。左側がクロアチアナンバーの車。

20180123v.jpg
ここでも足止め・・・。
休憩の時間だか引き継ぎの時間だかで、それが終わるまでは通れないらしい。
国境越えは一筋縄ではいきませんなぁ(笑)

20180123w.jpg
15分ほどの足止めで済んで、クロアチア入国!
時刻は19:00ちょっと前。日が暮れかけてる・・・。

そして次回、夕暮れのドゥブロヴニクです。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 
2017クリスマスローズ原生地ツアー その15
2018-03-24 Sat 08:39
昨日この記事を書いていたらupする直前にパソコンがフリーズしてしまいました・・・。
二時間かけて書いたあとだったのでさすがに心折れました(笑)
気を取りなおして、がんばります。


2017年4月5日(水)、原生地巡り4日目の続きです。
時刻は14時半。またも遅めのランチです。
20180112a.jpg
Gacko(ガツコ)から北東へ20kmくらいのところかな。
2015年にも立ち寄ったレストラン"SASTAVCI"。
宿泊施設もあるみたいです。
2015年の記事

山越えの道にポツンとあるようなレストランですが、結構お客さん入ってます。
周辺にここしかないからなのか、看板娘目当てなのか・・・。

20180112b.jpg
まずはやっぱりコーラで。

20180112c.jpg
そして肉のプレート。

20180112d.jpg
サラダとピクルス。
もはやこの旅では定番ですが、シンプルな分飽きは来ないです。
ただ、これが続くと胃がもたれる(笑)

20180112e.jpg
お店の隣では新築でなにやら建ててました。
日本みたいな基礎などは打たず、石を積んでコンクリートで固めて
その上にブロックを積んでました。

良く見ると窓枠にビールの空き瓶が(笑)
のんびり作業してるんでしょうね~。

20180112f.jpg
そしてこのお店の目玉は、看板娘?のニコリーナ。
2015年にも会って一緒に写真撮ってもらいました。
今回はワンショットまでお願いしちゃいました。

20180112g.jpg
ポージングや表情見ると写真慣れしてるのわかります。
ネットに載せるのもすんなりOKだったし。

目の保養が済んだところで出発。
あ、このお店の裏山にオドルスが自生してたのでそれもチェックしましたよ。

さらに北へと進んでいきます。
ちょうど右手にDorina(ドリナ)川を見て進みます。
20180112h.jpg
道端にヘレボルスを発見したので確認のため停車。

20180112k.jpg
標高850m弱です。

20180112i.jpg
サイトNo.1731
H.odorus

20180112j.jpg
幅広で大きい葉っぱ。
先ほどまで見てきた、ムルチフィダスやトルカータスとの交雑に比べると
全く違います。

20180112l.jpg
花もいかにもオドルスという感じ。
変異もあまり感じられませんでした。


さらに北上し、右折してさらにモンテネグロに近い道へ。
国境に向けて進んでいきます。
20180112o.jpg
標高530mくらい。

20180112q.jpg
停車したところに水飲み場がありました。
湧き水なのか、ポンプでくみ上げているのかはちょっとわかりませんでした。

20180112p.jpg
サイトNo.1732
H.odorus
野バラなどの低木が生い茂っている場所でした。

20180112n.jpg
花や苞葉見るとやはりオドルスな感じ。
ここまで変異がないと見るのも適当になってしまっていけませんね。
写真の枚数もガクっと減っちゃいます。

20180112m.jpg
混ざりけのないオドルス、という感じの葉っぱ。

この時点で17:30近く。
これからいよいよ国境を越えるので先を急ぎます。

20180112r.jpg
こんな看板があちらこちらに。
「地雷注意」
です。
まだ撤去が進んでいないようです。
国境近くの山の中だから、作業も相当困難なんでしょうね・・・。

20180112s.jpg
そうかと思うと、ちょっと進むとこんな看板が。
キャンプ場があるみたいです。
ドリナ川はカヤックやラフティングが盛んに行われるようで、レジャーの拠点に
なっているみたいです。
なんか不思議な感覚。


18:00前に国境到着。まずはボスニア・ヘルツェゴヴィナ出国ゲート。
20180112t.jpg
人懐こそうなわんこが迎えてくれたので思わず写真撮っちゃった。
田舎の国境だからか、建物も簡素な感じでのんびりした感じでした。

無事に出国し、次はモンテネグロ入国ゲート。
ちょうど、ドリナ川の源流Tara(タラ)川が国境線になっているので、
入国ゲートまではタラ川に架かる橋を渡って行きます。
なかなかできない体験でした。

無事にモンテネグロ入国し、この後は渓谷沿いを進んでいきます。
20180112u.jpg
タラ川と同じくドリナ川へ流れ込むかわ、Piva(ピヴァ)川を渡ります。
写真じゃ伝わりにくいんだけど、かなり深い渓谷。
そして橋の幅が狭いので結構怖い。

しばらく進むとMratinje dam(ミラティニエ ダム)
高さ220m、ヨーロッパで最も高いダムだそうですよ。
そのダム湖沿いを延々と進んでいきます。
20180112v.jpg
湖を抜けたところ。
日本人でこの道通る人はそうそういないだろうな~。
貴重な体験でした。

今度はひたすら南下し、 Nikšić(ニクシッチ)へ。
ニクシッチは、モンテネグロでポドゴリッツァに次いで二番目に人口の多い都市。

ホテルに到着したのは20:00ちょっと前でした。
かなりの長距離でした。Sašo運転ありがとう~。

20180112w.jpg
部屋に荷物を置いて、隣のレストランで夕食。
今回はコーラではなく、スロベニアのコーラ"Cockta"で乾杯。

20180112x.jpg
まずはスープ。
なんか注ぎ方が雑・・・。

ニクシッチでは2015年にランチで立ち寄ったんだけど、その時もあまりいい思いを
しなかったので、ちょっと警戒してます(笑)
2015年の記事

20180112y.jpg
お仲間が頼んだトマトスープ。
片方は濃厚。片方はシャバシャバ(笑)
分量間違えて水増ししたんじゃ・・・。

20180112z.jpg
自分がメインで頼んだカレーチキン。
カレーのにおいが付いたホワイトソース(笑)
すごく単調な味な上に量が多いので残しちゃいました・・・。

お仲間は、フライドポテトが油ギトギトだったり、パスタはもったりしてたり、
なかなかにやられていました。

ん~、やはりニクシッチとは相性悪いのかな。
そう思い込んでるから余計に負の連鎖が発生してしまうのかもしれないけど、
もうニクシッチで食事はしたくないかなー。

さて、次回はポドゴリッツァ経由でコラシンへ。
いよいよセルビクス登場です。
別窓 | 原生地 | コメント:0 
2017クリスマスローズ原生地ツアー その14
2018-03-20 Tue 22:39
今年は4月3日(火)から13日(金)まで原生地へ行きます。
また直前にお知らせします~。
それまでにこのレポートを仕上げないと。

2017年4月5日(水)、原生地巡り4日目の続きです。
どうしてもこのルートは写真と説明が多くなっちゃいますね。
大体40kmくらい移動する間にこれだけ変化していくのは楽しいですよ。

20180111a.jpg
先ほどのサイトから15分くらい移動。来た方向を望みます。
標高900mくらい。

20180111b.jpg
サイトNo1726
変異がどうなっているか確認するために停車。

20180111c.jpg
H,odorus ?
んー、これだけ見るとオドルスっぽいかな?

20180111d.jpg
こんな感じに道路沿いの土手に自生していました。

20180111e.jpg
『やっぱりここまで来るとオドルスだよね~」
とか言ってると、こういう花が見つかる。
薄いバイカラーの個体。

20180111f.jpg
もっと色がのって苞葉の細いタイプ。
ちょっとこれを見ちゃうとオドルスtごは言えなそう。

20180111g.jpg
やはりまだここらへんは交雑と言えそうです。

20180111h.jpg
とはいってもオドルスの血が濃くなってきている感じは確実に感じます。
こうなったら、どこからがオドルスなるのか確かめたくなってきますね。


さらに10分ほど移動。
20180111i.jpg
サイトNo1727
針葉樹林の際にサイトがあるので「針葉樹サイト」と呼んでいます。
・・・基本、サイト名はわかりやすく単純に付けてます(笑)

20180111j.jpg
ちょっと花が痛んじゃってたけど、薄いバイカラーの個体。
まだ交雑かなぁ、という感じです。

20180111k.jpg
草原にもちょこちょこ生えているのですが、木の周りが一番多いです。

ここもまだ、「オドルスです」と言いきれないサイトでした。


続いて、20分くらい移動。
我々が「オドルス山」と呼んでいる場所へ移動します。
20180111l.jpg
サイトNo1728
見渡す限りのグリーン。

これはもうオドルスでしょう。

20180111m.jpg
ただそれでも変異はあって、銅葉があったり・・・。

20180111n.jpg
ピコ葉があったり。

20180111o.jpg
花を見ると、いかにもオドルスな感じの花。

20180111p.jpg
こんな感じの花が山一面に自生しています。

20180111q.jpg
まんまるの花。
これで香りまで確認できるといいんだけど、気温が低いからか、嗅いでみても
あまり香りを感じられないんです・・・。

20180111r.jpg
そんな中、こういう花が出てきてしまう・・・。
「オドルスのピコティ」と言ってしまえば簡単なんだけど・・・。
まだ交雑している可能性は残ってます。

日本でも「オドルスピコティ」として流通しているものがあるけど、ここを見てしまうと
果たしてそう言いきっていいものなのか疑問に思っちゃいますね。

20180111s.jpg
葉っぱを見ると・・・。
ん~、結局グレーということで結論は出ず。
ここらへんはDNA解析で結果が出てくれると嬉しいですね。

20180111t.jpg
進行方向がモンテネグロ方面。
左手がオドルス山で、右手は先ほどまで渓谷だった川。
この年は水量が極端に少なくて、川の水ほとんどなかったです。


15分ほど移動して、Gacko(ガツコ)の街を通過。
13:50くらい。
20180111u.jpg
右奥に大きい火力発電所が見えます。

Gackoを抜けて北へ進路を取ります。
20180111v.jpg
サイトNo.1729
標高1100mくらい。
先ほどまでの場所に比べて植生がさみしい気がします。

20180111w.jpg
H.odorus
ここまで来るとオドルスのゾーン。

20180111x.jpg
ザ・オドルス、という感じの花です。

20180111y.jpg
見渡すと荒野。
向こうの山はボスニアとモンテネグロの国境です。
いよいよ来ました。

・・・が、ランチがまだなので、次はランチタイムから。
別窓 | 原生地 | コメント:0 
2017クリスマスローズ原生地ツアー その13
2018-03-20 Tue 20:31
冷たい雨です・・・。季節が逆戻りしたみたい。
実は昨日3月19日に母方の祖母が94歳で亡くなりました。
体に悪い病気があったわけではなく、トイレで転んだことをきっかけに
寝たきりになっての老衰でした。
涙雨ですね。明日の通夜、明後日の告別式も雨のようです。


さて、原生地のレポートの続きです。
2017年4月5日(水)、原生地巡り4日目の続きです。


山を越えて、一気に標高860m位の地点まで降りてきました。
20180110a.jpg
先ほど越えてきた山を振り返る、ひたすらな一本道。

サイトNo.1724
「一本道サイト」と呼んでます。

20180110b.jpg
H.m.multifidus/H.torquatus/H.odorus ?
ここも三種類が交雑しているのではないかと思われます。

20180110c.jpg
ピコティの花も少なくなってきます。
この花はかなり綺麗なピコティが入っていました。

20180110d.jpg
低木の周りに群生してます。枯草の様子を見ても、春から秋にかけては
ヘレボルスはかなり陽がさえぎられるのではないでしょうか。

20180110e.jpg
葉っぱぼ様子はこんな感じ。
結構細いですね。ムルチとトルカの中間、みたいな印象です。

20180110f.jpg
バイカラーの花も探すとあります。
これを見るとトルカータスの雰囲気を感じますね。

20180110g.jpg
ここらへんのグリーンの花の苞葉を見ると、オドルスっぽさも
感じられるかな?
ちょっとぽってりしてますよね。

20180110h.jpg
2015年にここを訪れた時には一面雪に覆われていました。
2015年の記事

今回はベストコンディションでした~。

20180110i.jpg
今回からフィッシュアイレンズを導入したんで、ちょっと変わったアングルの写真も
狙ってみてます。
天気が良いと色々と試してみたくなりますね。


10分くらい移動します。
20180110j.jpg
切り立った渓谷沿いの道を進み、到着。
2013年に羊飼いのおじさんと遭遇した場所で、「羊飼いのおじさんサイト」
と呼んでます(笑)
サイトNo.は1725

20180110k.jpg
H.m.multifidus/H.torquatus/H.odorus ?
岩にへばりついて咲いているヘレボルス
右手奥に見えるのが道路。背中側が渓谷です。

道路を挟んで向こう側の方で素晴らしい群生の様子を見ることができます。
20180110l.jpg
道路を渡っていきなり、素晴らしい銅葉を発見。
それにしても葉っぱ太いですね。

20180110m.jpg
こちらは細葉。分岐の仕方がトルカータスっぽいかな。

20180110n.jpg
こちらさらに細葉。こちらはなんとなくムルチっぽい印象。

20180110o.jpg
銅葉が展開するとこんな風になるんでしょうね。
花とのコントラストの違いが美しいです。

20180110p.jpg
一面にぶわーっと大株が群生してます。
大きな木、低木、枯草、所々露出した岩、景色のバランスが最高です。

20180110q.jpg
グラデーションぽいピコティの入る花。
ここら辺までくるとほとんどグリーンの花ばかりなんだけど、中には
色ののった花を見つけることができます。

20180110r.jpg
サイトからSašoのミニバスを望む。

20180110s.jpg
背の高い株、低い株、葉が大きい、小さい、太い、細い、
遠くから眺めるだけでも多種多様なのが見て取れると思います。

このまま切り取って自分の家の庭にしたい(笑)

20180110t.jpg
中央の石積みは人の手によるもの。
500mくらい離れたところに民家があり、羊が放牧されていたりします。
かなり広い葉荷を移動するようで、この日は見かけることがありませんでした。

20180110u.jpg
この、石灰岩とのコンビネーションが本当に好き。

20180110v.jpg
銅葉の個体。先ほどの物より細葉です。
このサイトは特に銅葉が美しい個体が見られました。

20180110w.jpg
桃源郷で記念撮影~。
一日ここでひたすらぼーっとして過ごしたいです

20180110x.jpg
プラムの花が満開でした。

このサイトは本当に面白いです。様々な形質のヘレボルスが咲いてるし、景色も良いし。
写真撮りすぎました(笑)
別窓 | 原生地 | コメント:0 
2017クリスマスローズ原生地ツアー その10
2018-03-06 Tue 23:07
確定申告が終わり、やっと肩の荷が下りた感じです。
でも、4月の原生地行きの前にやるべきことが山ほどありますが・・・。

さて、2017年4月4日(火)、原生地巡り三日目の続きです。

09:00にロッジを出発。
山の方へ向かっていきます。

20180107a.jpg
エリカ(Erica)が群生している場所を発見。

20180107b.jpg
こう見ると結構登ってきました。
標高1300mちょっと。

20180107c.jpg
ヘレボルスも自生していましたよ。
トルカムルチ(H.torquatus/H.m.multifidus)と思われます。


ここからさらに標高を上げていき、1500mに到達。
20180107d.jpg
サイトNo.1714
なんだかすごい荒野です・・・。
雪が残ってるし、木が枯れている。
山火事があったのか、寒波で枯れたのか。

20180107e.jpg
こんな所にもしっかりと根付いているヘレボルス
今まで自分が訪れた中で標高が最も高い場所のヘレボルスです。
これもトルカムルチ(H.torquatus/H.m.multifidus)と思われます。

20180107f.jpg
カタクリ(Erythronium)
Erythronium dens-canisでいいのかな?
日本の物より派手な印象。

20180107g.jpg
シラー(Scilla)
これもヘレボルス原生地では結構良く見かけます。


さらに先へ。結構な悪路を進んでいきます。
20180107h.jpg
かなり針葉樹が生い茂っていて、およそヘレボルスは自生して無さそう。
ただ、木々の切れ目のあたりに生えているのを見逃しませんでした。

20180107i.jpg
サイトNo.1715
トルカムルチ(H.torquatus/H.m.multifidus)
かなりクッキリとベインが入るタイプですね。

20180107j.jpg
こちらは丸弁に綺麗なベインの入る花。

20180107k.jpg
このサイト、広くはないんだけど、形が良くてベインの入る花が多い印象でした。
もうちょっとゆっくり見てみたかったかな。
もう一度行きたいけど、かなりの悪路なのでたぶん二度と行かないでしょう(笑)

20180107l.jpg
山の北側斜面の道なのでかなり雪が残ってました。
一度車がスタックして、みんなで協力して脱出する、という血の気が引く思いもしました。

20180107m.jpg
雪の地帯も無事に抜け、標高1200mちょいの場所。
車窓からヘレボルスを発見したので車を停めます。

20180107n.jpg
サイトNo.1716
トルカムルチ(H.torquatus/H.m.multifidus)
薄いバイカラーベイン。

20180107o.jpg
こちらは濃いバイカラー。

20180107p.jpg
形の良いバイカラーベイン。

20180107q.jpg
グリーンピコティ。

20180107r.jpg
表裏の色がはっきり分かれるバイカラーのベイン。

20180107s.jpg
プリムラ・ベリス(Primula veris )
この花も良く見かけます。ブルガリスよりも黄色が濃くて目立ちます。

ここからぐっと北上。
2014年、2015年に訪れた、「大草原サイト」と呼んでいるサイトへ行きます。
2014年の記事
2015年の記事


20180107t.jpg
サイトNo.1718
トルカムルチ(H.torquatus/H.m.multifidus)

20180107u.jpg
広大なサイトなのでゆっくり見たいところだったけど、結構雨が降ってきて断念。
レンズに水滴付いちゃってますね(笑)

この時点で14時前。ランチにしますー。
20180107v.jpg
過去二度訪れた、Tomislavgradの"Restoran Rubin"。

20180107w.jpg
ここのピザめっちゃおいしい。
というか、ピザで不味かったところがないかも?(笑)

この後に貸し切りの予約が入っているらしく、ピザ5枚だけ出してもらって終了。
15時回っちゃったけど、午後の部開始です。
別窓 | 原生地 | コメント:0 
| ☆シリウスガーデン奮闘記☆ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。